留守でも宅配可能なamazon keyの値段や使い方を紹介!プライム会員向け新サービス

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

「プライム」会員向け新サービス「アマゾン・キー(Amazon Key)」

またまたアメリカで一足先に「プライム会員」向けの新サービスが登場しました。

その名も「アマゾン・キー(Amazon Key)」

 

どこまで「プライム会員」向けの新サービスが登場するか?

もはや入ってないと損するんじゃないかって感じまで行きそう???

 

 

「スマートキーと監視カメラ」を使って留守でも宅配の受取可能なサービスと機器が販売されます。

 

そんなすぐそこまで来てる未来的な紹介したいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

価格・値段

 

新サービスの名称は「アマゾン・キー(Amazon Key)」。

「プライム」会員向けに11月8日から全米の37都市で提供する。

監視カメラ「アマゾン・クラウド・キャム(Amazon Cloud Cam)」やスマートキーを含むキットの価格は250ドル(約2万8000円)。

引用:https://news.yahoo.co.jp/pickup/6258825

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

取り付けもAmazonがやってくれるの??

日本のプライム会員の料金とアメリカでは違うので何とも言えないが・・・(日本の価格は安すぎ!)

 

 

使い方

 

 

配達員が配達先の宅内に入る許可を求めると、

アマゾンがその配達員が不正な者でないか?

指定された場所、時間にいるかを確認した上で、

インターネットを通じて玄関を解錠する。

 

 玄関が解錠されると監視カメラが作動し、宅配の様子を記録する。

配達員にはアクセスコードは与えられない

 

 

解錠があった時は「監視カメラ」で撮影し、スマホで確認できるので安心。

 

配達員の人も「監視カメラ」で撮影されていることが分かっているので、

普通の配達員の人は変な事はしないでしょね?

 

 

 

 

 

最後に

 

少し待てば日本のAmazonでも購入可能になるでしょうね?

 

いま宅配の「不在時での受取出来ない」問題があり、宅配業界の人の負担増に問題があるけど、少しでもこのようなサービスを使えば「使う方も宅配業界」もどちらも品物を迅速に受け取れ便利なサービスじゃないですかね。

 

ぜひサービス開始になったら積極的に利用してみたいと思います。

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© バブル世代の気になる日記! , 2017 All Rights Reserved.