ずるい奴らを許すな!税金・生活保護Gメンの仕事とは?

日テレ
ずるい奴らを許すな!目撃Gメン徹底追及スペシャル

03月24日(木)19:00~20:54

で放送されますね。

毎回 この手の放送は腹立たしいの一言

(取材対象者に対して)

メディアでドンドン悪事を公開してください。

スポンサードリンク

ッテ事で気になる事

(今回だいぶ主観的観点から書いています)は

記事にしてみたいと思います。

ScreenShot_20160322121901

Gメンの仕事

アラフィフには懐かしい「Gメン75」って

丹波哲郎のドラマがありましたね。(^^)/

Gメンとは

アメリカ合衆国の連邦捜査局 (FBI) 特別捜査官の通称(Government Man、「政府の役人」の略)。政府役人を指す俗語だった

日本で多くの派生語が誕生している。

もともとは「政府の特別捜査官」が 

日本ではチョット

本来の意味からは

外れるが総称して「○○Gメン」と付けて読んでる。

不正を暴き、徹底的に追い詰める人々を追った。
ずるい奴らVS追及のプロ、その現場で繰り広げられる攻防とは?
ずるい奴らを徹底的に追及する

「逃げ得を許さない」Gメンの仕事が放送される。

「税金GメンVS悪質滞納者」

税金を払えるのに払わない、悪質な滞納者が増加している。
その滞納総額はなんと1兆4000億円。(平成26年度地方税累計)
滞納は、自治体にとっては死活問題。そこで、“悪質滞納者”への徴収が強化されている。
その任務に当たるのが、“税金Gメン”だ。
その現場は、まさに修羅場。GメンVS滞納者、必死の攻防が繰り広げられる。

少し前にも

「学校給食」等で

家には高価な自動車・テレビなどが有っても

「給食費」は払わない。

学校も「子供の為を思って」とやる行為を、

「滞納者は分かってて払わない」

一種の犯罪行為ですよ!

「生活保護GメンVS不正受給者」

年々増え続ける生活保護支給額。その額、3兆6000億円。
この貴重な国民の税金を不正に受給、騙し取る輩がいる。
生活保護Gメンは、このウソを見破り、不正を徹底的に暴く!

この

生活保護受給者の件は 

受給者の件を調べるのも、

勿論分かるが受給する前に審査をするハズだが???

でも結局 

役所の体制にも問題あり!

なんで 

誰が見ても「受給」してるのが

おかしい人堂々ともらって

当然受給されなければ

行けない人たちが受給できない事実!

Gメンの人が不正を暴く前に、

受給を許可する段階で、

ちゃんと審査してれば、

こんな2度手間を防ぎ、

そのGメンに払う金銭も

抑えることができると思うが・・・

スポンサードリンク

ホント本末転倒もいいところ!

もっと役所は仕事して欲しいね!

生活保護

「働けない人がもらう物!」

絶対

「働きたくない人」が 

もらう物じゃ無い!

税金

景気が悪く生活を切り詰め、

まじめに税金を納める人たちが

納める税金を

この国をよくする為に使われるなら、

しょうがない。

が!?

政治家・国民 の中にも

国の制度を悪用して

税金を自分の為に使う人達は

絶対に「許せない!」

最後に

普通に

「正しいおこないの人」が、

正しく暮らせる国にしなければ活けない。

ずる賢く不正をする人

優遇される国・世の中で

イイはずが無い!

行政も

もっと実力行使をしないと

こんな人達は払わないし、

払わないなら

「差し押さえ(給料・家財など)」

強制で拘束でもして

「作業」をさせる

などしないと

一向に減らないし、

増える傾向に有りますよ。

こんな一握りの人たちに、

余裕がない税金を

無駄に使われないようにしないと!

税金が必要な処は一杯あります。

もっと

医療 ・ 介護・教育関係

税金を投入するべき!

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする