KFC・ケンタッキーの骨がヤバい!調理方法でラーメン・シチューに公開!

ScreenShot_20160907160919

マイスターって方が ケンタッキーの

「食べ方」や「残りの骨」などの利用方法も紹介して話題です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

推奨調理法はラーメン、シチュー

世界でたった2人しかいない
「オリジナル・レサピー・チキン マイスター」(ORマイスター)と
呼ばれるプロフェッショナルの
笠原一樹氏と羽鳥裕昭氏に、部位ごとの特徴をきいた。
【キール(胸)】やわらかく、あっさり
【ウイング(手羽)】コラーゲン豊富で濃厚
【リブ(あばら)】骨まわりの肉に旨みが凝縮
【サイ(腰)】プリプリした食感が醍醐味
【ドラム(脚)】鉄分が多く、ジューシー

食べ方


「紙で包まず手づかみでかぶりつくのが正統派の味わい方。」

ウイングなど部位によっては先に骨を外すと食べやすくなります。
リブの小骨は味が染みて、しゃぶりつくと最高においしい。
食べやすいよう、独自のカットと店舗の仕込みを工夫しています」(笠原、羽鳥両氏)


 KFCのオリジナルチキンは、残った骨も捨てるなかれ
骨までしっかり染みこんだ11種類のハーブ&スパイスの風味が、
和洋中様々な料理とマッチします」(笠原、羽鳥両氏)

調理方法は?

【ラーメン】
 骨を水を張った鍋に入れ、コトコト1時間ほど煮てダシをとる。
スープの味付けはシンプルに塩胡椒か醤油で。
「骨だけでなく、衣も一緒に煮込むのがミソ。
塩味や旨みが溶け出し、グッと味が深まります。
ダシは親子丼の割り下にも◎。親子丼の具にするにはサイが一番合いますね」(笠原氏)


【シチュー】
 割いたチキンで作るホワイトシチュー。
「クリーミーなシチューをスパイシーにアレンジ。部位はキールがオススメです」(羽鳥氏)


【炒飯】
 チキンの肉を細かく割いて、刻み野菜とご飯を炒めるだけ。
味付けは、パラパラッと塩を振るくらいで十分とか。
何かこれが一番 簡単で美味しそう???

※週刊ポスト2016年9月9日号

感想

ほんと?
ッテ感じですが
ま、味がついたお肉・骨と考えれば 納得いくけど?
なんか今まで普通に食べてたケンタッキー!
骨なんか気にもしてなかったけど、一回試してみるかも?
でもなんか面倒な気もする・・・・
なんせ男の料理は気分なんで・・・・(笑)
材料をそろえたりするのが気分が乗っていいんだけど、
余りモノ感がある「肉や骨」は よほど気分が乗らないとダメだな?
簡単にスープとかならイイかも?
でもウマい前提ですが・・・・・・???
プロの方が作るのと、素人が作るのは違うんで・・
貴方なら 試してみますか?
誰か教えて!

ネットの声

最後に

いろんなマイスターがいて、いろんな事を考えていらっしゃるんですね?

でも 今回 普通に食べた方イイと思っていたケンタッキーに

意外な利用方法があったッテ「目から鱗」です。

まだまだ気づかなかった事などあるんだと再認識しました。

忘れなかったら試してみたいと思います。(笑)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする