office互換ソフト

(記事追加更新:2018/05/23)

 

なぜ「office互換ソフト」なのか?

 

早い話

「マイクロソフト」のofficeを買えば一番イイけど

仕事で使うならいざ知らず、

家庭のパソコンにおいそれと数万もするソフトを入れれませんよね?

 

 

なんせパソコンが

今 数万で買える時代にソフトに数万って???

 

そんな訳で家庭でも仕事をしたいお父さんは安い

「office互換ソフト」を探してるんです。

 

そんな探せる子羊(お父さん)の代わりに

私:管理人がおすすめを紹介したいと思います。

 

 

おすすめ!

 

他にもたくさん互換ソフトはアルが

有料・無料とたくさんある中で

おすすめの3つを紹介します。

 

 

有料:安くてコスパが合えばすこぶるイイ!

無料:なんせ無料。困った時はコレ!

 

 

3位

Apache OpenOffice:office互換はイマイチ(無料)

 

XPが使えるパソコンでも軽快動作。

しかし開発がストップし、今では古い感じが否めない。。

しかし、古いパソコンでも使えるソフトは貴重!

 

簡単な作業には今でもOK??

 

 

2位

 

LibreOffice:Apache OpenOfficeの後継ソフト(無料)

(最新版)と(安定版)があるが初めての人は(安定版が○)

 

こんな本もあるので読んでから始めるのもイイかも?

 

 無料で利用できるオフィスソフト。

本ソフトには

ワープロソフト「Writer」、

表計算ソフト「Calc」、

プレゼンテーションソフト「Impress」、

データベースソフト「Base」、

ドローソフト「Draw」、

数式編集ソフト「Math」の6つのソフトが含まれている。

 

 これらは「Microsoft Office」に含まれる

Word(ワード)、Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)、Access(アクセス)などと

操作性やデータの互換性を備えている。

 

 

今も追いつけofficeで開発が進んでるソフト。

やや古いパソコンでは動作が重い。

 

互換性は△

家庭での普段使いなら全然OKじゃないの!?

無料なんで、とりあえずパソコンに入れておける。。

 

 

 

 

 

 

1位

キングソフト「WPS Office」:有料ソフトながらコスパ最高!

 

文書作成、表計算、スライド資料作成の基本ソフトが使用できる総合Officeソフト。

 

 

互換製が高い!

 

珍しく

「Excel:マクロ」

「Word:縦書き」も

結構(完全じゃないけど)イケる

互換製が高いソフト

 

 

コチラ中国製ですが、Amazonのレビューなんかで

すこぶる高評価!

ほとんどの方が絶賛!

 

私も使ったけど、見た目から「マイクロソフト?」って感じで違和感なし(^_^;)

ある意味イイのか?って感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

番外編

数年前からアルが,

イマイチ互換性に関しては???

 

簡単な作業にはイイかも?

 

安いのでお好みで使えば・・・

3台までインストールも出来るし

 

ソースネクスト 〔Win版〕 Thinkfree office NEO

 

 

 

 

 

 

番外編(googleさまのOffice)

 

googleスプレッドシート&ドキュメント

 

なんせ

googleお決まりの「無料」で使え。

アカウントさえ作れば誰でも利用できる。。

 

 

ブラウザ(PC)やアプリ(スマホ)でも使え。。

 

一番は「共有」出来る所・・・

1つの

ファイルを「メールアドレス」や「特有のリンク」を知っていれば

どこからでもアクセスでき、色んな人が見ることができる。。

 

 

 

コレ

「学校のPTAの役員さんのファイル」や

「町内会の役員さんのファイル」なんかは

コレで良いんじゃないの??

 

 

数人の役員さんでファイルを共有して見て変更出来るし、

いちいち「頼んでたの終わったかな??」なんて

心配しなくてもいいし。。

 

間違ってた場合も見た人が「スグ変更」出来るのは

スゴイ!

 

高いOffice入れなくても・

 

どうせ「名簿やなんかetc」なんだし、

年が変わって次の役員さんに変わる時に

「設定」を変えてやれば

セキュリティー万全んじゃないかと

 

「変なメモリーカード」や「CD」なんかで渡されるより 

よっぽど安全な気がするが・・・・

 

 

 

あんまり高度な作業は出来ないが

その分フットワークの軽さが「武器!」

 

 

逆に言えば

「簡易作業しかしないでも他とやり取りしたい人」

「仕事でつかわなきゃいけない人以外」は

「google ドキュメント」でイイと思います。

 

私は!?

無料や有料(無料期間)も一回入れて見て使った感想は?

一長一短で1つに決めるのは難しいけど。

 

互換性を重んじるなら「WPS Office」を入れておけば

結構イケるんじゃないの!?

 

 

私はメインのパソコンには

キングソフト「WPS Office」と「LibreOffice」

2つ入れ 気分で使ってる。

 

セカンドパソコンには「LibreOffice」のみ。

 

ま、自分があんまりガッツリとofficeを使うほうじゃ無いんで

「LibreOffice」でもイイんだけど

「WPS Office」も買っちゃったんで入れてる!

って方が正しい!(^_^;)

 

番外編(もう1つの主役PDFは?)

いつもなにげに使ってるPDF!

最近は有料版の「PDFソフト」を提供いただき触る機会があったんですが、、

なにげに進化してますね。。

 

PDFは高価なadobe製品を買わなきゃ編集なんかできない!と

諦めていたんですが 編集から他の書類(word等)に変換したり、

OCRで画像を読み取ってテキスト変換してくれたり、ちょっとヤバかった(^^)

 

多少動作が不安な場面がありましたが、

分かって使うには十分イケると思います。

 

そんなPDFの編集ソフトは

PDFelement 6 Pro

 

コチラには詳しい記事を書いていますのでヨカったら

 

 

 

やっぱり最後は!?

何だかんだでガッツリとパソコンで仕事をやりたいなら

「マイクロソフト純正:office」には敵いません!

 

 

 

 

でも やれ

「Excel:マクロは?」だ

「Word:縦書きは!」なんて人は

互換ソフトを諦めた方が幸せかも?

 

あくまで 

そんな「ガッツリやらないよって人」や

「コスパが分かる人」が

買ったほうが幸せです(^o^)

 

でもつい試したくなる気持ちは・・・・分かる(^_^;)

なんせ office互換ソフトは

「高くても1万 > 安いのは3千円」。

 

おじさんは悩む!

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。