島根の落石事故の原因を公開!責任や保障は?

GWの5/4  落石事故

GWの5/4 に落石事故により女子大生の方が亡くなった。

スポンサードリンク

 4日午後3時55分ごろ、島根県邑南(おおなん)町戸河内の県道で、「走行中の車に落石があった」と通りかかった女性(38)から119番通報があった。県警によると、石は直径約1メートルで、広島市安佐南区の会社員(52)運転の軽乗用車助手席を直撃していた。娘の山口大1年生、(18)が全身を強く打って病院に運ばれたが、まもなく死亡した。

 川本署によると、現場は島根県浜田市と広島県三次市を結ぶ片側1車線の主要地方道。山間部で、道路に斜面が迫り、川に沿って緩やかなカーブが続いているという。石は道路横の斜面から落下したという。

引用:http://www.asahi.com/articles/ASJ546J9YJ54PTIB00K.html

原因

島根県邑南町戸河内で4日、県道脇の斜面から落下した岩が軽乗用車にぶつかり、山口市平井の大学1年(18)が死亡した事故で、落石の危険性を指摘されていた

現場付近に、落石防止ネットが張られていなかった

ことが6日、県への取材で分かった。

 県によると、現場を含む約550メートルの区間は、約20年前に県の調査で落石の危険性がある箇所に指定し、大部分に斜面を覆うネットを張った。しかし、現場付近の約50メートルの区間は、落下する可能性がある岩などを取り除いたとしてネットを設置していなかった。

スポンサードリンク

もし今回の落石事故があっても「落石防止ネット」が張られていたら、

ここまで大きな事故には、ならなかったんじゃないかと!?

直接落ちて車に当たるのと「ネット」により落下速度や力が軽減されて、

もし

車にぶつかったとしても、

明らかに事故は小さかったのではないだろうか?

https://twitter.com/ValueAddedNews/status/728049995442589697

保障

道路、河川その他の公の営造物の設置または管理に瑕疵があったために他人に損害を生じたときは、国または公共団体は、これを賠償する責に任ずる(国家賠償法第2条第1項)。

この事故の場合 

ネットが張られていない事が解ってますので

「県道」なので

責任は「県」が負わなければいけないのではないでしょうか?

(間違っていましたら修正させていただきますので、ご指摘お願いします。)

最後に

楽しいはずのゴールデンウイーク中も様々な事故が多数起きています。

自分で防げる事故ならイイですが、

今回のように

自分の力では防ぎようのない事故にはどうしようもありません。

せめて道路を管理する自治体が

日ごろから、安全管理を怠っていなければ、

防げる事故も沢山あるように思う。

今回の事故を教訓に 

改めて安全の再確認を個人も「国や県」も

しなければいけないのではないか!?

無くなった女性にご冥福をお祈り申し上げます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事はいかがでしたでしょうか?

気に入って頂けましたら下にあります

ソーシャルメディアボタンからシャアして

いただけましたら大変はげみになります。(^^♪

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする