吉椿雅道・国際災害ボランティアって?仕事・家族は?

「プロフェッショナル 仕事の流儀」

ScreenShot_20160226185526

で今回

国際災害ボランティア・

吉椿 雅道

(よしつばき まさみち)さんが出演されます。

スポンサードリンク

仕事

ボランティアで

世界の政府の支援の届きにくい地域に
積極的に行って支援されてるようです。

CODE海外災害援助市民センター

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災で、KOBE(阪神・淡路大震災のすべての被災地を指します)は世界70余りの国々から支援を受けました。その後「困ったときはお互い様」の想いから、世界各地の災害を支援しようと市民による救援活動が活発化してきました。

KOBEの経験と知見を活かし、幅広い智恵や能力をもつ企業、行政、国際機関、研究機関、NGOなどを含めた市民の集まる場として2002年1月17日にNPO法人として発足したのがCODE海外災害援助市民センターです。

CODEは前身となる阪神大震災地元NGO救援連絡会議の時期も含め、これまで51回の救援活動を行ってきました。「最後のひとりまで」の理念を胸に、「寄り添いからつながりへ」人間復興となる救援を実践しています。

ScreenShot_20160226181053

ScreenShot_20160226181112

ScreenShot_20160226181222

現在も アフガニスタン・中国 等 いろんな国で活動されています。

プロフィール

CODE事務局長

1968年生まれの 48歳 (2016年)

中越水害で行動を共にした「斉藤容子さんと結婚」

奥さんも ボランティアをされる素敵な方のようです。

スポンサードリンク

何故?

なんで

政府は金銭の支援はするが、

こういうホントの支援はしないのだろうか?

民間が出来る範囲は限られていると思うが??
自衛隊・消防機関が出向くことはあるが、

長期に当たっての人道支援は無理なのだろうか?

ダメなら資金以外で出来ない事はないのだろうか?

本当に支援が必要な国の、

本当に必要な人たちに支援が行き届かないのが現状だ!

毎回

政府の海外援助の方法には

もっと違ったやり方が出来ないのだろうか?

いつも腹が立つ!

「金銭」だけ援助すればイイだろう?
と言う政府のやり方!
こんなやり方が生けないし、

ダメだと思っている「吉椿」さんのような

人たちが何とかやっている現状でしょう。

ScreenShot_20160226185600

テレビで

テレビでの出演はそんな活動を少しでも知ってもらう事。

いつも 大変な思いをするのは

力が無い「地域」「女性」「子供」など。

このテレビで少しでも多くの方が、現状 活動を知ることが大事だと思う。

震災がある時に真っ先に来てくれる「ボランティア」の方達の

活動をメディアを使って知らせた方がイイ。

気づく人は少ないかも知れないが 少しでもその数が増えるように!

こんか事を書かないでイイ世の中がくるように!

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする