入学祝いの金額相場を調査!お返しとマナーも紹介!

 

 

 

年が明けて4月になると、

環境がガラっと変わります。

 

幼稚園に入園したり、

小学校や中学、高校が大学に入学する人も

いるでしょう。

 

入学は、新しい生活のスタートで、

今まで知らなかった新しいこととの出会いであふれていて、

とてもおめでたいことです!

 

おめでたい気持ちを伝えるために、

入学祝い

を渡すんですよね。

 

しかし、毎回お祝い金を渡すときに悩むのが

一体いくら包めばいいんだろう…

ということなんですよね。

 

お祝い金は、少なくても失礼ですし、

多すぎたら逆に相手に気を遣わせてしまうのでダメ。

 

入学祝いだからといって、入園のお祝いと大学の入学の

お祝いが一緒の金額というのも違和感がありますね。

 

入学祝いを渡す相手との間柄や、

年齢によって金額は変わってくるので

相場を知っておきたいところです。

 

さらに、もらった側もお返しが

必要なのか、迷ってしまうことも

あると思うので、お返しについても

知っておきましょう。

 

今回は、入学祝いの金額の相場を調査し、

どんなマナーがあるのかや、もらった側が

お返しする必要があるのかなど紹介していきますね!

 

入学祝いの金額の相場は?

 

 

まずは、年齢別の入学祝いの金額の相場を

調査していきます。

 

 

 

孫が保育園や幼稚園に入園した場合の相場は、

10,000~30,000円

くらいとなっています。

 

入園は、孫が初めて集団生活を始めるときなので

祖父母のお祝いの気持ちもより強くなるようですね。

 

園児に20,000円も30,000円もあげるの?

と思ってしまう人もいるかもしれませんが、

入園祝いは、園児の親が幼稚園で使う制服などを

買う費用にあてたり、文房具などを買ってあげている

ようですね。

 

祖父母の入学祝いの最低ラインは10,000円のようです!

 

 

 

また、親戚になると

5000円

が相場になっています。

 

近所の親しい人や友人からは

1000円~3000円

くらいが相場になっているようですが、

絶対あげなくてはならないというわけではないです。

 

お互いに子供がいるのであれば、

相手に確認して、お互いお祝いをするのか

はたまたお互いお祝いはやめておくのか

話し合っておくといいですね!

 

入園祝いとしてお金をあげると相手に気を遣わせて

しまうけれど、何かお祝いしたい!という人は、

お金ではなく物をあげるといいですよ。

 

色鉛筆やクレヨン、

画用紙や折り紙などの文房具や

髪ゴムや髪留め、

靴下やハンカチなどの小物も喜ばれます!

 

小学

 

次に小学校への入学祝い金についてです。

 

小学校の祖父母の入学祝いの相場は、

10000円~30000円

となっています。

 

小学校へあがる孫へは、

祖父母がランドセルを買ってあげるという

家庭も多いですよね。

 

そうした場合は、ランドセルを入学祝いという形で

渡しているようです。

 

おじいちゃんやおばあちゃんがランドセルを買ってくれた

と思うと子供もとても嬉しいでしょう。

 

 

親戚

 

また、親戚になると

5000円

が相場になっています。

 

小学生の文房具はたくさん揃えるものがあるので、

子供やその親に必要なものがあるかを確認して

贈るというのもいいでしょう。

 

他にも、小学校になると読書感想文の宿題がでたり、

本を読む機会も増えるので

図書カードを贈るのもオススメですよ。

 

近所の人や友人は、

1000円~3000円

が相場になっています。

 

小学生はおにいちゃん・おねえちゃんになったぞ!

という気持ちが強いので、

園児のときと好きなキャラクターもガラッと変わっています。

 

好きなキャラクターをリサーチして、そのキャラクターの

文房具などを贈ると喜んでもらえますよ。

 

中学

 

次に中学の入学祝いの相場は、

祖父母      10000円~30000円

親戚        5000円~10000円

近所の人・友人 3000円

となっています。

 

中学にあがると、親に渡すというよりも

子供に直接渡すという人もいるようですね。

 

親はもらった金額はしっかりと把握しておく必要が

ありますね!

