ハロウィンはいつ!?意味や由来(ゆらい)・ 起源を紹介!

 

 

最近、日本では海外の文化も

広まってきていますね。

 

今では、当たり前のようになっている

”クリスマス”も、もともと日本にはなかったもの。

 

今、日本で行われているイベントで

最も熱い!と言っても言い過ぎではないのが

ハロウィンでしょう。

 

街では、仮装した子供や大人が

ハロウィンを楽しんでいますね。

 

 

そんなハロウィンですが、

意味や由来、

そもそもハロウィンはいつなのか

ちゃんと知っている人は少ないのでは?

 

きちんと意味を知ると、

ハロウィンをもっと楽しめるはず!

 

今回は、ハロウィンはいつなのか、

意味や由来(ゆらい)、起源について

調べていきます。

 

 

 

 

 

ハロウィンはいつ!?

 

 

日本でハロウィンが楽しまれるように

なったのは、企業による

『販売促進』

(ハンバイソクシン:すぐに買ってもらうため)

の活動からでした。

 

 

 

日本で一番最初にハロウィンのイベントを

開催したのが、

キデイランド原宿店。

 

1970年代にハロウィングッズの販売を

始めました。

 

そして今や恒例となっている、

”仮装をして街を練り歩く”

というパレードは、

同じくキデイランド原宿店が

1983年に原宿表参道で行った

『ハローハロウィンパンプキンパレード』

が始まりと言われています。

 

 

その後、

1997年に東京ディズニーランドで、

2002年にはユニバーサルスタジオジャパンで

ハロウィンイベントが開催されました。

 

 

こうした若者が多く集まる場所で、

”期間限定”で行われるイベントが

流行していったということなんですね。

 

 

日本では、ハロウィンの時期の

来場やハロウィングッズの販売の為

広まってきたイベントで、

そのイベントは約2カ月ほど

あるんですよね。

 

 

実際は、2カ月間ずーっとハロウィン

ということではないし、

じゃあ一体いつがハロウィンなんだ!

という感じになってきますね。

 

 

そもそもハロウィンとは

いつなのでしょう?

 

ハロウィンは10月31日

なんです。

 

 

ハロウィンはたった1日だけ。

 

それなのに、企業は販売促進のため

長い期間ハロウィンイベントを

やっているので

あれ?いつがハロウィン?

となってしまう人も多いのですね。

 

 

 

ハロウィンの意味は?

 

 

 

そもそもハロウィンとは

一体どういうものなのでしょうか?

 

以前は、子供たちが

近所の家を回って

「トリックオアトリート!」

「お菓子くれなきゃいたずらするぞ!」

と言って、近所の人が用意していた

お菓子をもらうというもの

でしたね。

 

 

最近は、隣に住んでいる人も

知らないというような時代に

なってきて、

子供たちが近所の家に

お菓子をもらいにいっているという

光景も見られなくなってきてます。

 

 

そんな中、大人たちのハロウィンは

年々盛り上がりを増してきて、

好きなキャラクターの仮装をして、

街を歩いてどんちゃん騒ぎ

していますね。

 

 

日常を忘れて、思いっきり

ストレス発散している人も

多いです。

 

 

知らない人とも

自然に仲良くなれる、

そんな不思議な力があるのが

仮装なんですよね。

 

日本でハロウィンというと、

 

  • 仮装する
  • お菓子を食べる
  • かぼちゃのものを食べる
  • パーティーをする

 

といったことが目的になっていますね。

 

 

ハロウィンの本当の意味は何なのでしょう?

 

 

ハロウィンには、

死者の霊が家族を訪ねてくる

と信じられていたのです。

 

 

死者の霊が戻ってくるという考え方は、

日本のお盆に似ていますね。

 

しかし、日本と違っているのは、

訪ねてくるのは、先祖の霊だけでなく、

悪魔や魔女などもいるということ…。

 

 

先祖ならいいけれど、悪魔や魔女は

恐ろしいですね。(^^)

 

そんな悪魔や魔女から

身を守るため

悪魔や魔女と同じ格好に仮装して

仲間だと思わせる

ことで、身を守ったのだそうです。

 

 

そうなると、日本のハロウィンで

かわいい仮装をしている人達は

悪魔や魔女に気づかれてしまう…

ということですね。

これは、大変です!!

 

他には、

悪霊を驚かせて追い払うため

という話もあります。

 

 

本格的なゾンビメイクをしている人たちは

本物の悪霊よりも怖くて

追い払うこともできそうですね。

 

ハロウィンでの仮装が、

 

  • 悪魔や魔女から身を守るため
  • 悪霊を追い払うため

 

の風習だったことに驚きました。

 

仮装は楽しむためではなく、身を守るため

というところが

日本との違いですね。

 

 

ハロウィンの由来(ゆらい)・ 起源

 

ハロウィンの起源とは、

いつなのでしょうか?

 

ハロウィンとは、

古代ケルト人のお祭り

が起源だとされています。

 

ケルト人にとって、

10月31日が1年の終わり

と考えられていました。

そして、この10月31日には

秋の収穫を祝う収穫祭

が行われていたのです。

 

それと同時に行われていたのが、

先祖と共にやってくる悪霊などを

追い払うための仮装だったのです。

 

ケルト人は、後に

キリスト教のカトリック民族に

侵略されてしまいます。

しかし、仮装するという風習は残されました。

 

キリスト教では

11月1日が諸聖人の日

とされています。

 

 

この日を

All Hallow’s Day

といい、全ての聖人と

殉教者( じゅんきょうしゃ:命をかけて信仰を守る人)

を記念する祝日となっています。

 

 

この11月1日の前夜となる10月31日を

All Hallow Eve(諸聖人の日の前夜)

と呼んだことから、

ハロウィンと呼ばれるようになりました。

 

そして、10月31日のハロウィンには

仮装をするという風習が

今でも残っているということなのです。

 

 

まとめ

 

今回は、ハロウィンはいつなのか、

意味や由来(ゆらい)、起源について

調べました。

 

ハロウィンは、

10月31日

のことです。

 

ハロウィンの意味は、

先祖の霊と共に

悪魔や魔女・悪霊が家族を訪ねてくる

と信じられており、それらから

身を守るために仮装する

というもの。

 

ハロウィンの起源は、

古代ケルト人のお祭り

だと言われています。

 

ハロウィンの由来は、

キリスト教の11月1日の諸聖人の日

の前日である10月31日を

All Hallow Eve

(しょせいじんのひ:諸聖人の日の前夜)

と呼んだことからハロウィンとなりました。

 

仮装をするという意味は

身を守ることから楽しむことに

変化していきました。

しかし、昔からの風習が

現在にも伝わっているのは

素敵なことですね。

 

最後までご覧頂き有難うございました。