今年もそろそろ七五三の季節が

やってきます。

 

  • 三歳は女の子
  • 五歳は男の子
  • 七歳は女の子

が七五三のお祝いをするのが

一般的ですね。

 

 

子供の成長を感じることのできる

七五三は、その子供と両親だけでなく

祖父母や親戚にとっても

嬉しいことですよね。

 

 

お祝いごとに欠かせないのが、

お祝い金です。

 

 

しかし、七五三のお祝いは

いくら包めばいいのか?

 

いつ渡せばいいのか?

 

悩みどころ。

 

 

お祝いを渡したはいいけれど、

お祝い金が少なすぎて

えっ…と思われたり、

反対に多すぎて

こんなにもらってどうしようと

困らせない為にも

お祝い金の相場を知っておきましょう。

 

 

また、お祝い金はただ渡せばいい

のではなく、渡す時期も大事なんです。

 

 

今回は、七五三のお祝い金はいくらなのか、

いつ渡せばいいかを調べていきます!

 

 

七五三のお祝い金はいくら?

 

 

 

七五三のお祝い金は、

かわいい祝儀袋に入れて

渡してあげたいですね。

お祝い金はいくら

包めばいいのでしょう。

 

お祝い金は、

 

  • 相手との関係性

 

  • 気持ち

 

 

などで金額が変わってくるんですよね。

 

しかし、親しいからといって

あまりにも高額包んでしまうと

もらった相手も

どうしたらいいか困ってしまう

ということもあるんですよ!

また、間柄によって

お祝い金の相場というものが

あるんです。

 

 

自分が七五三のお祝い金を

渡す相手との間柄が

どのようなものになるか

確認しながら

チェックしていってみてくださいね。

 

 

間柄によるお祝い金の相場

 

子供との間柄は、

 

  • 祖父母

 

  • 親族(親しい関係)
  • 友人・近所(親しい関係)
  • 職場
  • 兄弟

 

 

など様々です。

 

それぞれが同じ金額ということではなく、

間柄によって金額が変わるので

間柄ごとで金額をチェックしていきますね。

 

祖父母の場合

 

七五三の子供の

おじいちゃん・おばあちゃんにあたる人は、

10000円~30000円

というのが相場です。

 

おじいちゃん・おばあちゃんになるのも大変ですね^_^

 

祖父母も遠くに離れて住んでいて

年に1回会うかどうかという人や

一緒に住んでいてまるで親子のような関係

など、家庭によって様々ですね。

 

 

この金額の幅は、

そういった環境が

関係しているのでしょう。

さらに、

 

  • 内孫(跡取りとなる夫婦の子)

 

  • 外孫(嫁いだ先で生まれた子)

 

 

でも金額に変化があるようですよ。

 

 

内孫には多めに包むということも

珍しくないようです。

 

いずれにせよ、

10000円~30000円

の範囲内で、包んでおけば

問題ないですね。

 

親族(親しい関係)の場合

 

次に親族で親しい関係の人は、

5000円~10000円

が相場になっています。

 

 

親族となると、お祝い金は

だいぶ下がるのですね。

 

 

それもそのはず。

親族という間柄になれば、

子供の数も増えて

お祝いしなければならない相手が

たくさんいるんです。

 

 

それら全ての人にきちんと

お祝いするためには、

高額設定だと

それぞれの家計がきついんですよね。

 

友人・近所(親しい関係)の場合

 

友人や近所に住む人は、

3000円~5000円

が相場。

 

 

しかし、友人・近所という間柄の人は、

七五三のお祝い金を包まなければならない

というわけではないですよ。

 

 

お祝い金を渡さないからといって

それがマナー違反になったり

することはないので安心してくださいね。

 

 

これこそ、気持ちの問題

というところ。

 

 

普段からとても親しくしていて

ぜひ!お祝いをしてあげたい!

という気持ちの場合に

渡してあげるといいですね。

 

職場の場合

 

職場が一緒という関係性の人は

相場はとくにない

です。

 

職場が一緒だからということで、

お祝い金を渡すのは

  • 家族ぐるみで仲が良い
  • 普段からよく遊んでいる

という、

プライベートでも交流がある

本当にとっても親しい間柄の場合だけ

でしょう。

 

 

この場合も、気持ちの問題だと思います。

3000円以内のお祝い金

が無難でしょう!

 

兄弟の場合

 

兄弟の場合は、

5000円~10000円

が相場となっています。

 

 

普段かわいがっている

甥っ子・姪っ子にあたる子供の

七五三ということで

10000円包む人も多いようです。

 

しかし、兄弟間の場合は、

話し合いのもと決める

というところもあるようですよ。

 

 

入園・入学などはお互いにお祝い

するけれど、

七五三は祖父母だけでいいよね

という考えも多いみたい。

 

 

兄弟なので、きちんと話して

お互いなしにしよう!

ということもできるんですね。

 

七五三のお祝い金はいつ渡せばいいの?

 

 

次に、七五三のお祝い金を渡す

タイミングについてです。

 

 

七五三のお参りに一緒に行くならば

そのタイミングでもいいでしょう。

 

 

しかし、七五三のお参りには

両親・祖父母までは行きますが

それ以外の間柄の人が行く機会は

あまりないですよね。

 

 

それならば

七五三のお参りの前に渡すのがいいのか、

終わった後に渡すのがいいのか

悩みどころ。

 

 

七五三のお祝い金は

その家庭の

七五三のお参りの前

に渡すのがベストタイミング!

 

 

七五三は、

10月下旬~11月中旬

にお参りをするのが一般的なので、

それまでにお祝いを渡しておきたいものです。

 

 

しかし、最近では早めの10月のはじめあたりに

七五三のお参りをする家庭も増えてきているんです。

なので

10月に入る前

に渡しておくと、いいでしょう!

 

まとめ

 

今回は、七五三のお祝い金はいくらなのか、

いつ渡せばいいかを調べました。

 

七五三のお祝い金は

間柄によって違う

ので、

 

  • 祖父母⇒10000円~30000円

 

  • 親族(親しい関係)⇒5000円~10000円
  • 友人・近所(親しい関係)⇒3000円~5000円
  • 職場⇒相場はないが3000円以内
  • 兄弟⇒5000円~10000円だが話し合いでなしの場合もある

 

 

ということ。

 

七五三のお祝い金を渡すタイミングは、

  • 10月に入る前
  • 七五三のお参りを済ませる前

がベストです。

 

これらのポイントをおさえて、

七五三のお祝いをすれば

喜んでもらえますね!

 

最後までご覧頂き有難うございました。