「Playstation VR」でグランツーリスモがバカ売れ!最高のテレビ!psVR

ScreenShot_20160331151923

みんま注目のヴァーチャルグラスの

「プレイステーションVR:PS VR」

日本も注目だけど、

ヨーロッパも盛り上がってるようですね(^^)/

スポンサードリンク

『グランツーリスモSPORT』予約殺到

『グランツーリスモSPORT』は、レーシングゲームの人気作としては初めてヴァーチャル・リアリティでプレイ可能であることも発表された。つまり、『オキュラス・リフト』のようなヘッドセットを使用する「プレイステーションVR」に対応しているのだ

『グランツーリスモSPORT』が「Playstation VR」に対応したことにより高価なモニターを数枚使うようなシステムがこの「Playstation VR」で手に入る。

ScreenShot_20160331144807

英国Amazonでは本機に対応する『グランツーリスモSPORT』の予約が

581%増加したようです。

さすがイギリス。カーマニアが沢山いるんですね。

このシステムで本当に車を操作してる疑似体験が

出来れば「44600円」は安い!

VRを買った人は?

色んな 疑問 や youtube360度動画の再生方法。

など 語ってます。

PlayStationVR左にズレます?360度動画も対応?【PSVR】まとめスレ!

【HMD】PlayStationVR 134【PSVR】まとめスレ!

日本での予約・販売

日本でも予約が開始されましたが、予想通りに瞬時に完売

そんな 「playstation vr」が

ソニーストアで 体験時に「予約」も受け付けてるようです。

詳しい記事はこちら

大人がハマるゲーム

『グランツーリスモSPORT』

高級車を思いっきりスピードを出して運転してみたいじゃないの?

それがゲームのイイとこだから!

「Playstation VR」は2016年10月発売!

VRの発売に合わせて「グランツーリスモSPORT」も発売か?

やっぱり発売延期です

PlayStation®4用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』の日本国内に向けた発売日を、制作上の都合により当初ご案内しておりました2016年11月15日(火)から2017年に延期することを決定いたしました。

ま、グランツーリスモは歴代で発売延期が有名ですから

驚きはしないが、、、、

VR発売間に合って欲しかった・・・・

車好きで「若かりし頃」車を改造し、

ガソリン代を捻出するのに苦労した世代は

今 40から50歳代のおじさんたちだ。

外で車を改造して夜な夜な

遊ぶ歳でも無いが、

車が好きな人は結構いる。

そんな人たちが、

「グランツーリスモ:GT」シリーズにハマり、

夜な夜な今度は自宅で レースゲームをやってる。

前作の「GT6」は

出来より課金制度が不評で最低の評価だと思う。

スマホゲームのように「無料」で遊べて、「課金」もあるよ!

ッテ感じならイイかも知れないが。。

いままでの「GT」シリーズのファンからは、ソッポを向かれた。

今度の『グランツーリスモSPORT』は

今までのシリーズのように純粋にカーライフを楽しめる作品にしてほしい。

決して「F1」に乗りたい訳じゃ無い。

チョット手の届かない車に乗りたいんだから!

私も1~3までは、睡眠時間を削ってやってました。

4になり子供が生まれ離れていますが、

また手が離れたらぜひやりたいと思ってる唯一のゲーム。

カイジ「鉄骨渡りゲーム」

こっちは 高層ビルの間にある鉄骨を渡るゲームです。

暗闇の中 落ちたら???

と 思うと 足がすくんでススメない(*^^*)

そんな「怖~い」体験がゲームで出来ちゃいVRにピッタリな」なゲームじゃない?

そんな「記事」はこちら

バイオハザード7

バイオハザード7もPS VR対応で2017年1月発売!

ただでさえ怖い「バイオ」がVR対応したら、

もうホントのヴァーチャル体験じゃないの?

そんな記事はこちら

それだけ リアルに感じて

「怖い」ッテ事ですね!? 

発売日決定

ま、発売日はあんまり期待してないので、とにかく 操作性を!

一連の走るまでの「切り替え」などで一々 待たないでイイ工夫を!

「ヌル・サク」ですぐレースが出来たら最高!

『グランツーリスモ SPORT』の発売日が

2016年11月15日(火)に決定

2017年に延期することを決定いたしました。残念<(_ _)>

スポンサードリンク

レース好きの「VR」とは

そんな人たちは

チョット凝り出すと

「バケットシート」★

「レース用コントローラー」★


「モニター3台のトリプルモニター」

などの

ゲーム機とゲームソフトより

高価な周辺機器を取りそろえ

異次元空間を楽しんでます。

こんな 動画見たら「グランツーリスモ」だったらどうなるの?

大変ですね!

リアルシミュレーターじゃないの???

そんな視覚に訴える「Playstation VR」は

モニター3台分より安く、場所も取らない、

まさにゲームをやるベストの環境かと?

みんなが待ち焦がれているそんな商品だと思います。

2016年10月より、希望小売価格44,980円で発売

まだまだ数か月有るので、小遣いを貯めて購入しよう。

ってお父さんも結構いるはず(^O^)

アップグレード版PS4

PlayStation 4のアップグレード版

(PlayStation 4.5 あるいは PlayStation 4Kとも)

拡張されたグラフィックスとパワー 

最大限に利用するには

新しいモデルを購入する必要がありますが、

現行モデルのPS4の生産は継続され、

ソフトウェアカタログも共有するそうです。

「最大限利用」とあるので 現行のPS4でも動きそうですね?

また

「現行のPS4」

「PlayStation 4.5 あるいは PlayStation 4K」の

価格差が気になりますね?

PS4初期の高くても「4.3万前後」で発売するのでは??

最後に

日本の家電メーカーは元気が無いが、

久々「Sony」がワクワクする商品を出してくれそうだ。

みんな家電が嫌いになった訳じゃ無く

「買いたい商品」が無いので

買っていないんじゃないの?

私はそうです。

ローンを組んでも買いたいって商品をお願いします。。

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする