年賀状ソフト・アプリの無料・有料オススメ3つはコレ!?良いところ・悪い所を紹介!

年賀状はどうする?

年賀状の出荷枚数が毎年少なったとニュースになってますが、

やっぱりご無沙汰の友人や知り合いには、

せめて「年賀状ぐらい!」って毎年出してる

私:管理人のパピプペです。^_^

 

最近では年賀状を出さないで「ライン」で新年のあいさつ!って人もいるみたい。。

でも以前に比べ簡単に「年賀状を出せる」ようになったので、

その方法とオススメのソフトやアプリを紹介したいと思います

 

 

 

無料のソフト・アプリ

 

はがきデザインキット2019

 

 

郵便局が出してる「無料のソフト・アプリ」です。

 

パソコンでもスマホでも無料で使え、初めの「住所録」を作れば毎年使えます。

 

 

メリット

 

  • スマホ・パソコンから使える
  • 完全無料

なんせ「郵便局」がハガキを売りたいために作ってるので「完全無料」で使えるのはイイですし、

スマホでプリンターを持ってない人はコンビニで印刷も出来るので、便利。

 

 

デメリット

 

  • デザインの種類が有料ソフトにくらべ少ない。
  • スマホの場合は100種類の少ない中からしかデザインを選べない
  • 有料ソフトのように自分で思い通りには作れない。(自由度は少ない)

 

有料ソフト

 

有料の年賀状ソフトの良いところ?

 1.デザインが豊富
  有料の年賀状ソフトにはデザインやイラスト素材などが多数収録。
  筆王は素材30万点を収録筆まめは年賀状ソフト最多デザイン・イラスト45万点、さらにデザインの色を一部変更出来る「年賀状デザインナビ」機能など有料版ならではの機能を搭載。

 2.写真の編集機能が豊富
  写真の編集機能が豊富なのも有料ソフトならでは。
  筆王は写真編集ツール10種を収録。写真の切り抜きや合成、スマホアプリのような顔スタンプの機能も搭載しています。
  筆まめも写真の切り抜きや合成、フォトコラージュなど機能充実しています。

 3.宛名がキレイ、住所録・出受記録も付けられ、来年も使える
  有料ソフトは収録しているフォント数が多く、宛名デザインにも力を入れているので、美しい宛名書きが可能です。
  筆王152書体、筆まめ147書体使えます。
  また、出受記録(年賀状の受け取りや、喪中葉書の受け取り、お中元の管理など)がつけられるのでおつきあいの管理も継続的にできます。

 

 

メリット

  • 一度買えば相当長く使える(飽きなければ・・)
  • だいたいの干支は収録されているので毎回買い換える必要は無い
  • デザインとフォント(書体)が大量にアルので自分好みが見つかる
  • 年賀状以外でも使えるソフトが一杯入ってる(写真編集ツール)
  • 年賀状の以外のサイズの紙にも印刷できる(A4以上は絆げて)
  • 年賀状以外にも色々使える
  • 「ガイドムービー」でわかりやすい

 

ワープロソフトのWordより簡単に

「写真や文章」が打てる(長文は苦手)

 

 

デメリット

  • 毎年新しいバージョンが出るので欲しくなる^_^
  • デザインを凝りだすと、写真の編集の技術が・・・
  • 無料に比べお金がかかる

 

初、中級者向け / 筆王

筆まめより「簡単」を意識した作り。

デザインも豊富で選んでいくだけで年賀状が出来上がる。

昔からあるのでファンも多い「筆王

 

 

上級者も納得 / 筆まめ

初級者から上級者まで幅広く対応。

筆まめ」コチラも昔から人気ソフト

  • 初級者向けに「はじめてモード」
  • 中上級者向けに一からでも作れる

Ver.29は「デザイン」の選択が渋い!

 

Mac用 / 宛名職人

Macとwindowsで使える貴重なソフト

windows用のソフトを買うなら「筆王・筆まめ」がオススメ

コチラのソフトはMacに力を注いでる感じ

宛名職人 Premium (Windows版)

Windowなら?

Windowなら「筆王」と「筆まめ」のどちらを選んでも失敗した!ってはならないでしょう。

お好みで!

 

あえてオススメするなら

自由度が高い上級者でも使える「筆まめ」

 

Macなら?

Macならいまはほぼ「宛名職人」一択か!?

 

まとめ

いつもコンビニや書店の「年賀状の特集の雑誌」を購入してるなら

コチラで紹介してる「無料か有料のソフト」を試してから、

コンビニや書店で雑誌を購入しても遅くないでしょう。

 

年一回のご挨拶は「年賀状」で一年の区切りを付けたいですよね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。