Bandicut(動画カット編集ソフト)レビューや簡単な使い方や機能と無料版との違い(ウォーターマーク)を紹介!

Bandicut(動画カット編集ソフト)って?

動画編集ソフトは色々ありますが、

このBandicutは「カット・結合」に特化した製品で、

特に無劣化で高速カットが出来るのが売りです。

 

同じような製品で「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5」もアルけど

お値段が2倍ほどだし、

バージョンUPは別料金なんだけど。

 

このBandicutは1回買えば

バージョンUPしても追加料金なしで使えるのがイイです。

 

 

 

そんな動画の「カット・結合」しか出来ないけど、割り切った所がイイ。

Bandicut[バンディカット] を紹介したいと思います。

 

 

レビューや評価

 

動画編集って言う割には「カット・結合」しか出来ないBandicut[バンディカット] ってどうなのって思ってました。

が、

逆に機能を制限してるぶん、割り切った性能で

とても使いやすく「動画をカットして結合するだけならコレって感じです。

 

高速カットもスゴく気に入ってます。

実際「色んな編集が出来るソフト」も持っていますが、そんなソフトで「エフェクト・カット・フォント」など色々やってると時間が膨大

にかかって仕方がないですけど、まずBandicut[バンディカット] で要らない部分をカットしてから後で「タイトルやエフェクト」など他のソフトでやった方がイイかもって?

 

で、全部の動画も大部分は「カット・結合だけでOK」って場合もあるので、

どちらかと言うとこのBandicut(バンディカット)の出番の方が他の編集ソフトより出番が多いですね。。

 

なので複雑な編集をしないで主に「カット・結合だけでOK」って人は絶対買いです。

 

初中級者の方でタイトルやエフェクトなど動画編集のモロモロをやりたい方

素直に「Filmora」がイイかも?

 

簡単な使い方

公式サイトでの使い方の紹介

 

「カット・結合」が簡単な初心者でも使いやすい!

 

CMカットも!

 

カット

 

 

カット編集したい「動画」を左の「カット区間リスト」に登録。

右の編集部分で「残したい部分」と「カットしたい部分」に分ける。

 

1つの動画でいくつかカットしたい部分がアル場合は

1つのカットが終わったら左の「カット区間リスト」下にある「+区間追加」を押すと

1つ目の次の部分からの編集が出来ます。

 

「出力ファイルの結合」にチェックをすると

いくつか分割したファイルを最後に「結合して1つのファイル」にしてくれます。

チャックを入れないと「カットした所までのファイルが数個」出来上がる

※好みで「1つのファイルにするか?」「複数のファイルにするか?」

 

「残したい区間の開始位置」「終了位置」を指定し、

スタートを押すと「カット」編集が始まる

 

高速モード・標準モード

 

最後に「高速モード」か「標準モード」を選択し「スタート」

 

「高速モード」

ファイルをカットだけ(高速)してファイルの種類は変更出来ない。

エンコードしないので動画の劣化がほぼ無い。。

 

製品版だと

早いと「数秒」 

遅くとも「標準の数分の1の2分程度?

 

例:5GBの動画をカットした場合(ソフトウェアエンコード:製品版)

ビデオカード(グラボ)搭載の

ハードウェアエンコードの場合はもっと高速

 

 

「高速:速さを選ぶか?」

「標準:圧縮率を選ぶか?」

標準モードは「H264」にエンコード

 

 

 

「標準モード」

ファイルの種類を変更するので「高速に比べ遅い」

主に元をファイルより圧縮して小さくする場合に選択する。

動画も元より汚くなる(圧縮度合いにより・・・)

 

分割

Bandicutを使うのにややこしい動画の知識は一切不要!

誰でも簡単にTS、MOV、MKV、MP4、FLV、AVI、WMVなどの動画を任意の条件で高画質のまま均等分割して複数のファイルとして保存することができます。

 

均等に「区間」・「時間」で分割する

 

 

結合

結合したい動画を「リスト」に登録してスタート

 

 

機能・特徴

Bandicut(バンディカット)で何が出来るの?

 

無劣化で高速動画カット(有料版)&結合

 

簡素だけど「カット」に関してはスゴくオススメ!

 

機能

●動画のカット

 

●動画の結合(動画をつなげる)

 

●CMカット(動画から不要な区間を切り取って、必要な区間だけを保存

 

●MP3抽出(動画から音声だけ摘出:mp3ファイルを作れる)

 

 

Bandicutの特徴

簡単に素早く動画カット&結合

 

様々な形式の動画ファイルを編集可能

 

エンコードなしで素早い編集(有料版)

 

ハードウェアアクセラレーションで低容量・高画質・超高速編(グラボ:ビデオカードに依存する)

 

なにげに便利な「自動シャットダウン機能」

 

「高速」でカット&結合の場合は時間はかからないので問題無いんですけど、

「標準」しか選べない場合の「待ち時間」が結構ツライ。。

 

普通に動画の再生時間の「ヨクて等倍」で

「最悪な場合は数倍変換にかかる時間」も「終わったら自動でシャットダウン機能」が付いているおかげで

就寝時や外出時に「Bandicut:動画編集」しておけば全然問題ない。

やっぱり時間がかかる動画編集は「パソコン」を扱っている時にやると、他の作業に支障がでるし、いない時にやれるに越したことはない。。

 

無料版との違い(ウォーターマーク)

Bandicut無料版のダウンロード

 

 

 

 

最後に

いくつか動画編集ソフトは持ってるので

カット・結合だけしか出来ない「Bandicut(バンディカット)」って

イラナイよねって思ってましたが、

無料版を試したら、動画のカットが早く

すぐ気に入りました。

 

動画のカットが遅くてイライラしてる人は一回 無料版を試した方がイイ!

動画の最後に数秒「ウォーターマーク」が出て来る程度で試すには全然OKだと思います。

 

実際試してみないとわかんないからね!(^^)

最後までご覧いただきありがとうございました。