 

近所の人や友人から入学祝いをする場合は、

お金より物がよさそうです。

 

中学になるとそれぞれ好みがはっきりとしてくるので

物を贈るのは悩んでしまいそうですね。

 

 

図書カードAmazonギフト

なら好みも関係なく渡せるので

オススメです。

 

 

 

 

 

 

 

高校

 

高校の入学祝いの相場は、

祖父母       10000円~30000円

親戚        10000円

近所の人・友人 3000円~5000円

となっています。

 

高校にあがると、金額は全体的に

あがってくるようですね。

 

入学祝いは親ではなく、直接子供に渡す

ようになるので、子供が欲しいものを買うために

使われるようです。

 

高校生になると、好きなブランドなどが

でてきて、友達と同じものを持ちたいという気持ちも

高くなってくる時期なのでお金がかかりだします…。

 

高校生には物ではなく、お金を渡してあげた方が

よさそうですね!

 

近所の人や友人は、小学校や中学校まで

入学金をあげるけれど、高校生になると

あげない人も増えてくるようです。

 

大学

 

大学まで進学した場合のお祝い金の相場は、

祖父母       10000円~30000円

親戚        10000円

となっています。

 

大学になると、祖父母が

通学に使うブランドのバッグを買ってあげる

ということもあるみたいですね!

 

大学生になると親戚もお祝い金をくれる人が

減るようです。

 

しかし、祖父母はどの年齢でも

入学金を必ずといっていいほど

渡しているんですよ。

 

孫の成長を楽しみにしてくれていて

入園・入学のビッグイベントを一緒に

喜んでくれているのは

とても嬉しいことですね。

 

 

入学祝いのお返しは?

 

次に入学祝いをもらったときにお返しをどうするのか

調べていきますね。

 

 

マナー

 

まずは入学祝いを贈るときのマナーについてです。

 

入学祝いは、

入学より先に渡す

ということがマナーとなっているんですよ。

 

入学が決まったら

3月の初めから中旬

くらいまでに渡すのがベスト!

 

もし入学後に渡すことになったら、

”お祝いが遅くなったお詫びの言葉”

を添えて渡すといいですよ。

 

それでは、入学祝いをもらった子供は、

相手にお返しである『入学内祝い』を

する必要があるのでしょうか?

 

もともとは、子供には収入がないので

子供がもらったお祝い金については、

お返しはしなくていいというようになっていました。

 

しかし、時代の流れとともにその考え方も変わってきて、

もらったものにはお返しをするべきだ

ということで、現在は入学内祝いをする家庭も

増えてきています。

 

入学祝いのお返しをしてはいけない

ということはないですよ。

 

次にどのような場合に入学祝いのお返しが必要になるのか

チェックしていきましょう!

 

身内

 

次に入学祝いを身内にもらった場合お返しは

どうすればいいのでしょうか?

 

身内である親や兄弟・姉妹からもらった入学祝い金については、

お返しの必要がない

でしょう。

 

親へのお返しは

元気に学校で学んでくること

になるでしょうし、

兄弟や姉妹へのお返しは、

兄弟や姉妹が入学するときに入学祝いをする

ことでいいですね!

 

 

祖父母

 

次に祖父母の場合です。

 

祖父母は、孫にあげたんだから

お返しなんていらないよ!という考えの人の方が

多いんですよね。

 

感謝の気持ちを伝えるために入学祝いのお返しを

したにもかかわらず、

祖父母を怒らせたり不快な

気持ちにさせないように、

お返しは控えめにしましょう。

 

祖父母が好きなお菓子などを買って会いに行く

という感じでもいいですよね。

 

お返しがあまり高額にならないように

気をつけましょう。

 

手紙

 

入学祝いをもらったら、

まずお返しをする前に

手紙で感謝の気持ちを伝える

といいですね。

 

保育園や幼稚園の場合は、

文字がまだ書けないので

親が文章を書いて

子供には絵を描いてもらうとGOOD!

 

小学生になると簡単な言葉や名前は書けるように

なっているでしょうから、書ける限り自分で書かせると

いいですよね。

 

中学・高校・大学になると自分で手紙を書くといいでしょう。

 

このとき、手紙の初めに季節の言葉を入れたりすると

成長が感じられますね。

 

まとめ

 

今回は、入学祝いの年齢や関係別の金額の相場や

マナーやお返しについてまとめました。

 

入学祝いを贈るときは、

3月の初めから中旬

までに渡せるようにしましょう。

 

金額の相場は、

1000円~30000円

と幅がとても広いですが、

渡す相手との関係性によって

金額が変わってきます。

 

入学祝いはお金ではなく、

物でもいいですよ。

 

入学祝いをもらったら

手紙で感謝を伝え

感謝の気持ちを込めて入学内祝いの贈り物

をするといいですね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。