おでん作りのコツや具と出汁(だし)を紹介!関西・関東・変わり種!

 

おでんの美味しい季節が

やってきましたね!

 

コンビニなどでもおでんが

でてきて、店内が

いい~香りしていますよね。

 

買うつもりがなくても

そのいい香りに誘われて

食べたくなっちゃいます。

 

 

店によってもおでんの出汁の味が

違いますよね。

 

実は地域によって出汁はもちろんのこと、

おでんの具まで違うんですって!

 

自分の住んでいる地域のおでんとは

また一味違ったおでんを

知りたくないですか?

 

今回は、関西や関東の

おでんの具や出汁を紹介し、

変わり種もチェックしていきます!

 

 

 

(おでんの具)

 

 

 

 

おでんの具で絶対外せないものが

誰しもあるはず。

 

私は、ずばり大根です!

 

味が染み込んで、

とろけるほどやわらかくなった

大根は何個でも食べられちゃいます。

 

普段大根を食べられない子供も

なぜかおでんの大根は

喜んで食べるんですよね。

 

おでんの具は様々で

出汁がおいしければ

何を入れてもおいしいんじゃないかなあ

なんて思いますね。

 

それでは早速、関西・関東の

おでんの具をチェックしていきましょう!

 

(関西)

 

関西とは、

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 滋賀県
  • 奈良県
  • 和歌山県

のこと。

 

これらの県で食べられている

おでんの具はどのようなものが

あるのでしょうか。

 

まず

関西で最も人気のおでんの具は

牛スジ串

なんです。

 

やわらか~く煮込まれた牛スジは

絶品ですよね!

 

他にも、

タコ足

も人気なんです。

 

酒のつまみ

のような具が人気なようですね。

 

その他は、

 

  • 大根
  • こんにゃく
  • ちくわ

 

 

などの定番の具が入っています。

 

(関東)

 

関東とは、

  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

これらの県を指しています。

 

関東ではどんな具が

おでんに入っているのでしょうか?

 

関東で人気のおでんの具は、

  • はんぺん
  • ちくわぶ

ということ。

 

 

 

 

ふわふわしていて、

じゅわじゅわ~と出汁が

染み出すような具が

とっても人気なんですね。

 

あれ?そういえば、

先ほど関西の具を

紹介したときに

はんぺんとちくわぶは

ありませんでしたよね。

 

実は、関西では

はんぺんやちくわぶは

おでんの具として

ポピュラーじゃないんです。

 

関西のおでんには

入っていないんですよ。

 

はんぺんやちくわぶのことを

説明しても、

関西の人は

え?それって何?

ってなるみたい!

 

あんなにおいしいものを

知らないなんて

なんだか少しソンしているような

気がしてしまいますが、

関西の人が

関東に行ったときには

ぜひ食べてみてもらいたいですね。

 

(変わり種)

 

変わり種の具は、

普段食べ慣れていない人からしたら

初めは

ギョッ!

とするもの。

 

こんなもの食べるんだ~と

驚いてしまうような

変わり種を紹介しますね。

 

関西では

コロ

というものが

おでんの具として人気なんです。

 

関西じゃない人は、

コロと聞いても

なんのことだかさっぱり

ですよね。

 

コロとは、

クジラの皮

なんですって!

 

クジラの皮がおでんの具として

入っていて、さらにそれが

人気というので驚きですね。

 

さらに家庭では、

色々な具をおでんに

入れてみちゃう人が

多いんです。

 

最近ではそこまで

めずらしくなくなってきましたが、

”おでんにトマト”

もなかなかの変わり種。

 

とろとろになったトマトが

とってもおいしいそうですよ!

 

他にも

まるごと玉ねぎ

もおいしいんです。

 

煮込めば煮込むほど、

味が染み込んで

とろとろになっていきます。

 

他にも、

  • ブロッコリー
  • きのこ
  • 豆腐
  • 手羽先
  • 卵焼き

さらには

ロールキャベツ

も人気なんです。

 

  • 煮込んだらおいしいもの
  • 鍋の具材

おでんの具に

なれちゃうってことですね!

 

(おでんの出汁)

 

おでんの出汁も地域によって

全く違うものなんです。

 

それぞれの生まれ故郷で

思い出のおでんの味が

違うんですね。

 

(関西)

 

関西の出汁は

昆布ベースで薄口しょうゆで味付け

したもので、色も

薄い色

をしていて

あっさりした味

になっています。

 

(関東)

 

関東の出汁は、

かつお節ベースで濃口しょうゆで味つけ

しており、色は

濃い色

をしていて

しっかりした味

になっています。

 

 

(変わり種)

 

おでんの出汁も

変わり種でたまには

気分を変えてみても

楽しいかも!

 

Cpicon 変わりおでん 胡麻味噌味 by 異風人

 

 

こちらは味噌味のおでんの出汁です!

 

お味噌汁をベースにしているので、

むずかしいことはないですよ。

 

おでんの具としては、

たまごやねりもの、

もち入り巾着などが

とっても合いそうですね。

 

コンビニを一工夫?

 

コンビニで買ったおでんを

一工夫で変わり種おでんに

する方法を紹介しますね。

 

市販のおでんに

マーラージャン

を入れるだけという簡単な方法。

 

中華風なおいしくて辛いおでんに

変わっておいしいです!

