日本人の主食といえば、米!

最近では、パンもよく食べられていますが、

日本人に欠かせないのは米でしょう。

 

最も美味しい米は、新米ですね。

新しいものは、やっぱり美味しい!

 

さらに、米は炊き方1つで

味がぐぐっと変わるんですよ。

 

米の種類も豊富で、

それぞれ食感などが全く違うんです。

 

人間が食べて美味しい米は、

虫が食べても美味しいもの。

正しい保存方法をしっかりと抑えて、

大事な米を守りましょう!

 

今回は、新米の時期や美味しい炊き方についてや、

米の種類と保存方法を公開します。

 

 

新米の時期は?

 

 

新米とはよく聞く言葉ですが、

新米の時期とは一体いつなのでしょうか。

 

米のパッケージに

新米というシールが貼っているのを見て、

「ああ、新米なんだな」

と思うくらいなんですよね。

 

でも、あのシールは

いつからいつまでの米

に貼られているものなのか。

 

新米と古米の境界線は

一体どこにあるのかと

深く考えたことは

なかったな~…。

 

新米という言葉を、

知っているようで、意外と

本当の意味知らないという人も多いのでは?

 

新米とは、

その年新しくとれた米

のことをいいます。

平成30年の今年で言えば、

平成30年の米が新米

となるわけです。

 

JAS法に基づいて

『収穫した年の12月31日までに

精米されて包装されたもの』

を新米すると定められています。

同じ年にできた米でも、

年が明けると新米ではなくなる

ということなんですね。

 

<例>

平成30年にできた米を

平成30年12月31日に精米

すると、新米になる。

 

平成30年にできた米を

平成31年1月1日に精米

すると、新米ではなくなる。

 

たった1日で新米か

そうでないか

変わってしまうのです。

 

買い物をするときに、

米のパッケージの

新米という文字ばかり

気にしていますが、

製造年月日をチェックすると

思ったより古い米ではない

と、いうこともあるでしょうね!

 

米の種類 

 

米の主成分は、でんぷん質。

そのでんぷん質の種類によって

 

  • うるち米
  • もち米

 

に分かれています。

 

うるち米の特徴は、

あまり粘り気がない

ということ。

普段食べている米は

このうるち米なんですね。

 

一方もち米の特徴は、

粘り気が多い

ということ。

もち米は、

 

  • おもち
  • 赤飯
  • おこわ

 

にして食べられている米ですね。

名前通り、

もちもちした食感

がとても美味しいですよね。

 

日本では、たくさんの品種の米が

作られています。

地域によって

気候や水や土が違うため、

それらに合わせて

更により良い米を作る、

品種改良をするんです。

そうして、今では

300以上

の品種の米が作られている

というから驚き!

 

米の種類で有名なものは、

 

  • コシヒカリ
  • ヒノヒカリ
  • ひとめぼれ
  • あきたこまち

 

などですね。

 

コシヒカリの特徴は、

 

  • 炊き上がりのツヤツヤした光沢
  • 強い粘りがある
  • 強い米の香りがする

 

という、美味しい米。

 

ヒノヒカリの特徴は、

 

  • 小粒
  • 厚みがある
  • コシヒカリに似ているが安価

 

という購入しやすい米。

 

あきたこまちの特徴は、

 

  • 香りがある
  • 粘りが強い
  • もちもちした食感

 

という食べ応えのある米。

 

ひとめぼれの特徴は、

 

  • 適度な粘り気
  • ツヤがある
  • 口当たりがいい

 

という優しい味わいの米。

 

それぞれ特徴があるので、

食べ比べてみると

自分の好みの米に

出会えそうですね!

 

新米の保存方法!

 

せっかく美味しい新米を手に入れたなら

しっかりとした保存方法で

いつまでも美味しさをキープ!

しましょう。

 

米ってどこで保存してますか?

米びつに入れて、

常温保存という人も

多いと思います。

 

しかし!

米を保存する場所は

冷蔵庫の野菜室が一番いいって

知っていましたか?

 

米に虫がつく条件は、

18℃以上で多湿

というもの。

 

このことから、米の保存は、

 

  • 10~15℃
  • 湿度が低い
  • 直射日光が当たらない
  • 暗いところ

 

が一番!

 

よって冷蔵庫の野菜室

になるんです。

 

さらに、冷蔵庫の野菜室で

保存することによって

酸化という

お米の表面に白い粉がついて

味が美味しくなくなることを

防いでくれるんですよ。

 

常温保存に比べると、

なんと2倍も美味しさが保たれる

のだから、

絶対に冷蔵庫の野菜室保存が

オススメ!

 

さらに保存する容器も

重要!

 

保存容器は、

空気が入らないような

密閉容器

を使用してくださいね。

 

米を美味しく食べられる期間の目安は、

 

  • 春秋⇒1カ月
  • 冬場⇒2カ月以内
  • 暑い夏場⇒2週間以内

 

なので、この期間に

食べきれるようにすればオッケー!

 

 

新米の美味しい炊き方!

 

さあ、次に新米の美味しい炊き方を

紹介していきますよ!

 

  1. 計量カップで米を量る。

※計量カップすりきり1杯が1合(180ml)

 

  1. ボウルにたっぷり水を入れて2~3回かき混ぜ、

水を捨てる。

ザルで洗うと米が割れるから×。

 

  1. 水を入れ2~3回かき混ぜて、

水を捨てる。これを3~4回繰り返す。

水が透明にならなくて○。

 

  1. 炊飯器の目盛り通り水を入れて

夏場で30分、冬場で2時間浸してから、

炊飯する。

 

  1. 炊き上がったら、

水で濡らしたしゃもじを使って、

素早くふんわりと混ぜる。

 

この手順で米を炊けば美味しい米が

炊き上がりますよ!

 

ポイントは、しっかり米に

水を浸す時間をとること。

このポイントを押さえるだけで、

劇的に米が

美味しく炊けるんです。

 

 

 

おすすめのネットで買える直売は?

 

次に、米をネットで買う場合の

楽天のオススメ商品を

紹介していきます。

 

 

 

こちらの商品は、

秋田県産100%の

『あきたこまち』

です!

嬉しい送料無料で

10kgが税込4,298円

というお買い得な商品。

 

この商品を実際に食べた人は、

「つやつやもちもちで

旨みのあるごはんが炊けました」

「とても美味しいです」

と高評価!

 

ただこの商品は、29年度産なので

新米ではないんです。

 

30年度の新米は

先行販売されていましたよ!

 

 

 

 

こちらの商品は、

2018年10月上旬から

出荷開始予定のもの。

福島県産『コシヒカリ』

10kgで4,680円

送料無料です!

 

豊かな水や

米作りに適した環境で

美味しく仕上がった

米ということです。

 

米は重たいので、

買い物するとき

大変ですが

ネットで買えると

とても便利ですね!

 

 

まとめ

 

今回は、新米の時期や美味しい炊き方についてや、

米の種類と保存方法を公開しました。

 

新米と呼ばれるのは、

収穫した年の12月31日までに

精米されて包装された米

だけ。

 

米の美味しい炊き方のポイントは、

しっかりと米を水に浸す時間をとる

ということですね。

 

日本の米の種類は、

 

  • うるち米
  • もち米

 

があり、品種は300以上あるというから

驚き!

 

米を美味しく長持ちさせる

保存方法は、

冷蔵庫の野菜室

密閉容器に入れて

保存するというもの。

 

これらのことを試して、

美味しい米を

食べたいですね!