老眼鏡とハズキルーペの違い!?選び方と価格の違いを紹介!?

 

 

 

最近、ハズキルーペのCMを

よく見かけるようになったと思いませんか?

 

いよいよ高齢化時代が本格化してきたこともあるでしょう。

 

また、スマホ人口増加によるスマホが

眼に悪影響を与えていることなどは、

ニュースにもなったりしています。

 

 

ハズキルーペのCMって

わかりやすいですよね。

 

「文字がはっきり見える」

「すごい!」

などというセリフが

視聴者の心を引き付けたのでしょう。

 

しかし、

老眼鏡とハズキルーペは根本的に別物なのです。

 

同級生のタケさん同級生のタケさん

え?

ハズキルーペ買えば老眼鏡は要らないんじゃないの?

管理人:パピプペ管理人:パピプペ

そうなんです。

テッキリ俺も一緒かと思ったよ。

そんな違いを今日は紹介したいと思います。

 

その違いや選び方、

価格についてご紹介したいと思います。

 

 

 

老眼鏡とハズキルーペの違いは?

 

 

 

老眼鏡は、

老化に伴って

近くのものが見えにくいという時に

眼鏡ショップで作ってもらいます。

 

同級生のタケさん同級生のタケさん

最近やたらと以前見えてのが見えづらいんだよね。

管理人:パピプペ管理人:パピプペ

それは老化による老眼鏡をかける時期なんだよ。

40を過ぎたらソロソロじゃないの・・(^^)

 

ハズキルーペとはどこが違うのでしょうか?

 

ハズキルーペとは

名前からもわかるとおり、

ルーペ すなわち 拡大鏡です。

 

 

幼いころ、昆虫観察などでルーペを使って観察したりしたことはありませんか?

つまり、

あの頃のルーペが眼鏡として

「ハズキルーペ」という名前で発売されたのです。

 

 

拡大鏡が眼鏡のスタイルで使えます。

 

つまり、両手が使えますので、便利ですね。

 

最近のスマホはコンピュータと同じくらいの機能を備えています。

 

 

でも、

画面の大きさは限られていますので、

一度に表示される画面を

いちいち拡大して見ていたら疲れますし、

逆に見にくくもなりますよね。

 

そんな

小さな画面を見る時に

ルーペ(拡大鏡)があったら、

便利ですよね。

 

小さなものを拡大してみることが

できる優れものです。

 

画期的な拡大鏡がハズキルーペという訳です。

 

 

しかし、

ハズキルーペがあれば

老眼鏡が不要になるかいえばそうではないのです。

 

ハズキルーペはあくまでも、拡大鏡です。

 

ですから、老眼鏡をすでに利用されている人が、

ハズキルーペを使用する際にかけ替えるのではなく、

老眼鏡の上からハズキルーペをかけて、

ものを拡大して見るというものです。

 

近視で眼鏡を利用している人も同様に、

実際に使用している眼鏡の上から

重ねるようにハズキルーペをかけて使用します。

 

 

同級生のタケさん同級生のタケさん

え、そうなの?

管理人:パピプペ管理人:パピプペ

うん、老眼鏡は「ピントがあってる」っていうか。。

ハズキルーペは「ピントを合わせるために自分が近づいたりしないと見えないもん」で、老眼鏡を掛けてても大きく見たい時なんかに老眼鏡の上からハズキルーペをかけると、より大きく見えて作業がしやすいって感じかな?

同級生のタケさん同級生のタケさん

そうだね、実際ルーペだけでも見えるけど、焦点(ピント)を合わせるはイチイチ面倒だもんね。。。

ましてや少し古い老眼鏡だと見えづらいし。。

管理人:パピプペ管理人:パピプペ

 そんな時に2つを合わせて使うと1つだけのときより快適だよ・・(^^) 

 

もともと眼鏡が不要だった人にとっては、

何かものを見る時に

拡大鏡が必要な時にハズキルーペが活躍するのです。

 

 

老眼鏡の選び方

 

老眼は私たちの身体が年齢と共に衰える時、

眼球も老化現象の一つとして現れるのです。

 

老眼は近くのものを見る時に

見えにくい症状がでます。

 

同級生のタケさん同級生のタケさん

そうなんだよ、会社の書類や雑誌や本。

もう薬のビンに書いてある文字なんて絶対無理(^^)

管理人:パピプペ管理人:パピプペ

だよね。。。

もう40過ぎたらしょうが無いよ。

見かけが若くても老眼鏡を掛けてるとだいたい年齢が分かるよね。。

かと言って、「見えてるフリ」するのも疲れるし、間違っちゃいけない物もあるので、そんな時困っちゃうでしょ。 

 

 

そのために、

生活の中で本や新聞を読んだり、

細かな手作業がしにくくなります。

 

そのために、

老眼鏡という眼鏡をかけて、

日常生活をスムーズにしてくれます。

 

老眼は多くは40歳代半ばごろから症状が出始めますが、

実際には個人差があります。

 

早い人で30代後半から

遅い方でも50歳を過ぎると

さすがに必需品になることでしょう。

 

 

「ちょっと細かな文字がみえにくいなぁ」、

と思って眼鏡ショップで見てもらう前に、

一度眼科で検査をしてもらうことが大切です。

 

 

眼球も体の一部です。

専門の医師によく診てもらい、

自分の眼球の状態を知ることが大切です。

 

早い時期ですと、

点眼薬で済む場合もありますし、

場合によっては手術が必要になる場合もあります。

 

 

もちろん、

老眼鏡を作りましょうということになれば、

眼科医が処方箋を作成してくれますので、

それを眼鏡ショップへ行って

自分の眼の状態にあったレンズを作ってもらうことが大切です。

 

 

 

 

 

 

眼鏡のフレームは色々ありますので、

それは自分の好みに合わせて選べばよいでしょう。

 

大切なのは、

老眼鏡という

眼鏡選ぶ前に

自分の眼球の状態を調べてもらい、

自分にあった老眼鏡の処方箋をもらうことです。

 

近視

 

もともと近視で、眼鏡を愛用していた方は、

遠近両用眼鏡もありますので、

近くのものを見るために

老眼鏡にかけ替えることなく、

一つの眼鏡で済むことができます。

 

遠近両用

 

遠近両用眼鏡は、

少し前ですとあからさまに

レンズの大きさも大きくないと

両方の役目を果たさないなど、

人前ではちょっとかけづらいという人も

いたかもしれませんね。

 

しかし、最近では技術が発達して、

もともと近眼用の眼鏡だった人が

知らぬ間に

実は遠近両用の眼鏡に変更していたということもあります。

 

 

老眼は身体の老化の一部という話をしましたね。

 

 

ですから、

一度作った老眼鏡が一生使えるとは限りません

 

 

そこで、年に一度の定期健診時などに

チェックしてもらうとよいでしょう。

 

 

つまり、眼球の老化に合わせて

老眼鏡を作り直す必要が

あるということです。

 

毎年作り直す必要はないにしても、

身体の老化は防げません。

 

老眼度数表というものがあって、

度数は+1.00~+4.00まであります。

 

 

定期健診時に医師と相談して、

作り直す必要があるかどうかを確認してみましょう。

 

 

 

価格の違い?

 

 

 

ハズキルーペ

 

ハズキルーペは、

レンズ倍率

1.85倍=焦点距離22-28cm(読書・スマホ等)

1.6倍=焦点距離30-40cm(読書・スマホ等)

1.32倍=焦点距離50-70cm(PC・タブレット・ゲーム等)

の3種類から選べます。

 

見る対象物によって変えるんですね。。

逆に言えば3種類持てば万能ですね。(^^)

 

 

 

価格は、およそ一万円前後です。

Amazonなら8千円弱

 

 

 

老眼鏡

 

機能としてパソコンやスマホ、タブレットを

よく利用する人ならば、

ブルーライトカットという機能が

あるものを選ぶとよいでしょう。

 

 

 

ブルーライトカットだけですと

千円前後の値段が上乗せされる。

 

一般的な

老眼鏡自体は

5千円前後の値段で販売されています。

 

同級生のタケさん同級生のタケさん

え? それぐらいで買えるの、もっと高いかと思ったよ。

管理人:パピプペ管理人:パピプペ

甘い!^_^ フレームによって値段はピンきりなんです。。。

やっぱり安いのはダサい。。

もう少しカッコいいヤツください!なんて言ったらドンドン高いの勧められちゃいますよ。。

ま、気に入って買えばいくらでもイイんだけどね。(^^)

 

眼科医の処方箋によって、

レンズの種類や機能が含まれると

さらに価格は高くなるかもしれませんが、

一般的には

レンズそのものの値段は

5千円~一万円前後が一般的でしょう。

 

近視だった人が遠近両用にする場合は、

もともとの近視眼鏡にかかっていた値段に

5千円~一万円を加えた価格と考えでください。

 

 

さらに、

お気に入りのフレームを利用したい場合は、

フレームはブランドモノになると

フレームそのものが高くなりますので、

さらに価格が上がります。

 

 

日々のライフスタイルを考えて、

じっくりと選ぶとよいでしょう。

 

また、その眼鏡を何年間くらい利用するのかと

いうことを考えた場合、

少々高くとも、

日々の値段に置き換えると、

つまり1日あたりいくら?と考えると、

必需品なら決して高くないかもしれませんね。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ハズキルーペのCMを見ない日がないくらい

宣伝されていますね。

 

でも、それは

拡大鏡が眼鏡のスタイルになり、

片手で拡大鏡を持ちながら、

何かを調べるということがなくなった分

便利になったのは確かです。

 

 

一方で、

もともと近視眼鏡をかけていた人、

すでに老眼鏡を使っている人にとって、

ハズキルーペの正しい使い方は、

上から重ねるということです。

 

 

老眼っぽいから、

ハズキルーペ一万円でお手頃だ!と

飛びつく前に、

一度眼科医に相談することも

大切であることがお分かりいただけましたでしょうか。

 

老眼鏡がハズキルーペに

とって代わるというわけではないということなのです。

最後までご覧いただきありがとうございました