キンドルアンリミテッドはダメだ!解約方法も公開!読み放題月980円!

ScreenShot_20160803111715

Amazon、月額980円で電子書籍読み放題の「Kindle Unlimited」日本でスタート

Amazon.co.jpは8月3日、電子書籍の定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」をスタートしました。月額980円で和書12万冊、洋書120万冊以上が読み放題になります。

米国では2014年にスタートしていました。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-00000039-it_nlab-sci

どんな内容になってるんでしょうか?

お得なんでしょうか?

そんな気になるところを

紹介したいと思います。

作品

「Kindle Unlimited」

対象作品は週刊ニューズウィーク日本版、クロワッサンなど雑誌240誌、「陽気なギャングが地球を回す」(伊坂幸太郎)、「お金持ちの教科書」(加谷珪一)など書籍8万冊以上、「orange」(高野苺)、「ブラック・ジャック」(手塚治虫)などコミック3万冊以上など。「ハリー・ポッター」シリーズなどの洋書やKindleアーカイブで公開している国立国会図書館所蔵の作品1万点以上も対象です。ただし一部の雑誌は一部ページが含まれない「ライト版」となります。

最大手の「amazon:アマゾン」が

遂に読み放題のサービスを開始しました。

雑誌読み放題が月額500円程度な事を考えると

「雑誌以外の単行本や文庫本」がいくつラインナップにはいっているかで、

買い! 

要らない!

が別れそう!

アダルト・青年コミック(H系)

アダルト小説 青年コミック エロは結構多め
好きな人はコッソリ読めるし、イイかも?
(買いに行かなくてイイ。。)
(何気に雑誌のエロも新鮮です。^^;)
(興味が無い人は、全然使えない!)

A さん
わざわざ買うまで無いけど!! !
B さん
アルとつい見ちゃいますね (^_-)-☆! ?

ラインナップ

「Kindle Unlimited」で読める

定額読み放題のラインナップは

コチラ

¥0 kindle unlimited」が

付いている雑誌・本が読み放題!

2017-08時点で

「和書=約16万冊」

完全無料本

コチラは

定額制「Kindle Unlimited」に入らなくても

amazon kindle」アプリを

インストールすれば

無料で読めちゃいます。

(ただ コミックが多く、1巻だけってのが結構多め!)(^_^;)

和書=約17000冊:2017-08時点

漫画用kindle

漫画用kindleが発売された。
(日本専用で漫画用にチューンアップ)

なんか

キンドルアンリミテッド
雑誌を読み放題で

売りたいのか?

売りたくないのか???

ちなみに今は

「プレミア会員」なら
4千円引き で買えます

詳しくはこちらから

必ず「クーポンコード」を
適用して購入しないと

割引が適用されませんからね!?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

クーポンコード『 PRIMEMANGA 』

電子版の値段?

出版界全体に大きな影響を与えそうだ。

とありますが、

出版社の方は紙媒体の従来の値段

とさほど変わらない値段で

電子版を発売してるので、

影響は他の書店や問屋などに比べると

少ないんじゃないですかね?

でもいつも思うが

何で

「電子版」と

「紙の本・雑誌」と

値段が

ほとんど変わらないか

分かんない!?

出版社の言い分としては、「電子版」も手間がかかる??

らしいのですが、

普通に考えれば、

そのあとの工程では

圧倒的に人件費はかかんないじゃないかと思うけど?

まず、

材料の「紙・インク」・配送費・人件費!

電子版にこれらの工程は無いのですから?

圧倒的に「半額」ぐらいで

販売しても利益がでそうですけど??

早い話が

値引き販売をやりたくない」んでしょうね!?

