渡辺遼・佳恵容疑者を逮捕!誘拐とは違う!?動機や少女の行動が気になる?

またか 少女誘拐!?

13歳少女を誘拐。

今度は親子での犯行!?

富山県に住む女子中学生を誘い出して自宅に連れ込んだとして、県警は8日、山形県新庄市住吉町のスーパーアルバイト店員、渡辺遼容疑者(25)と同居の母でコンビニ店アルバイトの佳恵容疑者(48)未成年者誘拐容疑で逮捕し、発表した。少女は両容疑者宅で無事保護された。両容疑者は容疑を認めているという。

スポンサードリンク

 少女は4日外出し、メールで母親と連絡を取った後、夜になっても帰らないことから家族が同県警に届け出た。駅の防犯カメラの映像や携帯電話の位置情報などから両容疑者を特定。山形県警の捜査員が、両容疑者宅で佳恵容疑者と一緒にいた少女を保護した。遼容疑者は仕事に出かけていた。遼容疑者は、佳恵容疑者、祖母との3人暮らしという。

3人暮らしで、容疑者は仕事で出かけてた??

何それ???


今回に誘拐事件は、ちょっと違うのか?

そんな事件を調べてみました。

未成年者誘拐

手段

富山県警によると、遼容疑者は4月上旬、県西部の中学生の少女(13)が未成年であることを知りながら、スマートフォンの無料通信アプリを通じて「こっちに来るか」「俺に甘えろ」などと誘い、4日に佳恵容疑者とともに富山県に電車で少女を迎えに来て、7日まで自宅に誘拐した疑い。

「こっちに来るか」「俺に甘えろ」などと誘い、

親子で電車で少女を迎えに来て、7日まで自宅に誘拐した疑い。

「こっちに来るか」「俺に甘えろ」

何なの?

こんな誘い文句に付いて行くのか?

若干この部分が 

数日前の「寺内樺風(てらうちかぶ)容疑者」の誘拐とは違い

少女の方も家出したかったのでしょうか?

出ないと わざわざ

電車で迎えに行ってる「渡辺遼容疑者親子」と

一緒に 

親子に家に付いて行ったりしないのでは?

なので

純粋な「誘拐事件」とは違いそうですが・・・

未成年者を保護する場合でも保護者に知らせず、

勝手に連れて帰るのは行けませんよね。!

絶対!

警察なり、行政機関に相談してからでないと・・・

でも 難しい問題かも知れないですね?

スポンサードリンク

動機

今回、

「渡辺遼容疑者」のみの犯行だと、事件の可能性が高まる

親子で迎えに行ってる事を考えると、

少女を何かの理由(虐待とか?)で保護するために、

匿うつもりで自宅に連れ帰ったのかも? 

(でも? この場合でも誘拐?になるので少女が同意の上でも、

無断で家に連れ帰るのはヨクないし、良くなかった。)

もし匿うつもりでも

「渡辺遼容疑者親子」の認識が甘かったとしか言いようがない!

親子の行動

今回 「渡辺遼容疑者」の母親の佳恵容疑者(48)

一緒に行動し、誘拐?になってるが 

佳恵容疑者は息子の行動を止めさせなかったんでしょうか?

少し考えたら分ると思うが、

近所の知り合いの子を家に泊めるのとは違う気がするが・・・

最後に

今回またしても

スマートフォンの無料通信アプリを通じ少女と容疑者が接触したようだが、これらのアプリは非常に使う人によっては、便利にもなりなくてはならないが、未成年の使用が予想されるアプリに関しては十分に保護者もアプリの事を勉強し、安易には未成年に与えてはいけないように感じる。

みなさんは今回の事件、どう思いましたか?

このような事件が起こらないことを切に願う!

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする