マン・オブ・スティールのあらすじや感想!スーパーマン新作が地上波初

『バットマン vs スーパーマンジャスティスの誕生』

の映画上映に先駆け。

 

スポンサードリンク

 

「マン・オブ・スティール」スーパーマン最新作 地上波初

2016年3月25日(金)  21時00分~22時54分  

 

皆さんネットでは結構 賛否両論で盛り上がってます。

そんな地上波初の「マン・オブ・スティール」とは?

キャスト

 キャストは豪華です。

ケヴィン・コスナー

ScreenShot_20160322141937

 

 

ダイアン・レイン

ScreenShot_20160322142101

 

ローレンス・フィッシュバーン

ScreenShot_20160322142137

 

ラッセル・クロウ

ScreenShot_20160322142224

 

 

エイミー・アダムス

ScreenShot_20160322142318

 

 

 

あらすじ・多少ネタバレ

 今回バットマンの「ダークナイト」シリーズの監督が

制作にかかわってるので、いつものスーパーマンではありません。

 

 

スーパーマンを違った側面から見た作品です。

 

次回作に

『バットマン vs スーパーマンジャスティスの誕生』の

設定にするための布石だったんじゃないのかと言う感じで

 多少無理やり「正義の味方」に疑問が残る作品に

作ってるように感じます。

 

宇宙人が地球に隠れてるスーパーマンを探しに来て戦いになる。

それにより宇宙人に地球を攻撃されてしまう?

 

サスガにアクションシーンは圧巻ですが?

 

「スーパーマンが地球に逃げて来なければ戦いは起きなかった」

と言う意見もあり、

また

スーパーマンのクラークケントが少年時代に己の

スーパーパワーで苦しむ場面で

地球人では自分に悩む等、

「外見では無く、内面の心の弱さ」も全面に出て、

少し考えさせられる作品だった。

 

 

 

ダークナイトの監督が制作に加わり、

ところどころ

「バットマン・ダークナイト」シリーズの

人間模様を押し出す作品作りが

似てる気がしました。

 

映画の場面も「暗いシーン」が多く

闇を演出した作品ではないかと?

 

 スーパーマン

まだスーパーマンやるか?

ッテ感じでしたが、

同じ主役でも 色んな作品に仕上がるもんですね!

 

 

バットマン 

 最新作の

スポンサードリンク

『バットマン vs スーパーマンジャスティスの誕生』の

映画では 無理やり ヒーロー対決の主役にさせられてるが大丈夫??

 

 

 

だってバットマンは武器などあるが

基本「生身の人間

ましてや

バットマンは悪でも殺さないヒーローとして有名なんだけど?!

 

これで 

宇宙人の絶対パワーと不死身の「スーパーマン」と

どうやって戦うの?

 

「ダークナイト」影のヒーロー

バットマンのファンからすると一番カッコイイんだけど!

共通点

2人とも、表と裏の顔を持って、共に違う存在でヒーローを演じる。

 

スーパーマン=バットマン=女性に弱い

 

スーパーマン、バットマンも本当に好きな人とは恋愛に発展しない。

 

私たち男性はあまりヒーローの純愛は興味ないが、

女性は結構これらヒーロー物でも

その中の恋愛物語をハラハラしながら見てるようです。(^_-)-☆

 

やっぱり 男と女は違うよね!?
(永遠に分かり合えないんでしょうね。)

 

 

ネットの声

 

https://twitter.com/kinro_ntv/status/712110382211473409

 


40分ほどカットされてるんですね?

内容までカットされていないことを願います。



女性と男性のヒーロー者の感じ方を知りました。

女性は恋愛物語としても見てるんですね??

参考になります。

最後に

1人1人、映画の味方 楽しみ方は色々ですね?

改めて 

女性と男性では同じ「スーパーマン」を見るだけでも違うんだと!?

そう言えばヒーロー物はヒロインが不可欠ですが、恋愛映画?

そこまで思って見てなかった(^_-)-☆

ま、何だかんだで言いましたが、

深く考えずに楽しむなら

「最高」でした。

また今度の新作映画

『バットマン vs スーパーマンジャスティスの誕生』も

凄く気になり出しました。

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする