泊まれる本屋Book And Bedの知りたいはココ!池袋で

泊まれる本屋Book And Bedの知りたいはココ!

2か月間 ほぼ満室。

2015年11月5日の開業から、30あるベッドはほぼ満室の状態が続いているという。

運営会社は空室が多い古いオフィスビルを活用して、年内に都内で同様の施設2カ所をさらに開きたいとしている。

よく考え付くよね!?

私 結構むかし 本よく読んで、好きなんです。

昔の本棚に眠っているお気に入り読みたいんですが・・・最近 老眼でm(_ _)m

でも こう言う話題はイイですね。 本が注目されて

料金

デイタイムユーズ :  1500円

宿泊 :  COMPACT 3500円・ STANDARD 4500円 (部屋で異なる)

 

クレジットカードのみ(現金は使えない)

あくまで「泊まれる」なのでホテルって感じより カプセルホテルに似た感じか。

 飲み物、食べ物の持ち込み自由

無料でwifiもあり

ジャンル・総数

約1700冊

 旅行記、食、文学、歴史、写真集、洋書、ライフスタイル雑誌、漫画などの幅広いジャンル

 本の販売はしていない

部屋・本棚

木を基調に落ち着いた部屋になってるよう。

ベットの両端が本棚で仕切られた感じでうまくプライベート空間を保っている感じ。

落ち着いた・寝られるネットカフェ? と感じた。

割り切って泊まればベットが有るので快適かも?

 ベッドが大半を占める寝室の空間は、

スタンダード(幅129センチ、長さ205センチ)12床と、

スポンサードリンク

コンパクト(幅80センチ、長さ205センチ)18床の計30床。

設備

洗面所の前にシャワールーム

ドライヤー

トイレ、シャワー、洗面所は共同の、いわゆるユースホステルタイプの施設。

共有スペースには体を投げ出せるほどの大きなソファにクッションがあるが、

あとは

トースター、コーヒーマシン、ポット、カップ、皿くらい

コーヒーやみそ汁、シャンプーはフロントで販売している。

また、

他人のいびきや目覚まし音が気になる人のために、無料の耳栓

感 想

「静かに本を読み、眺めながら眠りに落ちる」そんな感じの時に利用したいですね。

でも最近 「本離れがひどい」なんて言ってますが、みんな本が嫌いなわけじゃなさそう。

だってこんなにもネットとかで話題になることなの?

って感じだったんだけど、ニッチな所を責める経営で嫌いじゃない(^O^)

結局 流行りの映画・ドラマも原作は本であったりするわけなんで、

でも

買ってまで見なかった本でもココで初めての本に触れ試してみるって試みでも正解なんでしょうねぇ。

でも中々 田舎では難しいですよね、都会で人口が多い処だから出来るって所ですね。

私は田舎なんで田舎にも出来て欲しいですが、無理ですね(^^)

でも 本好きなので「本が注目」されるのは大歓迎!

ちょっと「寝落ち」で心配なのが「涎」「シワ」本は大丈夫なの?

私もタマにやるんで。(朝起きて 本が皺くちゃ・・・・)

うん、心配。。

ネットの皆さんの声・・・

では最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする