フジゼミの藤岡克義が凄い!普通の塾との違いを暴露!場所や授業料も公開!


いつも楽しみに見てる番組!

ザ・ノンフィクションに「広島県福山市にある小さな学習塾

「フジゼミ」の塾長・藤岡克義」が出演!

スポンサードリンク

何が普通の塾と違うのか?

そんな違いを紹介したいと思います。

プロフィール

藤岡克義 40才

広島県福山市

ScreenShot_20160707154925

ケンカで一年で高校を中退。

ゲーム喫茶で働くがオーナーの一言で一念発起して

國學院大學に入学

大林組に就職。

ScreenShot_20160707155606

「昔 悪かったんです」パターンですね。(笑)

私は「昔○○」は嫌いなんですけど、、

こんな私でも出来たんで塾生に「出来る!」って事を体験させたい」って所は

イイんじゃないですかね?

「フジゼミ」って?

塾長の「藤岡克義」40才が お姉さんの協力で「フジゼミ」を開講した。

ホームページ

こんな本も書いてるんですね?

大切なのは「つまずき寄り道回り道」 小さな塾「フジゼミ」塾長と生徒たちの昨日、今日、明日

場所

授業料

大学受験の場合は約 総額70万弱。 (月計算 約6万)

これがもはや安いのか高いのか分かんないが、目的達成できれば安いが!

安くても合格出来無きれば高く感じるのかな?

とにかく受験は1年に1回のチャンスだと思うと

少し高くても合格のチャンスが高い方がいいのか?

でも こちらの塾のように、やや現役生が受けるより、

一回 世間の荒波に揉まれ、俗に言う「落ちこぼれ」の人が

それでも「学校の卒業資格が欲しい」と思ってる人の方が

やる気は出やすいかも??

内容

「落ちこぼれ」の人が多いので「基礎の基礎から、やり直す」タイプの塾みたいですね。

でも いろんな塾が有ってイイんじゃないの?

もうこれぐらい知ってて当然!

なんて感じで進められたら、

せっかく塾に来て勉強をやろうと思ってても、やる気なくなるもんね!

なので、いろんなレベルの人によってレベルに合う塾が有るのは大変イイ事だと思う。

勉強は中々 現役の時はやりたくないけど、

不思議と卒業すると「勉強」しなきゃいけなかったり、したくなるもん。

今思えば よくある

あの時に・・・「タラれば・・・」

なので現役の学生さんは

大変だけど今を頑張って欲しいですね!

ホームルーム

ScreenShot_20160707154752

週に一度の ホームルーム。全員必修の授業

大学受験の目的をハッキリ自覚させる為

一番は?

本人に「ワクワク」させる。

ここに(志望校)「受かったら?」・・・

明るい未来を想像させて「やる気」を出させる。

やっぱ何でも

「気持ち次第!=やる気!」

みんな知ってる事だけど、

みんな「体験して知ってる人は少ない!

ScreenShot_20160707161120

遊びでもなんでも好きな事は「ワクワク」する。

いかに勉強にワクワクし、興味を持つか?

普通の塾のように

「ガンバレ!」 「出来る!」

なんてことは

言わないようです。

あくまで自分で考え

自分の意志で「何故、受験するのか?」を明確にして

やる気を出す。

スポンサードリンク

最後に

やっぱり 現役に学生を卒業してからの「勉強」は大変だと思います。

しかし、

逆に言えば 仕事をしないで卒業してから塾で

「勉強に専念できる」環境は羨ましいですね。

たぶん、

社会人の人の中には大学に行かなくて社会に出て会社で働いている人も一杯いるが、

そんな人たちは、

現状、またやり直して大学に行きたいと思っても

「フジゼミ」みたいな塾に働かないで「勉強だけ」できる環境が作れる人は

少数だと思うけど。

これから 働きながら大学を目指す人の方が圧倒的に多いんじゃないかと・・・

そんなんで「タラれば」じゃないが、大学に行こう思もうなら、

やっぱり学生の時にちゃんとやってた方がどれだけ効率的にいいのか?

そんな事をまた思い出させてくれる番組でした。

いつでも何かに挑戦する気持ちは、

忘れないようにしないといけないですね!

今の私の目標はこのブログを続けると決めたので

「やり続ける!」って事を挑戦し続けます。

このブログもアラフィフから始めたんで

もっと早く始めてればって思った次第です。

でも

諦めないで続ければ失敗では無い!

そんな事を思いながら見た番組でした。

貴方は何をおもいましたか?


最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事はいかがでしたでしょうか?

気に入って頂けましたら下にあります
ソーシャルメディアボタンからシャアして
いただけましたら大変はげみになります。(^^♪

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする