櫻井寛マツコの知らない世界!絶景・豪華・グルメ列車がスゴイ!

ScreenShot_20160430111110

今回は「GWスペシャル」って事で

私の好きな番組「マツコの知らない世界」の2時間。

そんな番組に去年の8月に登場し、

結構マツコのツボだった

「 鉄道カメラマン 櫻井寛さん」が再登場!

そんな「櫻井寛さん」を紹介します。

スポンサードリンク

プロフィール

櫻井 寛(さくらい かん、1954年 -62歳 )

日本のフォトジャーナリスト

日本写真家協会、日本旅行作家協会会員、

漫画原作者

鉄道ファンであり、

撮る写真には日本内外の鉄道に関するものが多い。

長野県佐久市で出生。

親が国鉄職員であったため昭和鉄道高等学校に入学し、その後日本大学藝術学部写真学科を卒業し、世界文化社の写真部勤めを経て1990年10月からフォトジャーナリストとなる。なお当初は国鉄への就職を目指していたが、その頃の国鉄は赤字続きで新規採用が皆無の状況であったため、転向したと著作で述べている。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/櫻井寛

マツコの知らない世界

前回は「駅弁の紹介」だったと思うが?

今回は「マツコの知らない豪華列車の世界」で 

豪華な列車旅を紹介してくれるようです。

そんな

「絶景・豪華・グルメ列車」って

列車旅の醍醐味総集編ッテ感じなの??

ななつ星

そういったら日本では

我が「九州」の「ななつ星」じゃないの?

予約も中々取れないみたい?

料金もスゴイ

「一人当たりの金額」「えーーーー?」

■1泊2日コース

車内客室 出発日 ご旅行代金
(3名1室利用)
ご旅行代金
(2名1室利用)
ご旅行代金
(1名1室利用)
スイート(設定数12室) 10月・11月 280,000円 430,000円
12月〜2月 250,000円 400,000円
DXスイートB(設定数1室) 10月・11月 330,000円 350,000円 555,000円
12月〜2月 300,000円 320,000円 525,000円
DXスイートA(設定数1室) 10月・11月 360,000円 390,000円 635,000円
12月〜2月 330,000円 360,000円 605,000円

<発着地>

博多駅

<食事条件>

【 3泊4日コース 】朝:3回、昼:4回、夕:3回
【 1泊2日コース 】朝:1回、昼:2回、夕:1回

 

確かに「食事」「ホテル」「旅費」がすべて含まれての金額ですが・・・・?

アラフィフの私には「無理・無理!((+_+))」

がんばってお金貯めよーーーと。

 

また、

車で巡る景色と「優雅な豪華な列車」で行く旅は

相当違うんでしょうね?

 

海外での豪華な列車旅

私世代では豪華列車といえば「オリエント急行」

「本・劇」などいろんな作品の題材になるくらい「豪華列車」の代名詞!

 

ScreenShot_20160430114932

 

チョット調べてみれば、世界にはまだまだ列車旅は一杯あるようで、またその値段も桁違い、

今度の「マツコの知らない世界」ではどこの列車旅を紹介してくれるでしょうか?

 

行けないけど、

「イメージトレーニング」で行った気になるからイイですね。(笑)

 

カメラマンと列車 / 本

ほんと列車の本ばっか!

これだけ1つの事を好きになると、仕事になるんだね?

スポンサードリンク

私は浅く広くがモットーなので、タイプが全然違いますーーーーー。(笑)

動画

ウマそう!

なんで「駅弁」って なんで うまそうなんですかね?

野外で食べるご飯と同じ原理??

スーパーに同じ弁当が売ってても「絶対」買わなそうなんですが(‘_’)

 

 
漫画アクションで連載されている「駅弁ひとり旅」(監修・櫻井寛/画・はやせ淳)が、
まんが王国とっとりとコラボ!
 
 

 
鉄道ニュース546 【第50回】11月13日(金) 17:30~18:00
http://tetsudo-ch.com/tetsudonews
ゲスト:櫻井寛さん(鉄道写真家) コメンテータ:渡辺雅史さん(ライ…
 
8:00ぐらいに登場!。
 
 

最後に

結構「櫻井 寛」さん いろんな処とコラボやってるんですね。

好きな人は「列車」好きですね。

私はまだまだ 列車より「車やバイク」が好きなんですが、

だんだん運転も億劫になってきたんで60歳ぐらいに成ったら

ノンビリお酒でも飲める「列車旅」もイイですね。

違った風景が楽しめるし、やっぱ「駅弁」なのかな?

今度の「櫻井さん」と「マツコ・デラックス」の絡みがたのしみです。

前回は親父感が満載で面白かったですもんね!

今回も何気に期待してます。

他にもマツコの知らない世界は

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「ミニチュアの世界」

「うさぎの世界」

「レゴの世界」

 
 
 
 

最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事はいかがでしたでしょうか?
気に入って頂けましたら下にあります
ソーシャルメディアボタンからシャアして
いただけましたら大変はげみになります。(^^♪

 
スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする