2016/10/23

本谷有希子が可愛い芥川賞作家!結婚や性格とTwitterを公開!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ScreenShot_20160521100752

 

芥川受賞者の「本谷有希子」

こんど日曜アサの

「ボクらの時代」
2016年5月22日(日) 7時00分に

若林正恭×本谷有希子×村田沙耶香が出演しますね。

みんなどんな関係なんですかね?

 

 

 

気になったのでその中の1人

芥川受賞者の「本谷有希子」を紹介したいと思います。

 

すると 意外や意外な事が・・・

 

スポンサードリンク

 

プロフィール

 

本谷 有希子(もとや ゆきこ、1979年7月14日 – )

日本の劇作家、小説家。

演出家、女優、声優なども兼ねる。

石川県出身。

「劇団、本谷有希子」主宰。

ScreenShot_20160521093318

 

 

見かけ・性格

ScreenShot_20160521093248

 

 

ホント見かけは「可愛い

これで 文才があり、劇団も!

 

と思って調べていくうちに何とこの「本谷有希子」さん 

とんでもない性格

人のようです。

 

まず

劇団を立ち上げるのに「祖母」をパトロンのように

お金を出させ、

劇団員へのギャラはなんと0円。

 

しかも、

本谷は「何であげなきゃいけないの?」

とまで言い放っている。

 

祖母に金銭を出してもらうのは当然!

なんか「スネかじりの甘ったれ!」にしか見えない。

 

ま、でも歴代の有名な作家や芸術家は

結構「パトロン」に養ってもらってたって人、

沢山いるんで 

そんなアーティスト気質な人達は 「これが当たり前」なんでしょうかね?

 

真面目に働いている方からすると

「なんか釈然としない」んですけど・・・

 

その「キチク」っぷりは、稽古の時にも遺憾なく発揮。スパルタ過ぎる演出で役者が血尿出したり、円形脱毛症で髪が抜けたりするのはザラ。しごきまくった俳優に「しんどくて電車に飛び込みそうになりました」と言われたことまであると言う。ただ、そのような言葉を受けて反省するかと言えばそんなことはない彼女にとって役者は「人」でなく「モノ」。「最初、役者を人として見てないんだよね。演出家って嫌な人多いのかも(笑)」と恐ろしい発言も残している。

そんな本谷も最近は「感謝が分かってきた」らしく、今の自分と怖かった頃の自分が「自分の中でつながらない」という。そして、「でも、演出家としては、人のことを一切考えなかった頃、好き勝手わがまま言ってまわりを振り回していた時の方が、よかったかもしれないと思うこともある」と感想を語る本谷。

「演出家たるもの、役者やスタッフに『殺してやりたい!』って思われるくらい横暴じゃないとね、って思うことはあります」

 いや、編集者に聞くと、本谷さん、小説家としては「かなりメンドくさい」という評判

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/11083386/

感想

ScreenShot_20160521093232

 

「いやーーー!」って叫びたくなる人だね。

 

キレイで近づいたら一杯トゲだらけ

バラのような人:本谷有希子

 

でも 作家や演出家で良かったような?

 

怖いよ・・・

「役者を人として見てないでスパルタでしごく」

って

「一歩間違えると犯罪者?」

 

ここに微妙なラインがあるんじゃないの??

 

でも 私の周りにいなくてヨカった。

変に見込まれたら大変ですね_? ((+_+))

 

スポンサードリンク

 

 

芥川受賞

 

2016年、小説『異類婚姻譚』で第154回芥川龍之介賞受賞。

 

代表作

『幸せ最高ありがとうマジで!』(2009年・戯曲)

 

結婚

御徒町 凧(おかちまち かいと、1977年5月18日 – )

東京都出身の詩人、作詞家。

 

ScreenShot_20160521091426

(もちろん左):右は「森山直太朗」

 

本名:菅原径。

ニックネームは「かっくん」。

シンガーソングライター森山直太朗の作詞共作者として知られる。
妻は劇作家、女優の本谷有希子(2013年5月7日結婚)

 

動画

芥川賞の動画

 

Twitter・ツイッター

https://twitter.com/genkokuai/status/733640905723256832

https://twitter.com/kaitubuchan/status/730039055480541185

最後に

なんか 

調べていくうちに不思議な「魅力」の女性である人が、

作品(小説・演劇)を創作する人達なんだろうと思えて

納得出来たような・出来ないような、

 

すごくモヤモヤした感じです。

 

作品としては、

「理解出来る人」「共感」できる人は

 スゴク面白いのかなと思いますが、

少しでも何か「?マーク」が出てくると

「理解不可能」な作品じゃないかと!

 

そんな作品も賛否両論のようですし、

「読みたいような読みたくないような・・・」

 

こんどのテレビでもう少し探って見れて興味が出てきたら、

読んでみよーかと??

 

なんか不思議な人でした。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事はいかがでしたでしょうか?
気に入って頂けましたら下にあります
ソーシャルメディアボタンからシャアして
いただけましたら大変はげみになります。(^^♪

スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© バブル世代の気になる日記! , 2016 All Rights Reserved.