電子コミック「漫画onWeb」で3億円!漫画のタイトルや内容と作家を暴露!

ScreenShot_20160528124613

電子コミック「11円」セールで売り上げ3億円超 

トップ作家に印税1億3000万円 「常識打ち破る数字」

そんな 身近になるつつある

「電子コミック」を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

「漫画onWeb」

ScreenShot_20160528115927


ScreenShot_20160528115905

「漫画onWeb」は、漫画の発展・作家のサポートを
目的とした数々のサービスを、
オンラインを通じて提供していくサイトです。

今回 セールで電子コミック131冊を各11円で販売し、3億売りあげた。って。

500円で販売してるコミックなら「60万冊」売った計算なんで凄い!

そんなサイトのランキング

ScreenShot_20160528173857

 電子コミック販売サイト「漫画onWeb」や電子書籍取次サービス「電書バト」などを運営する漫画家の佐藤秀峰さんは、2月に伝書バトが実施した、電子コミック131冊を各11円で販売するセールの効果で、2月の売り上げ総額が3億円を超えたことを明らかにした。

売り上げトップだった佐藤さん本人には、

1億3000万円以上の印税が入ったという。


出版不況の中、この結果が「すべての漫画家の希望となることを願っている」としている。

ScreenShot_20160527223522

漫画家の佐藤秀峰

こちらの「漫画家の佐藤秀峰」は 

伊藤英明主演の映画にもなった「海猿」の原作者。

他にも若手医者も描いた「ブラックジャックによろしく」も書いた人ですね。

で この漫画家の佐藤秀峰さんは 

現在のマンガ業界の印税や出版関係にご不満のようで、

以前から「ブラックジャックによろしく」を無料で公開したりしていた。

ま、業界の異端児ですね。(笑)

でも 

なかなかやれるもんじゃ無いですよ。

だって今までは「出版社」で採用され 晴れて雑誌に掲載されても

少し読者の反応が悪いと「出版社」から内容や結末の変更などで 

「出版社」と一緒に作っていく!


で 実際はなかなか 

自分のやりたい事を書いたり出来る人は少数じゃないですか?

そんないろんな事があり大ヒットの「海猿」シリーズも

テレビ(フジテレビ)側と「佐藤秀峰」の方で揉めて

あえなく続編が作られない状態へ。

(今はフジが謝罪し、白紙の状態?)

そんなことがあり 

「佐藤秀峰」さんは ご自身で

ネットで自由なマンガの表現で 

電子コミック販売サイト「漫画onWeb」を運営されて 

若手や雑誌社でデビュー出来ない方への 

登竜門的なサイトで 作品を公開してます。

「自由な表現や価格」で読者へ販売出来る 

反面 

逆に言えば 一切の責任は自分で

「だれも一切干渉しない」

雑誌社だったら売れるように「こうしたほうがイイ!」などと

助言してくれるかもしれないが。。。

スポンサードリンク

実際は?


実際 今回 雑誌を「 11円 」で販売し、3億円売り上げる!ってありますが 

その殆どをサイトの運営する「漫画家の佐藤秀峰」が ほぼ売上げ !

次点の2位の人でも「1890万」から順に下がり

10位時点ではもはや「16万」


やっぱり現実はなかなか厳しいッて感じですね。

ま、それでも 

雑誌社に採用され出版されなければ

「漫画家」として活動出来ないわけですから

僅かとは言え「売上げ」があるというのは

評価出来るんでしょう。

最後に

このシステムをいかに 

消費者へ浸透させ、売上を上げる事ができれば、

私達 消費者も 

もっと安価に漫画や雑誌を読めるようになるとイイですね。

いま ネットで「読み放題」なんかはありますが、

読み放題は「昔の作品」がほとんどで

雑誌でリアルタイムの「漫画」とかは 紙媒体とほぼ同じ値段で 

「ダウンロード版」が売られているのは納得いかないですよね?

なぜ 

印刷や販売もしなくていい「ダウンロード版」が同じ値段なの?

せめて

半額ぐらいで販売してくれないと!?

今回も大幅値下げのセールによってみんなが購入してるので、

今のダウンロード形体の「電子コミック」は高すぎる。

ッテ事じゃないですか? 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事はいかがでしたでしょうか?
気に入って頂けましたら下にあります
ソーシャルメディアボタンからシャアして
いただけましたら大変はげみになります。(^^♪

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする