時給910円は安いのか?ネットの声を公開!地方はもっと悲惨だ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ScreenShot_20160628105848

いまネットで「時給910円」が話題です。

何が問題??

 

スポンサードリンク

 

確かに メディアや政府なんかは

「アベノミクス」で景気がよくなってる!って

言うけど、

実際に実感できる人はどれくらい?

 

そんな疑問から 「時給910円」の記事が?

そんな「時給910円」を紹介したいと思います。

 

 

 

地域別最低賃金

ちなみに地域別最低賃金

最低700円弱~最高905円。

 

やっぱり 東京は高いですね!

 

これを見てどう思う?

 

39歳の男性

 

「貧困のスパイラルから抜け出せないという39歳男性」

東京都内にあるそば店の厨房で働くタカシさん(39歳、仮名)の1日は、1錠の精神安定剤を飲むことから始まる。

「いろいろ言われたときに、心がかきむしられるような気持ちになるのを抑えるためです」

有給休暇や社会保険、雇用保険がなかったので、指摘すると「うちにはそういう制度はありません」と返された。有休も社会保険も法律で決められた制度だ。「ない」などという答えはありえない。

 

引用:http://toyokeizai.net/articles/-/124366

 

「う~ん!?」

私は大手の会社で働いた事が無いので逆にこの発言を見て

「羨ましく思った!」

 

この38歳の男性は今まで当たり前

有休も社会保険」もある会社で働けていたんだな?

って!

 

 

有給も社会保険も無い処は沢山ある!ッテ事です!

 

今では「ブラック企業」なんて言う言葉があるが、

ほんの20年ほど前までは、そんなの当たり前!

(ブラック企業を推奨してる訳では無いです。)

 

今の制度がイイのか? 悪いのか? 分かんない!

 

今は勝者にはイイ世界だが、弱者には厳しい世界!

 

でも考えようにようによっては資本主義に形かも。

 

成功者には富が!

それ以下には「それなり!」

 

話も元に戻りますが、

「38歳の男性」は 現在「飲食店でバイト」

以前は新卒で

「東京農大を卒業、外資系の消費者金融に就職(「斜陽産業ばかり選んできた」)」

 

その外資系の会社がイヤになり 派遣・・「今 バイト」

元々外資系の会社を選んだ次点で「実力主義=高給」それがイヤで辞めた!?

 

初めは何だろうと読んでましたが・・・

何か「38歳男性」の言ってる事が・・・・

「不満だけを言ってるだけ」にしか聞こえない。

 

 

中にはもっと

大変な環境で頑張っている人も沢山いるように思うが???

 

特に地方は「時給910円」って事でさえ 羨ましい環境です。

確かに「東京と地方」の物価は違うが・・・

 

 

 

「貧困のスパイラルから抜け出せないという39歳男性」

何と最後に私から見たらオチにしか聞こえない事が・・・

 

なんとこの男性 結婚はしていないが「子供がいる」

まして 今度は「2人目が生まれる??」

 

今 結婚してても2人の給料では

子供が欲しいが・・・」って人は

沢山います。

 

何故か?

 

夫婦共働きでやっと生活出来ているのが

「子供が出来ても」

男性1人だけの給料だけでは生活できないのが

解ってるので・・・・

 

子どもたちのためにも、精神安定剤に頼りながら働くくらいなら、転職すればいいと言う人もいるかもしれない。しかし、タカシさんは穏やかな口調のまま、こう言うのだ。

スポンサードリンク

決着をつけたいんです。こんな会社を社会からひとつでも減らしたい」。ここまで非正規労働者を増やしながら、ルールを守らない経営者や企業を野放しにしてきたのはいったい誰なのか。理不尽な社会の仕組みに翻弄され続けてきたタカシさんの意地でもある。

このタカシさんが好きに戦っているようなので

「イイんじゃないの?」

 

でも最後までカッコよく戦ってください。

社会に甘えずに!(ちょっと厳しいですが・・)

 

ネットの声

いろんな意見があるようです?

年代なんでしょうか?

 

https://twitter.com/t_h_fz400/status/747592454942003203

https://twitter.com/LHPP_/status/747585392589692929

https://twitter.com/wiz1129/status/747591459646279680

最後に

なんか複雑な記事でした。

 

今の世の中、みんな思っているし、変えなきゃいけない問題!

でも 変わらない世の中!

 

そんな世の中に1ッ票を投じて変えていくしかないですね!

 

 

スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© バブル世代の気になる日記! , 2016 All Rights Reserved.