今年の秋分(しゅうぶん)の日は、

9月23日ですよね。

わたしが、どうしてそのことを覚えているか?

 

秋分(しゅうぶん)の日は、

祝日でお休みだと知っているからです。(^^)

 

 

 

 

 さらに、5月のゴールデェンウィークまでは行きませんが、

秋のシルバーウィークと呼ばれていて

結構「連休」が重なることが多いからです。

 

 秋になり、そのお休みを利用し、

海外旅行や様々なイベントがあり、

それに参加される方が多いと思うからです。

 

自宅でゆっくりと家族で過ごされ、

食事でもいかれ秋の味覚を楽しまれる方も大勢いいらっしゃるでしょう。

 

 

 お墓参りに

先祖の供養(くよう)に

でかけられる人も多いと思います。

 

 

 もうひとつは、中学の理科の時間に、

秋分(しゅうぶん)の日は、

お昼と夜の長さが同じになるんだよ、

と先生から教わったことを覚えていたからです。

(調べてて急に思い出しました。(^^))

 

 この「秋分(しゅぶん)」の日の意味や由来など、

いろいろなことについて紹介していこうと思っています。

 

 

 

 

 

秋分の日とは? 由来(ゆらい)

 

 

秋分(しゅうぶん)の日は、

毎年9月23日です。

国民の日の祝日とされています。

 

 

歴史的にみますと、

1948年に初めて国によって決められました。

(え? もっと前じゃ無かったんですね?)

 

 

 

 

意味は?

 秋分(しゅうぶん)の日の意味は、

先祖を尊び、お亡くなりになった人をしのぶ日」です。

 

 また、秋分(しゅうぶん)の日を

真ん中にあり、その前後3日間、

つまり合計が約7日間となる「時期」を「秋彼岸(ひがん)」といいます。

9月23日の前後3日間=秋彼岸(ひがん)

 

 

 もちろん、「秋彼岸(ひがん)」は、「お彼岸(ひがん)」の日ですから、

先祖のお墓参りや先祖の供養をする「法会(ほうえ)」と呼ばれる日になります。

 

 

 秋分(しゅうぶん)だからといって、

秋のシルバーウィークばかり考えていた人は、

きちんとお墓参りや先祖の供養を忘れないようにしましょうね。 

(わたしも、きちんと供養に出かけます。)

 

 

 次に、秋分(しゅうぶん)は、昼と夜の長さが同じになる日ですね。
 中学校の頃に習ったと思いますよ。(忘れてました)

 

 実は、この昼と夜の長さが同じということは、

「秋彼岸(ひがん)」に結びついているのです。

たんに天文学的なことではないのですね。

 

 

つまり、仏教の世界、特有の考え方かもしれませんが、

秋分(しゅうぶん)の日は、

太陽が真東から昇り、真西に沈むのですね。

 

そのことが仏教の世界と大いに関係があるのです。

 

 

仏教の世界では西方浄土と言って、

阿弥陀仏(あみだぶつ)の浄土は西方に在るとされています。

日の沈む、西方に極楽があるされています。

 

西方浄土(サイホウジョウド)
 西の方、10万億土のかなたにあるという阿弥陀仏の極楽浄土。

 

 

ですから、

真西に太陽が沈む「秋分(しゅうぶん)の日」は、

仏様に祈りを捧げるのに最適な日とされたのですね。

 

 

 いろいろと、それぞれ関連性があるんですね。

 

 

 昼と夜が同じ「秋分(しゅうぶん)の日」には、

先祖を心から尊敬し、供養する心も大切だということです。

 

 

 

 秋分の日の決め方

 

 秋分(しゅうぶん)の日の決め方は、確かにあります。
 暦(こよみ)などを使った非常に複雑な計算式になるので、ここでは説明しきれません。

 

エクセルで算出?

 

エクセル(表計算ソフト)は知っていますよね。

仕事とかで使うソフトです。

 

 エクセルを使って、秋分(しゅうぶん)の日を算出できる「計算式」があります。
 その式をご紹介しますので、エクセルを使ってやってみてください。

 

 エクセルは、非常に便利なツールですので覚えておいた方がいろいろなことに使えると思いますよ。
 わたしも実は、エクセルを使えるように頑張っています!

 

 

 〇秋分(しゅうぶん)の日(9月XX日)としますね。

 〇秋分(しゅうぶん)の日(9月XX日)=int(23.2488+0.242194*(年−1980)−int((年−1980/4))となります。

 

エクセルでの算出方法はコチラを参考にさせていただきました。
引用:https://enterprisezine.jp/iti/detail/865

 

 

内閣府によって正式に決められた

秋分(しゅうぶん)の日は、今年と来年です。

 

 これから先の将来の秋分(しゅうぶん)の日を知りたい場合に使ってみられてください。

これから先の秋のシルバーウィークに、

海外旅行などを予定している人には、うってつけかも知れませんね。

 

 注意して欲しいことは、

秋分(しゅうぶん)の日として、

同じ日がしばらく続くことは、もちろんあります。

 

しかし、正確にいうと、

毎年同じ日であるということがあっても、

絶対ではないということです。

 

 

当然、自然なこととして違う日が出て来るということです。

 

なぜ?秋分(しゅうぶん)の日が、毎年同じではないのでしょうか?

疑問ですよね。
回答は、簡単です。

 

 1年は、毎年365日ではないからが回答です。

「うるう年」と同じことが働いているのだと考えて下さいね。

「うるう年」というのは

1年が366日ある年、

2月29日のある年のことをいいます。

 

 

 参考までに秋分(しゅうぶん)の日を書いておきます。

 正式に内閣府で決められているのは、
 2018年9月23日
 2019年9月23日です。

 

 それ以降も正式に決められたわけではありませんが、少しだけ書いておきますね。

 2020年9月22日
 2021年9月23日
 2022年9月23日
 2023年9月23日
 2024年9月22日
となっています。

 

 

 秋分の日の休み

 

 

現在の祝日には、

戦前の休日の日付を

そのまま受け継いだものが結構あります。

 

皇室で神事を行うようなものを祭日といいます。

 

国民がともにお祝いするような日を

祝日と戦前はいいました。

この祭日の中に

春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい)

秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)というものがありました。

 

天皇、皇后が出席される、先祖祭りをいいます。

 

春分(しゅんぶん)

秋分(しゅうぶん)の日が、

それにあたります。

 

これが皇室で行われるのが

彼岸の真ん中の日で、

彼岸の中日は春分・秋分になるのですね。

 

 

基本的なお休みの過ごし方ですが、

この日は「秋彼岸」になるのです。

 

ですが、秋が深まり旬となることから、

レジャーやイベント、旅行に参加する人が増えていると思います。

家族、友人たちと過ごす

たのしい日々ですからそれはそれでイイですよね。

 

 しかし、本来は「秋彼岸」の時期であるってとですね。

 

 

ご先祖様を忍びお墓参りをしたり

ご先祖様の供養をする「法会(ほうえ)」も忘れちゃダメですね。

 

 

 お彼岸とは!?

 

お彼岸は、

春彼岸、

夏はお盆、

秋彼岸、

冬は年末年始とあります。

忙しいですね。

 

 お彼岸(ひがん)は「仏教用語」何ですね。
 知っていましたか? 

 

 わたしは、何となくそうではないかと思っていました。
 (自信はありませんでしたが・・・)

 

 私達が住んでいる世界を此岸(しがん)と言うんだそうです。

 

そこには、

煩悩(ぼんのう:妄想や欲望のことです)や

悩みにあふれているそうです。

 

そこにいる人たちが、

「彼岸の世界」へいくために、

布施(ふせ・お金より親切心が大切なことです)」

持戒(じかい・欲望を制し悪を行わないことです)」

忍辱(にんにく・恥を耐え忍び事です)」」

精進(しょうじん・身を清めることをいいます)」

禅定(ぜんじょう・心を静めて一つの事に集中することです)」

智慧(ちえ・物事をうまく処理していく能力をいいます)」の

6つを修業するそうです。

 

先にも書きましたが、

太陽が真東から昇り、

真西へ沈んでいく

「春分(しゅんぶん)」

「秋分(しゅうぶん)」の日を真ん中として

前後3日で、合計7日間を「彼岸」と呼びます。

 

この期間に修業をするのがよいとされていました。

 

ですから、

「秋分(しゅうぶん)の日」を「秋彼岸」と呼ぶのですね。

 

 

 実は、お彼岸に、先祖のお墓参りをするのは、

日本特有の古い伝統で、

仏教国であるインドやその他の国ではないですね。

ブルーさん

なんか不思議ですね。

元々は仏教国から入ってきたのが変わっちゃうなんて?

オレンジちゃん

そういえば「輪廻転生(りんねてんしょう)で何回も魂は生まれ変わる」ってことでインド(ヒンドゥー教)はお墓が無いとか?

ブルーさん

そういえばTVで見たことがあるよ!ガンジス川に流すって言ってたね。

オレンジちゃん

ヒンドゥー教のように元々いつもお祈りしてる宗教の人たちからしたら、日本の墓参りはと戸惑ちゃいそうですね

 

 まとめ

 

秋分(しゅうぶん)の日に

ついていろいろとご紹介させて頂きました。

 

秋分(しゅうぶん)の日の

「意味や由来」や

その日がどうやって決められ、

なぜ?「秋彼岸」となるのか?

 

今年は、

2018年9月23日で、

22日、23日、24日と連休になるところが

多いのではないでしょうか?

 

いつもお仕事で忙しくしている人は、

のんびりと過ごしたいのではないですか?

 

深まる秋の旬をたのしみに、

どこかへ旅行に出かけられる人も多いでしょう。

 

それはそれとして、

「秋彼岸」に秋分(しゅうぶん)の日が

なることを忘れないようにしないといけませんね。

 

お墓参りへ行けない人も、

心の中でご先祖様を尊敬し、感謝いたしましょう。

 

それと、

昼と夜が同じ長さの日であることを

覚えておくとちょっと自慢です。

実りある充実した、

秋分(しゅうぶん)の日をお過ごしたいですね。

 

秋分(しゅうぶん)の日にいろんな意味があるんだと分かりました。

 

最後までご覧頂き有難うございました。