Windowsの子供用のアカウントの作り方・いろんな制限の仕方を紹介!

 

 

Windowsの子供・お年寄りなどのパソコンに詳しく無い人のアカウントの作り方です。

 

大人用とは別の制限できる「アカウント」を作っておけば、

「観覧・購入・時間」などの制限ができるので安心して

パソコンに詳しく無い人にもパソコンを使わせられるので安心です。

 

少し大きくなった子供にパソコンデビューさせてみようか?

なんて思ってても今のパソコンは「ネット」に繋がっているので

色んな不安があって中々安心して「パソコン使っていいよ!」ってなりにくいですよね。

 

少しはパソコンを覚えてもらいたいし、でも大人用のパソコンを使わせるのは不安だし!!

なんてときも「子供ようのアカウント」なら制限を掛けられるので、

子供やお年寄りにパソコンを使ってもらうなら是非専用のアカウントを作ってあげましょう。

 

ではそんな「子供・お年寄り」にアカウントを作る

作りかた・「観覧・購入・時間」などの制限の仕方を紹介します。

 

 

 

 

 

 

Windowsの子供用のアカウントの作り方

「設定」→「アカウント」

(自分のアカウントにサインインした状態からスタート)

 

「家族とその他のユーザー」→「家族のメンバーを追加」

 

 

「お子様を追加する」→「メールアドレスを追加(持ってる場合はあとで記入)」

 

 

アドレスを持っていない場合は「新たに作成」する

 

 

ログイン用の「パスワード」を入力して

 

「姓・名」を入力し

 

「生年月日」で「次へ」

 

メールアドレスに送られてきた

 

確認のセキュリティーコードがメールアドレスに届くのでメールを確認して

「入力」すれば完成!

 

 

メールアドレスに「招待」のメールが来てると思うので

「招待の承諾」をクリックすればOK.

 

 

 

 

いろんな制限

「Microsoftアカウントの管理」から

下記の色んな制限ができるようになる。

 

 

 

 

マイクロソフトの公式サイトより

↓ ↓ ↓ ↓

 

お子様による使用時間の制限を設定する

 

商品を購入する前に保護者の方に許可を求める必要

 

 

 

最後に

やっぱり大人用のパソコンを子供にそのまま使わせるのは怖いので、

子供用のアカウントで制限・観覧時間など

親のアカウントで管理できるのは

これからの時代は必須ですね。

 

これで安心して子供にパソコンを使わせられますね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。