フリマアプリに意味深な出品?ブルセラの再来!新たな使用方法に警告!

アプリに抵抗感薄く…新たな「ブルセラ」の登場?

ScreenShot_20160326222640ScreenShot_20160326222813

フリマ「メルカリ」「ヤフオク」などで・・・

そんなアプリに危機感がない

若い世代が

悪い意識なく使用してる現状を

書いてみます。

スポンサードリンク

どんな商品が出品?

 フリマアプリは数種類あるが、中にはスクール水着紺ソックスリコーダーなども出品されていた。いずれも使用済み。購入希望者からは「激臭にできますか?」(靴下)、「洗浄はこちらで行います」(リコーダー)などとのコメントが付く。

リサイクルと言う観点から行けば

「フリマ・オークション」の売買は

大変、物の大切さを大事にする行為で

イイと思うが、

その出品されている商品 が 問題!

「フリマ・オークション」の管理体制

実際 

上記の商品は 学校を卒業したら「要らない物」になってしまう。

ましてやそれが「お金に代わる」ならと、出品されるのも分かる。

昔は 「洋服のおさがり」なんてのは普通にあったし、リコーダーなんかも・・

でも 

今は 「おさがり」と言う行為は、

品物が新しく、相当親しくなければ

他人に譲ることもしない

それ以外の場合は 

「処分」されるのでリサイクルと言う観点から行くと、

環境にも優しいのでイイので、

それが「金銭」に代わるならと・・・ 

今の「フリマ」になるのだが・・

ただ これらの商品は「フリマ・オークション」を扱う

「メルカリ」「ヤフオク」

カテゴリーを分け管理しなければ いけないと思う。

「ヤフオク」は歴史が他のフリマアプリに比べ

長いので「カテゴリー」を分けて出品されている。

(全部では無いので、ココはこれから改善しなけれないけないと思う。)

(ヤフオクの場合は「アダルト」カテゴリーで・・)

純粋にその商品を「使う」ならイイと思う。洋服なら着る。

でも

今の「売る人」「買う人」の中には

チョット違う行為で使用されることが有るので、

スポンサードリンク

絶対に「未成年者・成人」および「カテゴリー」

しっかり分け、売買しなければいけない。

「ブルセラショップ」

女子生徒の中古の制服や体操服を販売する店は

「ブルセラショップ」とも呼ばれ、

20年以上前に社会問題化した。

必要悪

必要悪とは道徳的、法律的には悪いことであり社会的にマイナス効果があるが、それがなかった場合により大きなマイナスがある時に存在を肯定される悪のことである。 必要悪は法律で決まっていることもあるし、暗黙の了解で決まっていることもある。 悪人の開き直りにも使われることもある。

こんな事を書くと 

推進してるかに捉える人もいるかも知れないが、

あえて言います。

世の中にはこの

「必要悪」は存在するし、

もし無くなった場合、もっと悪い効果がある時がある。

これを 今回のフリマアプリでブルセラ行為の何が悪いのか?

未成年が罪の意識がないまま「お小遣い稼ぎ」の為にフリマアプリで売買してる。

売る人:物事の善悪が付きにくい思春期の子供が安易にお金儲けの行為が出来てしまう。

成人男性は性の興味で買ってる。

買う人:未成年の女性から売買目的から出会いの場になる可能性がいけない。

ただ全面的に禁止すると、

買う側は買えないので

「窃盗」行為・および「犯罪」行為に走る恐れがある。

アプリでの売買を禁止するのではなく

「アダルト」カテゴリーで

成人の大人同士が売買すれば

少なくとも犯罪になる可能性は少なくなると思うが。。。

そういえば今年1月に

「元人気お笑いコンビ・キングオブコメディの高橋容疑者」が

窃盗の疑いで逮捕されましたが、

こう言う人たちが 買う場所が無くなれば、

「取ればイイか」と

もっと犯罪が増えそう?

そんな気がするのは 私だけでしょうか?

最後に

早くフリマアプリを出してる会社は

商品の「規制」をもっと

厳重にしたほうがイイ、

しなければいけない。

いまはまだ世間に浸透させる方が忙しく、

出品者と購入者を規制するところまで

行っていないのが

現状なので、

「未成年の子供」をもつ親も、

よくネットの事を勉強し

子供にスマホを持たせなければいけないと、

強く思うし、

携帯キャリアも使用者に教えなければいけない。

今の情報は早すぎて、ついて行けないが

最低限知らなければ行けないものが、

後で後悔するようになるかも、

しれないということも知っていなければいけないかな?

最後まで、ご覧頂きありがとうございます。 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする