入れ墨 除去 方法や値段

入れ墨除去には

大まかに4種類の方法があるようです。

ただ

完璧に消すことは

大きくなればなるほど容易ではないようです。

 

方法

 

【1】レーザー

黒や青の一色の場合や、色の濃い箇所に反応しやすいのがレーザー。
繰り返し照射することで、徐々に色が薄くなっていきます。

 

【2】切除縫縮

 皮膚を切って縫える大きさのものは、
一本の傷にすることができます。

 

【3】剥削

広範囲のものや、

レーザーに反応しにくい赤や黄色の入れ墨は、

皮膚の表面を削ります。

それでも取りきれずに残った色は、

レーザーで消していきます

 

【4】皮膚移植

傷跡が目立たない太ももや背中などから皮膚を切り取り、

その皮膚を移植して入れ墨部分をふさぎます。

剥削の後に、

より皮膚表面を自然に整えるために行うこともできます。

 

 

 

 

値段

 

【1】レーザー

1cm×1cm \10,000

線状の入れ墨の場合

1cm \10,000

 

【2】切除縫縮

顔面以外の入れ墨を単純に縫合する場合の目安

1cm \25,000

 

【3】剥削

ハガキ大サイズ

\500,000

 

【4】皮膚移植

 

ハガキ大サイズ

\600,000

 

 

美容整形の「高須クリニック」から引用させていただきました。

 

 

 

入れ墨除去 の 現実

「カッコイイから」「自分を変えるための誓いとして」など、様々な理由でタトゥー愛好者が増えている

一方で、実は入れたタトゥーを消したいと思っている人も少なくありません

ある統計では

タトゥーを入れた3人に1人が消したいと思っているという

結果が出ているほどです。

しかし、

一度入れてしまったタトゥーを消すことは容易なことではありません。

一般的に

タトゥーは、入れるときよりも消すときの方

時間・費用がかかるうえ、

タトゥー除去を行う際に傷跡を残さないのは不可能とされています。

引用:http://www.skincare-univ.com/article/009773/

 

 

 

除去以外の方法

 

シール

 

傷・あざやタトゥーを隠す

『 肌かくしーと!! 

 



 

 

 

ファンデーション

シミ・クマ・キズ・タトゥーまでしっかり隠す強力コンシーラー



 

 

最後に

一時期の興味で

「刺青(タトゥー)」を入れるには

大きな代償を払う勇気があるか?

と、言う事ですね?

 

最近若い子が興味本位で入れ

その後 入れ墨(タトゥー)を消そうと思っても、

簡単には消せないし時間・お金・苦痛を伴い、

それでも完璧には消えない!

 

 

入れるときの数倍 「時間・お金・苦痛」が掛かる

と言う現実!

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。