だんだんと夏が近づいてきて、
春もそろそろ
終わりですね。

夏が来る前に必ず訪れる
イヤな時期が、
梅雨の時期。

 

毎日外は雨で、ジメジメとした
空気の中洗濯物を
部屋干ししなければなりません。

 

 

部屋干しはなかなか乾かないし、
生乾きの臭いがついてしまうので
イヤですよね。

 

実は部屋干しには、
エアコンや扇風機を使うと
便利なことを知っていましたか?

 

 

今回は、部屋干しの際の
エアコンや扇風機の使い方、
その効果や便利グッズをご紹介します。

 

 

 

 

部屋でのエアコンの使い方

 

部屋干しに
エアコンや扇風機?と思う方も
いらっしゃると思います。

 

では、それぞれどうやって使うのか、
メリット、デメリットも一緒に
ご紹介していきます。

 

部屋干しの際のエアコンの使い方

部屋干しでエアコンを使うときは、
エアコンのある機能を
使います。

それは、
「ドライ機能」
です。

ドライ機能は、部屋を
除湿するための機能で、空気中の水分を
屋外に排出してくれます。

洗濯物から出た水分で、湿度の高くなった
部屋から、水分を取り除いてくれるので、
はやく乾かせるのです。

使い方は、エアコンの冷暖房と同じように、
部屋をできるだけ閉めきって、
ドライボタンを押すだけです。

たったこれだけで
部屋の除湿ができるので、
とってと便利な機能ですね。

 

部屋干しの際の扇風機の使い方

 

扇風機を使う際には、
エアコンとは反対に
部屋をできるだけ開放します。

空気の流れを作ることによって、
湿気た空気と乾燥した空気を循環させて
はやく乾かすのです。

やり方は、扇風機の風が
洗濯物に平行になるように
当てるだけ。

こうすることで、
扇風機の風に水分の多い空気が
流されていきます。

コツとしては、
洗濯物と洗濯物の間を
つめすぎないこと。

ある程度の距離をあけておくことで、
空気の通り道ができて
はやく洗濯物が乾きます。

 

 

エアコン、扇風機のメリット・デメリット

 

部屋干しの際にエアコンや扇風機を使う
最大のメリットは、
洗濯物がはやく乾くこと。

部屋干しだと1日経っても
洗濯物が乾かないことも
ありますよね。

着たい服が部屋干しで乾いていなくて
着られない、ということも
よくあります。

また、部屋干しした洗濯物は、
生乾きのにおいが
付いてしまいませんか?

この臭いは、
生乾きの状態が長いせいで繁殖した
雑菌が原因です。

お気に入りの服から
この臭いがすると、
気分が落ち込んでしまいます。

しかし、エアコンや扇風機を使うことで
生乾きの状態が短くなるので、
この部屋干し臭を防ぐことができるんです。

エアコン、扇風機を使う
デメリットは、
電気代がかかってしまうこと。

工夫次第で安くすることもできますが、
こればかりは
避けられません。

わたしは洗濯物を早く乾かすためには
仕方ないと思いますが、少しでも電気代を安く
抑えたい方にはおすすめできません。

 

便利グッズの使い方と紹介

壁用グッズ

 

壁に
直接取り付ける
タイプの物干しです。

使わないときは
折りたためて、
邪魔になりません。

 

鴨居用グッズ

 

鴨居に
取り付けることができる
物干し。

ふすまや
窓枠にも
使えます。

 

窓用グッズ

 

こちらは窓枠に?
取り付けることができる
室内用の物干し竿です。

窓から入ってくる日光や、
窓を開けて使えば入ってくる風で
乾かすこともできます。

カーテンを閉めていても使えるので、
梅雨の時期以外にも夜に洗濯物を
乾かしたいときなどにも便利です。

天井用グッズ

 

天井に
取り付けられる
物干しです。

長さも選べるので、
干しやすい高さに
できます。

楽天の部屋干しグッズ

 

こちらはなんと、
エアコンに取り付けることができる
物干しです。

エアコンの風がダイレクトに
当たることで、より早く
洗濯物を乾かすことができます。

エアコンのドライ機能と
一緒に使えば、
あっという間に乾きますね。

こちらも折りたたむことが
できるので、
すっきり収納できますよ。

 

まとめ 

 

雨の日の洗濯には、
エアコンや扇風機が
とても役に立ちます。

早く乾かすことができるので、
部屋干し臭の予防も
できます。

電気代はかかってしまいますが、
その分便利なので
おすすめです。

部屋干しに便利なグッズも
たくさんあるので、
ぜひ一度試してみてください。