よく夏を征する者は受験を征する

という言葉を耳にします。

 

夏が終われば秋口から公開テストが沢山行われ、

受験が近づいて来たと感じさせる時になります。

中学受験生(6年生)に取って

夏休みはどのように過ごすべきなのでしょうか?

そのことについて考えてみましょう。

 

 

 

コチラの記事は

「知人の塾経営及び主任講師、講演講師」に書いていただきました。

 

お話する機会があり

最近の塾の中学受験(小学6年生)「夏にやるべきこと」って

こんな事をやるんだ?ってことで、

「書いていただきました」

全然分からない世界だったのですが凄く勉強になりました。

 

少しでも受験生「夏にやるべきこと」のことが気になる方へ!

 

 

1)夏休みを迎えるに当たって注意する点は?

 

 夏休みは小学校に応じてその期間の長さは違いますが、

約一か月半ぐらいではないかと思われます。

 

 夏休みはこんなに長いのだから、

何とか秋口から挽回できると考えている生徒様が多いと思います。

 

 ところで本当に挽回できるのでしょうか?

 

 ここで大きく俗にいう

「できる生徒様」と

「遅れを取っている生徒様」では

夏休みの勉強方法が違うということです。

 

「出来る生徒様」は、

塾のテキストを講師の言うように勧め、

夏休み中に秋口から学校で習うことの

先取り学習をすると思います。

 

もちろん、

成績が乱高下することなく

学力の定着化を図る時期です。

 

 成績の良い生徒様は、大手塾にお任せして問題ないと思います。

夏期講習中心の学習で良いということです。

 

 

成績が低迷し中々伸びないコは!?

 問題なのは、

成績が低迷し中々伸びない生徒様」です。

 

 大手塾の夏期講習へいっても

単なる「お客様」状態で、

授業に「参加」できないでいると思います。

 

こういう生徒様は、

どこで躓(つまづいた)いたかが分かるように、

どんどん先に進むのではなく、

逆にどんどん分からなくなったところまで

遡る(さかのぼる)ことです。

 

 大手塾は、一時お休みにするか、分かる授業だけ出て

後は個別指導塾プロ家庭教師から教わった方が良いと思います。

 

ブルーさん

確かに分からない所をほっておくと後でもっと分からないですよね!

オレンジちゃん

そうそう、そういう時は専門に「個別で指導」してくれる塾や家庭教師のほうがイッて事ですね!

言われて見れば納得。。

「急がば回れ」なんですね!

 

夏休みは思いっきり復習にあて、

秋口から

塾の集団授業についていけること目標としましょう。

 

 本当は、出遅れ、授業が分からないという生徒様には、

大手塾がサポートしなくてはならない義務があります。

 

大手塾を考えた場合、

教育というものを取り扱った産業ですので

中々全員をサポートしてくれるところは少ないです。

 

教育産業と呼ばれているからです。

 

 塾は、入塾テストの時に

すでに、「できる子」「できない子」をふるいにかけているのです。

 

集団授業は、

最初に生徒様をもっていきたい偏差値を想定し授業をします。

 

運よくその偏差値の波に乗ったお子様はよいでしょうが、

その波に乗れなかったお子様は、

何をしに塾へ行っているのか分かりません。

 

この様な状態が、

受験を征するといっている夏期講習でもあったらそれこそ大変です。

 

注意してください。

 

大手塾のいうことが、すべてではありません。

 

しっかりと、「うちのやり方!」で個性を出して頂きたいと思います。

 

プロ家庭教師

 夏休みの期間だけ、

プロ家庭教師につくことをお勧めします。

 

 

プロ家庭教師を探すに当たって

人材派遣や家庭教師協会の派遣に頼むと高額になりますので、

できるだけ、

お友達、知り合い、ネットを使い

「直接契約」

「個人契約」をしてください。

 

 

塾を一時お休みにしても

「テスト」や

「公開テスト」だけは

受けてください。

 

 

またこの教科ならわかるという科目が合ったら塾へ行った方が良いでしょう。

 

大手塾はものすごい量の情報をもっているからです。

 

その情報量を活用しないと非常にもったいないです。

 できる生徒様は、ライバルを次から次へと抜き倒し、新しい事柄を先取り学習してください。

 

 

 

2)実際、夏休みになったら

 

 

 

 

 夏休みは、当然、学校はお休みです。

 

 ですから、

夜遅くまで起きて朝寝坊しようと思えばいくらでもできます。

 こういうだらだらとした、生活習慣をつける前に、

一日のスゲジュールを紙に書き
デスクの前に貼っておきましょう。

 

 

スケジュールの作り方

 このスケジュールの作り方が簡単のようで難しいです。

 例えば、

「6時起床」

「6時15分まで漢字の練習」

「6時15分から6時半まで算数の計算の練習」などという、

過密スケジュールを作ることはやめましょう。

 

人間は、ロボットではありません。

 

時間通りにこなせるかといえばできません。

 

この場合でしたら、

 

6時から7時まで

「漢字の練習、計算の練習」

いうように大まかなものにしましょう。

 

 塾は、

午前から始まりお弁当持参で夕方まで続くと思います。

 

その他に塾から大量な宿題が出されるはずです。

それをこなしていくだけど、1日が終わってしまうと思います。

 

 分かる、分からないことを明確に判断し、

次の授業で確認するか、

その科目担当の先生に質問をしにいきましょう。

 

 分からないことをそのままにしておくと、

その先が全く分からないことになってしまうからです。

 

ブルーさん

でもついやってしまいがち

オレンジちゃん

でも小さいときからそのままにしないで解決する習慣を身につけるとその後の人生は変わる気がします。

 この

分かる、

分からないの分類

個別指導塾やプロ家庭教師の先生について

基礎を習っている生徒様にも同様にいえます。

 

 次に、勉強ばかりではなく運動をしましょう。

 

部活やクラブへ入っている生徒様は忙しいと思いますが、

受験を最後に決めるのは体力です。

 

気軽に気分転換として行って来ましょう。

 

 夏は、お盆があり地方へ帰省される方が多いと思います。

 

 そんなとき、勉強道具を一式持っていくのではなく、

「暗記が中心の科目」を1冊から2冊程度持っていきましょう。

 

あれもこれもと沢山持って行っても

結局、何もできないで終わったという人が多いと聞くからです。

 

 

3)塾の合宿はどうするか?

 

 

 

 

  大手塾主催の1週間ぐらいの合宿があります。

  避暑地のホテルを借りバス数十台でいくところがあります。

大手塾ではよくある話です。

 

 

生徒と講師の信頼感・団結力をつけるためだと思います。

 

平均約10時間の勉強がそこで行われるそうです。

早朝から夜まで徹底した勉強が続きます。

費用が10万円ちょっとという

高いところが家庭としては難点かもしれません。

 

また、

合宿に参加したからといって、

志望校が合格圏内に入る訳ではありません。

 

塾は産業ですから、

いかに良い商品を御父母様、

生徒様に提供できるかということです。

 

 一人でコツコツと勉強する人には

お勧めしません。

 

外向的で明るい子は良い気分転換になるので

行かれた方が良いかもしれません。

 厳しい合宿が終わった後は、

生徒様と講師が一つとなり

バーベキュー大会をするところがあるそうです。

 

合宿にかかる経費、

子供の性格を見て決められた方が良いと思います。

 

 

4)夏期講習の成果はいつごろでるのか?

 

夏期講習会に参加したからと言って

すぐにその成果が偏差値となって表れるわけではありません。

 

小学校でまだまだ習っていない重要なことが沢山あるからです。

一般的にいいますと、

1か月から2か月後に成果が出ると言われています。

 

 

 まとめ

 

 受験生の間では、

「夏期講習」というと

一つの

重要「イベント」とになっています。

 

大手塾の言うなりになってそのまま従うのか、

「うちのやり方!」を大きく打ち出し

その期間だけ、

個別指導やプロ家庭教師から見てもらうのか

迷うところだと思います。

 

それと、

自宅学習の予定表は余裕をもって作ってください。

 

1分単位などというのは絶対にやめてください。

 

 一番は、主人公は生徒様なのですから、

生徒様の主張・意見をよく聞き受け入れてあげてください。

さらに、個性・性格を大切にしてあげてください。

 

いかがでしたか?

「塾」に言ってれば大丈夫かと!?思ってましたが、

そこは夏期講習が「合う!合わない!」があるようで!

 

「個別で指導」や「プロの家庭教師」の方に

習うって方法もあるんだと分かりました。

 

プロの先生の考えは違う事がわかりました。

やっぱり「復習は大事ですね!」

その時は「分かったつもり」なのは子供の時からの影響だと私も深く思いました。

 

子供さんは「苦手なものを無くす復習」で

ぜひステップアップするようになったらイイですね。

色々と勉強になりました。

最後までご覧頂き有難うございました。