2017/08/31

飛鳥凛がホワイトリリーでポルノ!画像やブログとTwitterを公開!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

飛鳥凛が、

ホワイトリリーでポルノ(初ヌード)に挑戦と話題です。。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

プロフィール

ScreenShot_20160814091105

飛鳥 凛:あすか りん

生年月日 1991年3月28日(25歳)
大阪府
身長 166 cm
血液型 A型
職業 女優、タレント

 

エイベックス・ヴァンガード所属。

 

 

ブログ

 

飛鳥凛オフィシャルブログ「Diary」Powered by Ameba

2013年より ブログは更新ストップみたいですね?

そのかわりTwitterが盛んです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

Twitter

 

飛鳥凛

@rrrrrin_0328

 

 

 

実は「S」

 

作品ではMを演じていたが、

実生活では「Sだと思います。何でも自分で決めたがる」

と告白。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00000036-sanspo-movi

 

 

 

「Sか?」

Sの人はMをやるのは苦痛なんじゃ??

 

でも、案外目覚めちゃったりして・・・(^^)/

 

 

動画・画像

 

 

 

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

口裂け女2 [ 飛鳥凛 ]
価格:4568円(税込、送料無料) (2016/8/14時点)

 

ScreenShot_20160814085314

 

ScreenShot_20160814085209

 

 

 

ホワイトリリー

中田秀夫監督作品のタイトルが「ホワイトリリー」に決定した。

主演に抜てきされたのは、「仮面ライダーW」の人気アイドル・園咲若菜役で人気を博し、ドラマ「そして、誰もいなくなった」などに出演する飛鳥凛。

初めてヌードを披露する飛鳥は、不退転の覚悟を胸に秘め撮影に挑んだ。

 

 

今のビデオ世代の子には、

このロマンポルノの世界観はどんな風に見えるんでしょうか?(笑)

 

 

飛鳥凛について
ロマンポルノの主演女優には、まずルックスの美しさが必要です。飛鳥さんはただ美しいだけでなく、現代的な女性の空気感を纏っており、さらにこの役を絶対に掴み取るんだという強い意志を感じる瞳が印象的でした。オーディションで初めて会った時に主人公のはるかは、彼女以外に考えられないと感じたのを覚えています。レズビアンの女性という難しい役どころ、そして初めてラブシーンを演じるということで戸惑いもあったかと思いますが、はるかの持つ傷つきやすさや一途さ、激しさを飛鳥さん自身がもつ素質を活かして演じ切ることで、現代女性としての心の震えを繊細に表現してもらえたと思っています。

 

スポンサードリンク

 

 

確かに仮面ライダーWに出演した透明感があり

今、ノリにノッテル感じの「飛鳥凛」さんが

ラブシーンを演じるという事に意味があるんでしょう。

 

ScreenShot_20160813092553

 

なんと彼女は引退覚悟で作品に挑んだとあります。

(でも今「門脇麦ちゃん」のように

これからの女優さんも脱いでる時代なんじゃないかな?

これから、ますます飛躍しそうだけど?)

 

 

以前もポルノ出身で有名な「女優さん」になった人たち

が多数いるので心配いらないと思いますよ!

ましてや作品なんだし!

 

中田 秀夫 監督

 

ScreenShot_20160814090602

岡山県浅口郡金光町(現・浅口市)出身。金光学園高等学校卒業。1980年、東京大学理科1類に入学し工学部応用物理学科に進学が内定していたが、進路を変更し教養学部アジア学科卒業。在学中に蓮實重彦の映画ゼミに参加し、大きな影響を受ける。

1985年に、にっかつ撮影所に入社。

助監督を経て、1992年に『本当にあった怖い話』で監督デビュー。

 

1998年に発表した『リング』が大ヒット。

現在では黒沢清や清水崇らと並ぶ、

Jホラー(ジャパニーズホラー)の代表の一人と目されている。

 

『リング』の監督さんだったんだね?

ポルノとホラー? なんか結びつかないようで接点が有るのかな?

 

 

「日活ロマンポルノ」のリブートプロジェクト

 

 

おじさん達にはなじみが深い「日活ロマンポルノ」の作品で、

「日活ロマンポルノ」のリブートプロジェクトと言う1971~88年に製作され、一定のルールの中で撮影するという特質を有した同レーベル。

「10分に1回絡みのシーンを作る」

「「70~80分前後の上映時間」

「全作品が同じ製作費」

「撮影期間が1週間程度」

という条件のもと、17年間に約1100作品が継続して公開

そう言うルールがあったんですね?

 

 

 

昔はビデオも無い時代・映画館まで見にいってしか見れない物だったんですよね?

今思うとフシギ!

 

 

ネットの声

 

みんな「ビックリ?」してるようですね?

 

 

 

 

最後に

清純派の女優さんがドンドン意欲的に

「ヌード」に挑戦してくれるのは大歓迎です。(^^)/

 

海外のハリウッドスターも

作品に必要とあらば、ヌードもいとわない!

 

そんな大きな

女優さんになってください。

 

応援してます。

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事はいかがでしたでしょうか?

気に入って頂けましたら下にあります
ソーシャルメディアボタンからシャアして
いただけましたら大変はげみになります。(^^♪

 

スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© バブル世代の気になる日記! , 2016 All Rights Reserved.