2017/09/03

小林幸司イタリアンシェフの銀座の店や値段を公開!ザ・ノンフィクションへ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

screenshot_20160909121958

 

私が好きな番組「ザ・ノンフィクション」に

超天才シェフの小林幸司さんが登場します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

最近 軽井沢の店を閉めて、銀座に「出店」したようですが・・・・

なにやら「いろんな問題が」・・・

 

そんな「シェフの小林幸司さん」を紹介したいと思います。

 

プロフィール

 

 

「ふざけるな。俺をなめるんじゃねぇ!」

およそ料理人の言葉とは思えない過激な発言。(^_^;)

 

小林幸司 (イタリア料理人)(57歳)
1958年9月14日生 / 愛知県出身 / O型

 

イタリアンの鬼才と呼ばれる、孤高の料理人

 

引用:ノンフィクションより

 

screenshot_20160909121441

 

 

大学在学中に調理師免許を取得し、

26歳でイタリア料理店を開店し人気を博すも3年後に閉店。

 

89年に渡伊し、シエナの料理学校を経て、

イタリア最高峰の名店「リストランテ・ヴィッサーニ」に入店。

 

独創性の高い料理を学び、料理長に抜擢されるも91年に帰国。

その後、西麻布・銀座のリストランテでシェフを務め、

02年「Fogliolina della Porta Fortuna/フォリオリーナ  デッラ ポルタ フォルトゥーナ」を開店。

 

09年には同店をトラットリア

「Antica Trattoria Nostalgica/アンティーカ トラット―リア ノスタルジーカ」と

して新装。

 

11年1月に軽井沢にて

「Fogliolina della Porta Fortuna/フォリオリーナ デッラ ポルタ フォルトゥーナ」

を再生。

 

15年8月に「Ristorante F effe/リストランテ エッフェ」を銀座にて開店。

引用:http://www.ristoranteeffe.jp/

 

 

 

お店

 

screenshot_20160909112818

 

http://www.ristoranteeffe.jp/

 

03-6228-6206

東京都中央区銀座2-4-6銀座Velvia館8F 
受付時間:12:00-14:30 13:30(L.O)
17:30-22:00 21:00(L.O)
年中無休

 

さぞ

銀座なんで、

お高いのかと思いきや「思ったより高く」無かった。(笑)

でも中々 予約は取れないでしょうね?

 

値段

昼食:3000円(税抜き)

夕食:5800円 or 10,000円(税抜き)

 

詳しくはコチラから

 

銀座に出店

 

番組の紹介で

「銀座にハレの食事ができるレストランが今あると思えない!」

もう一つ理由がある。

「それは若い料理人を育てること。」

 

以前は

「料理人の奥さんと二人三脚」でお店をやってたみたいですが・・

スポンサードリンク

 

この思い付きで「銀座」に出てきて思わぬハプニングが起こるようです。。。

 

若手の育成!

 

これはもう「育てる側:雇い主」と「育てられる側:若手料理人」の

考え方が真っ向から違うんだと思いますね?

 

これは何も職人の世界だけでは無く「一般的な会社」も同じなんでしょうけど?

 

  • 育てる側:雇い主教えてやってる!
日本のイタリア料理界を盛り立てる人材に育てます。

 

  • 「育てられる側:若手料理人」従業員

いくら教えてもらってても

「休み」「就業時間」「給与」などは妥協しない!

 

ってアラフィフ世代の私は思いますが・・・

 

 

何も若い子に

昔のように

「残業代も出ない」

「給与も少ない」

「休みも取れない」ような

修行時代を過ごせとは言わないが・・・

(今だったらブラック企業って言われますね(笑))

 

ただ

他の人より技術を磨こうと思えば

「人のやらない事」をやらなきゃいけないよね?

 

それを

自主的にやるか? 

やらされるか?

 

やらされても、絶対「覚えないと思うけど?」

 

なんでも 目先の事ばかり考えずに、

数年後を考え行動したいものです。。。

(これは私アラフィフ世代も「同じ」じゃないかと???)

 

ネットの書き込み

 

料理:

いくら美味しくても、

全員が納得できる料理は存在しないんじゃないの?

 

 

何故なら、

お店では無く「一般の家庭」など振る舞いを受けた場合

 

金銭関係がない料理などは、

多少「まずく:口にわわなくても」

むげに「この料理はまずい:ダメ」なんて人は、

少ないと思うけど?

 

 

これが一端、金銭が絡む「お店」でも料理になると、

料理だけでは無く、

「接客」

「値段」

「もちろん料理」

「店の雰囲気:他のお客との兼ね合い」など

色んな要素が絡み合ってくるので、

いくら「美味しい料理」が出てきても、

それを上回る「不の要素」があれば

ただちに お店全体の「評価」に繋がる

 

ましてや最近は5段階評価で

内容も書かず「★」を付けられたら、

店を知らない人は、それだけで「先入観」が悪くなってしまう。

 

 

でも良くも悪くも小林幸司シェフが有名になったのも

「情熱大陸」と言うメディアがあった故?

 

ただ 一部の悪い評判に右往左往する必要は無いんじゃないでしょうか?

(経営に関わる事体なら問題ですが・・)

それ以外の事なら

それ以外の他の「満足してるお客」がお店の事は、よく知っていますよ!

(ま、嫌な書き込みは気分的にイヤですが・・・しょうがない)

 

最後に

移ろいゆく客の心。理想と現実の狭間で格闘するイタリアンの鬼才の1年を見つめた。

なんか

見てみたいが「また憂鬱」になるんじゃないかと心配してます。

同じ世代の方がガンバってるのを見て・・・

 

何か前向きになれる材料を見つけたいと思いますね!

 

楽しみです。(^^)/

 

 

 

 

スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© バブル世代の気になる日記! , 2016 All Rights Reserved.