2016/05/19

森野恭行さん事故死!試乗中のポルシェの種類 や値段・性能など?!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

ScreenShot_20160412114620

自動車評論家の森野恭行さんが事故死 ポルシェで木に衝突

 11日午後2時55分ごろ、神奈川県小田原市石橋の観光有料道路「MAZDAターンパイク箱根」で、東京都世田谷区、自動車評論家森野恭行さん(53)の乗用車が、反対車線にはみだして路肩の樹木に衝突、病院に運ばれたが約2時間半後に死亡が確認された。

 小田原署によると、現場は下り坂で緩やかな左カーブ。居合わせた観光客が「かなりのスピードだったと話しており、同署が事故原因を調べている。車はポルシェで、車雑誌の出版社から借りたものだった。

引用:http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/04/11/kiji/K20160411012387820.html

 

 

森野恭行

森野 恭行
 【カーレポーター/AJAJ会員】
 
自動車専門誌のアルバイト、編集プロダクションの社員を経て、84年からフリーのカーレポーターとして活動をしております。生来のクルマ好き……昔なら「カーキチ」と呼ばれる人種で、スモールカーから高級サルーン、高性能スポーツカー、はたまた2~3トン積みトラックまで、機会があればどんなクルマでもとことん試乗をしてきました。今の時代、自動車に対する逆風も吹いていますが、「クルマは人の生活を豊かにするモノ」、「クルマの運転は楽しい!」が私のモットー。出会ったクルマの個性や魅力、そして開発者が担当モデルにこめた情熱などを、新車紹介や試乗インプレッションなどを通して読者の皆さんにわかりやすくお伝えすることを心がけています。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。1963年生まれ。
 
 
引用:http://www.jcoty.org/judge/morino.html
 
 
なんか分かりますよ。
私と同じアラフィフの同世代なんで 「カーキチ」って人種はいっぱいいました。
 
最近はみんな大人になって、
ファミリーカーでのんびり走ってますが、
つい「スイッチ」が入ると、飛ばしてしまう。
 
もう若い時みたいに「運動神経」が付いて行かないので
注意しないといけないんですけどね?!
 
反面教師じゃないけど、注意しなきゃいけないです。
 
でも 森野 恭行さんも 自身でポルシェを持ってるとの事、
すこし過信されたのかも知れないですね?
 
ただの事故で済めばヨカッたんですが、残念です。
 

 

 

試乗中のポルシェ

車種

 

2hやツイッターでの情報ですが、

事故を目撃した人が「911 GT3 」だったと証言していますね!?

 

ScreenShot_20160412110843

 

値段

もし事故車両が 

ポルシェ 911 GT3 だったら 

「911 GT3 RS. 25,300,000 円」

ポルシェのなかには1300万円からあるので

ポルシェの中でも高額です。

 

私を含めた庶民の車とは、ほど遠い車です。

こんな車を持ってる人は、ほとんどの人は「他にも車を数台」持って、

その時の状況で乗り換えてるんでしょう?

 

羨ましすぎる・・・・・

 

せめて庶民は

カーシミュレーター「GT:グランツーリスモ」なんかで我慢です。

 

 

 

 

 

性能

ポルシェ 911 GT3 は 

911シリーズの中で

自然吸気エンジンのNAで RR(リアエンジン・リア駆動)の

従来のポルシェを代表する駆動方式。

 

  • ポルシェ911カレラ(1300万)が 370PS

 

ポルシェ 911 GT3は

475PS/8,250rpm、44.8kgm/6,250rpm

 

NAポルシェの中では最高クラス。

どんだけ早いんでしょうか?

 

「昔からポルシェ限界速度を超える制御不可能になりやすい車」で

有名ですが、

今回はスピードが結構出ていたようなので・・・・・・・

 

スポンサードリンク

 

 

最近のポルシェは 

「4WD・ツインターボ」と上記の「NA・RR」の2タイプ。

 

やっぱりポルシェは、 みんなが一度は乗ってみたい

憧れのスーパースポーツカーですよね。

 

 

 

 

事故

 

スポーツカーの事故でも「空のスポーツカー」も最近事故がありました。

 

 

https://twitter.com/kazuma_iwata/status/719547250083373057

 

 

最後に

自動車・飛行機・船などあらゆる乗り物は、

油断、整備不良・天候により

事故が起き、

事故が起きると、

大小に限らず、死亡事故になる可能性があると言う事を

再認識し、

運転者は運転しなければいけないと、

事故が起こるたびに思います。

 

まだ事故の詳細な事は分かっていませんが、

ご冥福をお祈りいたします。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© バブル世代の気になる日記! , 2016 All Rights Reserved.