2017/11/17

ジャン=ミシェル・バスキアが凄い!作品や特徴・動画も公開!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

 

ジャン=ミシェル・バスキア って?

 

最近 紗栄子(ダルビッシュ有の元嫁)と交際中

ZOZO TOWN(ゾゾタウン)の「前澤友作氏」

が 

高額で「バスキア作品を落札した!」って

ネットニュースで話題です。

 

 

そんな 

「バスキア」って

誰ッテ事で調べてみました。

 

すると アーティストによくある悲しい事が・・・

 

スポンサードリンク

 

プロフィール

ジャン=ミシェル・バスキア

(Jean-Michel Basquiat、1960年12月22日 – 1988年8月12日)

ニューヨーク市ブルックリン生まれた

 

アメリカの画家。

 

生きていれば

今年56 歳だったんだね。

私より少し先輩って訳だ。。

 

幼い頃から絵を描き、芸術的な活動をするように母親から薦められた。

17歳の頃から

地下鉄、スラム街地区の壁などにスプレーペインティングを始める。

Tシャツやポストカードを売り生計を立てた。

 

 

 

 

アンディ・ウォーホル

ScreenShot_20160515152712

 

1983年にはアンディ・ウォーホルと知り合い、作品を共同制作するようにもなる。1987年のウォーホルの死まで2人の互いに刺激しあう関係は続いたが、バスキアは徐々にヘロインなどの薬物依存症に陥り、妄想癖が見られるようになった。そしてウォーホルの死によりさらに孤独を深めると共に、ますますヘロインに溺れていった。
1988年、ヘロインのオーバードーズにより27歳で死去。

アーティストによくある「薬物」に溺れ

過剰摂取により死亡。

 

アーティストは、いろんな事を創作させる過程で、悩み。

果ては「薬物」に走る人は昔から数数えきれない。

 

ある一定のレベルに達すると「世の中」の事がどうでもヨクなってくるんだろうか?

 

薬物に走る人は「貧困」か「富裕層」が多いようだが、

私のような日々の暮らしが「貧乏暇なし」だと

せいぜい酒におぼれて二日酔いがイイとこだが・・・・?

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

バスキア作品を落札した金額

ScreenShot_20160515150834

約63億円で落札したバスキアの作品「無題」の前に座る前沢友作氏

 

 衣料品インターネット通販「ZOZO TOWN」を運営するスタートトゥデイの創業者でタレント紗栄子(29)の交際相手、前沢友作氏(40)が、米ニューヨークで10日に実施された現代美術のオークションで、

ジャンミシェル・バスキアの無題の絵画(1982年)を

5728万5000ドル(約63億円)で落札した。

 

 主催した競売大手クリスティーズによると、88年に27歳で死亡したバスキア作品としての最高値。絵画のサイズは縦約239センチ×横約500センチで、角の生えた悪魔の頭が描かれている。このほか4作品を落札し、

合計落札額は合計8130万5000ドル(約89億円)だった。

 

投資目的ではなく

「彼のカルチャーや生き様を理解して、後世にこの作品を受け継いでいくという重要な責任があると思っています」とコメント。

また、

同作が85年の日本初のバスキアの展覧会に展示されたことから「日本にとって歴史的な意味を持つ作品です。このような素晴らしい作品に出会えたことを心からうれしく、また誇らしく思います」と語った。

前澤氏は 「現代芸術振興財団」を設立しこの「バクキア」作品も展示予定。

ま、

お金のある方が買って、私たちにも見せてくれることなら歓迎ですね。

ドンドンお願いします(笑)

 

作品

さすが「ペイントアート」の先駆け。

私には 凄さが分かんない。

でも 近くで見ると又違うのかな?

でも作品たちも相当なお値段なんでしょうね?

 

これらは 

もし買えたとしても

「家」で飾っておくには 

家も 

独創的じゃないと全然合わないね。

 

ScreenShot_20160515154925

ScreenShot_20160515154825

ScreenShot_20160515154810

 

ScreenShot_20160515154735

ScreenShot_20160515154717

ScreenShot_20160515154624

ScreenShot_20160515154607

ScreenShot_20160515154553

 

いや 何かスゴミは感じるけど、

子供が書きそうだけど、

これ子供じゃ書けない。

 

 

特徴 ・ 動画

 

もうなんと表現していいのか?

私のボキャブラリーが分かちゃうけど・・・

 

やっぱり「黒・赤・黄色」など原色を使い

「アフリカ」的な色使いで 

なにか破壊的な何かを感じる絵じゃないかと?!

 

DVD

バスキア:DVD

 

 

 

絵がウマイと言うより「アート」!

 

 

 

画集

ストリート・アーティストから時代の寵児となりながら、

二十七歳で夭折した無垢の魂が描き続けた絵を収録したポケット画集

 

 

 

ジャン=ミシェル・バスキア 25周年

 

 

表現がまずくて表現しきれないが 

貴方はどんな「感想」を持ちましたか?

 

最後に

少し前にも私の大好きな「ホイットニー・ヒューストン」が薬物で亡くなったが、

こんな才能あるアーティスト達が、亡くなっていくのは悲しい・・

 

薬物が無くなる世の中に・・・

 

亡くなった「バスキア氏」に改めて ご冥福を・・

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事はいかがでしたでしょうか?
気に入って頂けましたら下にあります
ソーシャルメディアボタンからシャアして
いただけましたら大変はげみになります。(^^♪

スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© バブル世代の気になる日記! , 2016 All Rights Reserved.