清原和博被告の初公判!入れ墨・タトゥー除去 の値段や方法を公開!


清原和博被告の初公判! 更生の条件?

ScreenShot_20160517095453

覚せい剤取締法違反の罪に問われた元プロ野球選手の清原和博被告(48)の初公判が17日午後1時半から、東京地裁(吉戒純一裁判官)で開かれる。

2月に逮捕されて以降、公の場に姿を見せるのは初めてで、発言が注目される。

公判に弁護側の情状証人として出廷する野球評論家の佐々木主浩氏(48)は周囲に、更生の第一歩として「まず入れ墨を消すべき」と話している。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160517-00000000-spnannex-base

やっと少し真相がわかって来るでしょうか?

スポンサードリンク

厚生の条件

これだけの大スター、良くも悪くも今度が注目されますが、

厚生の条件に「入れ墨を消す」事を挙げる方 多数。

ま、そうですよね!

いくら「タトゥー」が少し市民権を得たと言っても

あくまで「外国人のタトゥー」であって、

日本人で一部のアーティストでもない限り

「刺青(タトゥー)」は まだまだ反社会的な行為に過ぎませんからね。

これから 

清原和博被告が公の場で仕事をしていくのなら、

「刺青(タトゥー)除去」は大前提でしょうね?

また清原和博被告の刺青はタトゥーではなく

「その関係の人が入れる入れ墨」で

これを除去するには 時間とお金や苦痛が伴うでしょう。

ScreenShot_20160517095131

 

入れ墨 除去 方法や値段

入れ墨除去には大まかに4種類の方法があるようです。

ただ 

完璧に消すことは 

大きくなればなるほど容易ではないようです。

方法

【1】レーザー 

黒や青の一色の場合や、色の濃い箇所に反応しやすいのがレーザー。
繰り返し照射することで、徐々に色が薄くなっていきます。

 

【2】切除縫縮

 皮膚を切って縫える大きさのものは、
一本の傷にすることができます。

 

【3】剥削

広範囲のものや、

レーザーに反応しにくい赤や黄色の入れ墨は、

皮膚の表面を削ります。

 

それでも取りきれずに残った色は、

レーザーで消していきます 

 

【4】皮膚移植

 

傷跡が目立たない太ももや背中などから皮膚を切り取り、

その皮膚を移植して入れ墨部分をふさぎます。

剥削の後に、

より皮膚表面を自然に整えるために行うこともできます。

 

値段

【1】レーザー

1cm×1cm \10,000

線状の入れ墨の場合 

1cm \10,000

【2】切除縫縮

顔面以外の入れ墨を単純に縫合する場合の目安 

1cm \25,000

【3】剥削

ハガキ大サイズ

\500,000

【4】皮膚移植

ハガキ大サイズ

\600,000

美容整形の「高須クリニック」から引用させていただきました。

清原被告の除去の値段

清原和博被告の

入れ墨がどのくらいの大きさは分かりませんが

少なく見積もっても「数百万」にはなるでしょうね?

スポンサードリンク

入れ墨除去 の 現実

「カッコイイから」「自分を変えるための誓いとして」など、様々な理由でタトゥー愛好者が増えている

一方で、実は入れたタトゥーを消したいと思っている人も少なくありません

ある統計では

タトゥーを入れた3人に1人が消したいと思っているという

結果が出ているほどです。

しかし、

一度入れてしまったタトゥーを消すことは容易なことではありません。

一般的に

タトゥーは、入れるときよりも消すときの方

時間・費用がかかるうえ、

タトゥー除去を行う際に傷跡を残さないのは不可能とされています。

引用:http://www.skincare-univ.com/article/009773/

最後に

一時期の興味で

「刺青(タトゥー)」を入れるには 

大きな代償を払う勇気があるか?

と、言う事ですね?

最近若い子が興味本位で入れ 

その後 入れ墨(タトゥー)を消そうと思っても、

簡単には消せないし時間・お金・苦痛を伴い、

それでも完璧には消えない!

入れるときの数倍 「時間・お金・苦痛」が掛かる

と言う現実!

早く「清原和博被告」が更生し 

社会復帰する時をファンみんな待ってます。

大変ですが

まずその第一歩の「入れ墨(タトゥー)除去」して 

復帰してほしいですね。

待ってます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事はいかがでしたでしょうか?
気に入って頂けましたら下にあります
ソーシャルメディアボタンからシャアして
いただけましたら大変はげみになります。(^^♪

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする