パソコンを使ってるとマウスをポチポチとよくやってることに気づきます。

そんな時キーボードでマウスと同じ事が出来る「ショートカットキー」を使えると便利です。

 

私はよくパソコンは触ってるんですが

ショートカットキーといえば

「コピー&ペースト」や「元に戻す」ぐらいしか使わないので

少し調べたら今windowsのアップデートが進んで

ショートカットキーも進化してることに気づき忘れないように書いておきます。

 

色々種類が多すぎるので全部覚えるのは無理なので

今回は主に

「Windowsキー」との組み合わせの

新しい便利なショートカットを12紹介します。

 

 

 

ショートカットキー

キーボードのキーを組み合わせて「ある動作」を入力する事。

例:コピー
マウスの場合 =マウスで右クリックして「コピー」を選ぶ
キーボードのショートカットの場合=「Ctrl (コントロールキー)」+「C」

 

便利なWindowsのショートカットキー

「Windows」キーは 「」のようなキー

だいたいパソコンの左下の「Ctrl」と「Alt」の間にある

 

 

 

 

●キャプチャー用のショートカットが追加

「Windows」+「Shift」+「S」キーを押すと、

保存する範囲を指定してスクリーンショットを撮れるようになった。

パソコン画面を静止画で撮れる機能

 

●エクスプローラーを新規に出す。

「Windows」+「E」

 

 

●ウインドウをタテ・ヨコに整頓させる

 

「Windows」+「方向キー(↑・↓・→・←)」

「Windows」+「↑」=画面いっぱいに最大

「Windows」+「↓」=最小化・元に戻す

「Windows」+「→・←」=ウインドウを右半分・左半分に。

 

●開いているウインドウを表示。サムネイル

色々ウインドウを開いて目的のウインドウをサムネイルで見やすくするキー

「Windows」+「Tab」

 

左下の「タスクビュー」でもOK

 

●Windowsの設定

 

「Windows」+「I (アイ)」

 

 

●設定の「簡単操作」を開く

 

「Windows」+「U」

 

 

●デスクトップを表示

「Windows」+「D」

 

 

 

●タスクバーのアプリ(ソフト)を起動

(スタートボタン等は除いて、左から数えて)

「Windows」+「数字」

(1~0まで使える(10コまで))

 

 

●スタートメニューの右クリックメニュー

「Windows」+「X」

 

 

●「ファイル名を指定して実行」

「Windows」+「R」

 

●クリップボードの履歴

「Windows」+「V」

 

(初期では使えないので下記で設定して使えるように・・)

「Windows」+「I」で「設定」画面を出して
「システム」→「クリップボード」で
「クリップボードの履歴」と「他のデバイスとの同期」をオンにすれば以下のショートカットが使え、以前コピーした内容が履歴で見れ使えるようになるので非常に便利。

 

●検索

「Windows」+「S」

 

●パソコンの情報を見る

 

「Windows」+「Pause」

 

ブラウザでのショートカット

ブラウザ(ネットを見るアプリ)で

ネットを見てる時に便利なショートカット

 

●下にスクロール

「スペース」か「Page Down」

●上にスクロール

「Page Up」

●前のページ

「Alt」+「←」

●urlのアドレスを入力

(ホームページのアドレスを入力する場合)

「Alt」+「D」

●ページの先頭・末尾に移動

「Home」・「End」

 

最後に

仕事や遊びに便利なパソコンをもっと便利にするショートカットキー。

少しでも覚えると時間短縮に大幅アップ間違いなしです。

 

身近なものから覚えたいですね。。。

 

またパソコンの便利機能を紹介します。

最後までご覧いただきありがとうございました。