宮下奈都2016本屋大賞!学歴 や結婚!作品 と趣味を公開!

ScreenShot_20160413175049

2016年 本屋大賞

全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2016年本屋大賞

一番私たち目線の人気がある大賞!

スポンサードリンク

2016年本屋大賞の受賞作発表
順位 表紙 書籍名/作家 得点
大賞 『羊と鋼の森』表紙 羊と鋼の森
宮下奈都(著)
文藝春秋
372点
2位 『君の膵臓をたべたい』表紙 君の膵臓をたべたい
住野よる(著)
双葉社
327.5点
3位 『世界の果てのこどもたち』表紙 世界の果てのこどもたち
中脇初枝(著)
講談社
274点
4位 『永い言い訳』表紙 永い言い訳
西川美和(著)
文藝春秋
261点
5位 『朝が来る』表紙 朝が来る
辻村深月(著)
文藝春秋
229.5点
6位 『王とサーカス』表紙 王とサーカス
米澤穂信(著)
東京創元社
226.5点
7位 『戦場のコックたち』表紙 戦場のコックたち
深緑野分(著)
東京創元社
223点
8位 『流』表紙
東山彰良(著)
講談社
99点
9位 『教団X』表紙 教団X
中村文則(著)
集英社
93点
10位 『火花』表紙 火花
又吉直樹(著)
文藝春秋
46点

引用:http://www.hontai.or.jp

宮下奈都2016本屋大賞!

ScreenShot_20160413181527

プロフィール

宮下 奈都 (みやした なつ)

誕生 1967年
職業 小説家
福井県生まれ

スポンサードリンク

最終学歴 上智大学文学部哲学科卒業

福井県立高志高等学校卒業。上智大学文学部哲学科卒業。

高校生の頃にニーチェの『ツァラトゥストラかく語りき』を読んですごく面白いと思って、大学は哲学科にいこうと思いこんでしまったんです、何を血迷ったのか。ほかの可能性を一切考えずに哲学科に

さすがに哲学科に行こうという人は違いますね?

ニーチェを読んですごく面白い??

2004年、

3人目の子供を妊娠中に執筆した

「静かな雨」が第98回文學界新人賞佳作に入選し、小説家デビュー

すごいですね?

妊娠中に執筆って?

私は「宮下 奈都」の書籍を読んだことが無いんですが、

でもレビューを読んでみると、

「爽やかな・心を優しく包み込んでくれる」とかのイイ印象の作品が多いようですので

優しい気持ちで執筆してる事により、

「妊娠中」でも

逆に大らかな気分になれて

胎教にもよかったんでしょうか?

でも普通は妊娠中の

情緒不安定な時期なので、

この時に執筆してる事はスゴイですよね?!

ビックリ。。

作品

結婚

自身がデビューさられたのが妊娠中の執筆作が

キッカケと書かれてますので、結婚し3人の子供さんがいらっしゃると思いますが、ご家族に関する情報は・・

趣味

でも対談で

「夫も読書好き!」

夫は私とはまったく違う読書傾向の人なんです。宮本常一さんの『忘れられた日本人』なんて読んだことがなくて、夫に「絶対に読むべき」と言われて手に取ったんです。悔しかったですね。こんないい本、私のほうが薦めたかった、って(笑)。夫は三島由紀夫が好きだったんです。私もいくつかは読んでいたけれど、じゃあ好きな作家は、と訊かれたらぱっと名前が挙がるわけではなくて。でも趣味が重なっていなくてよかったです。子供が生まれてから、おっぱいをあげるときに、あ、しまった本を用意してなかった、と思っても夫の本棚に手を伸ばせばいろいろありましたから。授乳しながら本を読んでいたんです。最初は赤ちゃんの顔を見ながらあげなさいといわれて守っていたけれど、2時間おきに20分ずつということになると、本のひとつも読まないとやっていられなくて。

そこまでして本を読まなきゃいけないんの?

逆にそんなに面白い本があるって羨ましい!

たぶん「宮下奈都さん」のオススメを教えて貰っても

私は理解でき無いので面白く無いと思うが?

好みなのでいかに「自分にあった本」に出会えるかで

本が好きになるかの分かれ目ですね!

最後に

私は全然違うジャンルの本が好きなんですが、

この本屋大賞の中では、

9位の『教団X 』中村文則(著)は好きですが後は全然知らない人ばかりで。。。。

でも映画もそうですが、映画好きだから

「全部の映画が好きでは無い」!

好みのジャンルが好きなので・・

本も好みのジャンルの本だと絶対自分が好きになる本がアルと思うので、一人でも本が好きになってくれるといいですね。出版業界に盛り上がって欲しい。

そういう意味ではこの「本屋大賞」はイイ企画だと思います。

ただもっとジャンル分けして、その中での「書店員」のオススメが聞きたいです。

私は本屋が好きだ! 

もちろん

本も大好きだ!

最後まで、ご覧頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする