ScreenShot_20160511160229

 

NHKスペシャル「天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る」
2016年5月15日(日)

に 将棋の最高頭脳「羽生善治」さんがリポーターで出演。

そんな「羽生善治 人工知能」を調べてみました。

 

 

羽生善治 プロフィール

 

昔はチョット老けてたけど、だんだん貫禄が出て

最近 顔と年齢がだいぶ合ってきましたね。

 

 

名前  羽生善治 (はぶ よしはる)
生年月日 1970年9月27日(45歳)
プロ入り年月日 1985年12月18日(15歳)
棋士番号 175
出身地 埼玉県所沢市
東京都八王子市
師匠 二上達也

在位中タイトル 名人・王位・王座・棋聖
段位 九段

中学生でプロへ!

畠田 理恵(はただ りえ、1970年11月10日 – 45歳)

元歌手、女優

ScreenShot_20160511151639

 

ScreenShot_20160511151917

なんかサスガに若い。

当時、ソレハ話題になりましたもんね!

 

 

年収

一般のプロ棋士の平均の年収は700万円~800万円ぐらいといわれています。

 

「羽生善治」名人の

こちらは純粋に

「賞金とタイトル料」だけで 1993年からほぼ「8千万以上」で

平均「1.2億」。

 

これにいろんな出演料などを加えると・・・??

少なくても「1.5億」以上はあるんじゃないでしょうか?

 

ま、将棋界でもトップですからね。

まったく羨ましい。

 

ただ 結構 将棋界 は平均寿命からすると短命な方が多いような気がします。

それぐらい神経をすり減らしての戦いなんでしょう。

 

年と共に「勝てなくなってくる」そうですから、

この将棋界も「スポーツ選手」と同じで体力・知力の勝負!

 

 

年功序列が無いので大変ですよ。

 

シニア戦ってあるのかな?

40を過ぎると目に見えて

「体力・物忘れ・気力」が衰え、気持ちはあっても、

若い子には勝てないと実感しますね。((+_+))

普通の仕事は経験値やコミニュケーション能力でカバーしてますが、

「実力主義」はきついよね!?

 

 

人工知能

羽生名人は結構若い時からゲームソフトの監修をして

「羽生名人」の付くソフトが出てますので、

 

 

【新品】【DVD】情熱大陸×羽生善治・渡辺明・佐藤康光・谷川浩司 羽生善治/渡辺明/佐藤康光/谷川浩司
価格:5076円(税込、送料無料)

 

 

いつ?

ぜひ 今回の 

「NHKスペシャル「天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る」」では 

 

勝負師としての人工知能とは?って所を見てみたいし、

ぜひ 「人工知能との夢の対決」をしてもらいたいです。

 

「近々のうちに何らかのアナウンスがあると思いますが」と話し、対戦の可能性を示唆した。

「え!?」

有るの?

 

少し対戦を匂わす発言があるので、近かじか「対戦あるかも」???

 

 

ただ「人工知能」が絶対有利なのは「疲れ無い」って事が一番ですよね?

人間は試合が長くなれば当然「疲れ」で「ミス」をしたりする生き物。

 

それと 相手の表情を読む「駆け引き」が通じない。ところが圧倒的に人間と違う処なので、その点をどう克服するかがカギじゃないですか?

 

ま、素人の私が思ってる事は先刻承知でその先を「名人」は考えてるんでしょうね。

 

最後に

でも これだけスゴイ「羽生善治」名人も

奥さんの心は読めないでしょうね?(笑)

 

人工知能 より「女性の気持ち」

より複雑で難解だとおもうけど???(笑)

 

 

だれか

「女性の気持ち」が分かる人工知能を開発してくれませんかね?

 

男性陣は絶対買いますよ!

絶対。