 

他には、

出汁をつくるときに

かつおだしや昆布だしではなく

鶏がらスープ

を使うことで

中華味のおでんにするのも

オススメ!

 

これからの時期、

おでんを作る家庭も増え、

おでんを食べる機会も

多くなってくることでしょう。

 

いつものおでんに飽きてきちゃった・・・

というときに変わり種おでんは

いかがでしょうか?

 

(おでんのコツ)

 

 

 

次に、おでんを作るときのコツを

紹介していきますね。

 

おでんを作るときのコツは

 

  • 使用する鍋のサイズ

 

  • 材料の下ごしらえ

 

  • 具材を入れる順番
  • 煮込むときの火力
  • 練り製品を入れるタイミング
  • 煮込み時間

 

 

 

これらの注意点をしっかりと

おさえること!

 

<使用する鍋のサイズ>

 

使用する鍋は大きなものをチョイス!

出汁をたっぷりと入れて

具材もたくさん入れられる大きな鍋を

選んでくださいね。

 

<材料の下ごしらえ>

 

材料は下ごしらえしておきます。

 

下ごしらえをする意味は、

具材を煮えやすくすること

煮汁にニオイや色が

うつらないようにすること

などがあります。

 

 

大根 隠し包丁(切り込みをいれておく) 下ゆで
こんにゃく 隠し包丁(切り込みをいれておく) 下ゆで
ゆでたまごにして殻(から)をむいておく  
ゆでだこ 下ゆでする  
牛スジ ゆでて、串にさしておく  

 

 

 

おでんは

下ごしらえが大事!

 

下ごしらえをきちんとしていなければ

おいしいおでんは食べられませんよ。

 

<具材を入れる順番> 

 

具材を入れる順番も

おでんをおいしく作るコツ。

 

具材は、

煮えにくい大根などから先に入れる

というのが基本です。

 

練り物ははじめから入れてはダメ

ですよ!

 

<煮込むときの火力>

 

煮込むときの火力は

弱火でじっくりコトコト

です。

 

沸騰(ふっとう)させない

というのがコツ!

 

<練り製品を入れるタイミング>

 

練り製品は、

他の具材を45分くらい煮込んでから

入れるというのがコツ。

 

そして練り製品を入れたら、

蓋(ふた)をしてはダメ

ですよ。

 

はんぺんについては、

食べる直前に入れて

出汁をおたまですくってかける

ようにして温めるとGOOD!

 

<煮込み時間>

 

おでんは煮込めば煮込むだけ

味が染みて美味しくなる!

というイメージがありますよね。

 

でもこれ、間違いなんです!

 

練り物以外の具材を

45分程度

煮込んだあと、練り製品を入れて

15分程度

煮込みます。

 

よっておでんの煮込み時間は、

約60分くらい(約1時間)

がいいんです!

 

何時間も煮込む

のは間違いなんですね。

 

おでんを作るときにオススメなのは、

出汁は

かつおと昆布の合わせだし

です!

 

個人的には、これにさらに

あごだし

もプラスするのがオススメ。

 

だしは様々な味のものが

混ざりあうことでさらに旨みを

増すんです。

 

具材についても同じことが言えます!

 

具も色々なものを入れることで、

出汁にそれぞれの旨みが染み出て

深みのあるおいしいおでんに

仕上がりますよ。

 

 

(失敗談)

 

それでは、先ほど紹介したコツを

しっかりと抑えずに

おでんを作った場合どうなったか

紹介していきましょう。

 

大きい鍋を選ばなかったら・・・
  • 具材がきちんと煮えてなかった
  • 出汁に浸っていなかった具が鍋にくっついてこげた

 

材料の下ごしらえをしなかったら・・・
  • 煮えている具と煮えていない具がでてきた
  • クサイニオイが出汁にうつっていた
  • 具材の色が出汁に染み出て汚い色になった

 

煮込むときの火力を強火にしたら・・・

  • 煮詰まって出汁がからくなってしまった
  • 出汁がなくなってこげてしまった

 

練り製品をはじめから入れてしまったら、
  • おばけみたいに膨らんでしまった

 

煮込み時間を長時間にしたら
  • 具材が崩れてしまった
  • 出汁がにごってしまった

 

コツをしっかりとおさえておかなければ

まず~いおでんが完成してしまうんです。

 

ポイントをおさえて

失敗しらずになりましょう!

 

まとめ

 

地域によって味や具の違うおでんを

紹介し、家庭でおいしくおでんを作る方法や

おさえておきたいコツを紹介しました!

 

関西の具は、

牛スジ串やタコ足

が人気。

 

関東の具は、

はんぺんやちくわぶ

が人気。

 

関西では

はんぺんやちくわぶはなく

変わり種として

コロというクジラの皮

というめずらしいものが!

 

関西の出汁は、

昆布ベースで薄口しょうゆで味付け

で色も見た目もあっさり。

 

関東の出汁は、

昆布ベースで薄口しょうゆで味付け

で色も見た目もしっかり。

 

その家庭ごとにおでんの味が

違うっていうのは、

素敵なことですね。

 

好きな出汁と具材で

我が家のおでんを

作ってみてはいかがでしょうか!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。