講談社や小学館、文芸春秋など多くの出版社が出版物を提供。

手塚治虫さんの「ブラック・ジャック」や

若杉公徳さんの「デトロイト・メタル・シティ」など

新旧の人気漫画のほか、

女性誌「ViVi」、

「ニューズウィーク日本版」など

240誌以上の雑誌も読めるようになる。

ダメな理由

  • 圧倒的に和書が少ない!
  • まして、最新刊が無い!
  • 数刊ある場合は「全巻無料で無い」

読みたい本は少ないし、

あっても無料では無い場合がある

人気作家「池井戸 潤」さんの

作品でも

2作品のみ。

これでは少ない!

ScreenShot_20160803112426

いくら月に980円でも、読みたい本が無かったら意味がないし、

読まない時でも月の利用料金「980円」が掛かる。

コミックスは、全巻読み放題もあれば最初の数巻だけ読み放題の場合もあるという。

月に500円程度の「他の雑誌読み放題」ぐらいなら

許容範囲だが

Amazonプライムに比べると

どうしても割高感が否めない!

楽天マガジン

楽天マガジン は雑誌オンリーだが月額380円で登場!

いよいよ戦国時代に突入か?

雑誌オンリーのライトユーザーなら

大満足じゃないの!?

(といっても約200誌あるので満腹状態(^o^))

人気本消える 利用者多すぎが原因?

ScreenShot_20160831093625

サービス開始に合わせて多くの書籍をそろえようとしたアマゾンが、出版社に配分する利用料を年内に限って上乗せして支払う契約を締結。しかし想定以上の利用が続いて負担に耐えきれなくなり利用が多い人気本をラインアップから外し始めたとみられる。

人気の本が無くなったら、

「本末転倒で ますますダメじゃん!

私は「ライト版」と「従来版」の

2コースを作った方がイイと思うが??

正直ラインナップに

読みたい本が「無い場合」=980円は高い!

楽天マガジン」or「dマガジン」のような

低価格のコースも作ってくれないかな??

私は読みたい本が無いので

キンドル・アンリミテッド

今は 対象外です。

(たまに読みたい本が2冊以上ある場合、加入してます(^o^))

アマゾン好きなんだけどなぁ~・・・

「プライム会員=プライムビデオ」は

大絶賛!

解約方法

そんな理由で

「30日間無料体験期間」を試してやっぱダメ!

な人は さっさと解約しちゃいましょ。

何せ 30日間は無料なんで使い倒して

ダメなら解約でイイんじゃないですかね?

解約・退会する場合の方法を記載します。

アカウントサービス

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

お客様のKindle Unlimited 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Kindle Unlimited 会員登録を管理

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Kindle Unlimited会員登録をキャンセル

11123

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

13

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

ScreenShot_20160831100250

で画面が切り替わり

左に解約済の知らせが・・・

また購読を継続したい場合

kindle unlimited 会員登録を継続」で

また再開出来ますね!

ScreenShot_20160831100502

ネットの声

結構イイ!

 ダメ

快適な読書には?

快適な読書には、大画面のタブレットが良いけど!?

Amazonの大画面「 Fire HD 10 タブレット動画向き)」は

読書にはオススメしません

(解像度が少ないので、文字や雑誌を読むには、疲れます。<(_ _)>)

読書なら

文字オンリー読書なら軽くて文字がクッキリなコレがおすすめです。

Kindle Paperwhite Wi-Fi

プライム会員なら

クーポンコード『 PRIMEPRICE 』で4,000円OFF

  • マンガが好きなら

雑誌なら

雑誌なら断然タブレットの

Fire HD 8 タブレット

解像度が上がって、文字や雑誌もクッキリ

動作もサクサクでおすすめです。


プライム会員なら

クーポンコード

『FIRETABLET8』で4,000円OFF

まとめ・感想

「定額制で読み放題」って企画はイイと思うけど、

結局はラインナップが少ないと

本当に気になる本を

その都度、買った方が安い

気がします

定額制のイイ所は、

買うかどうか?

迷ってた本

気軽に試せる所に有るんだから、

もっとフィードバックを集めて

本当に「Kindle Unlimited」を利用しようと思ってる人たちが

何を望んでいるか?

色々探って、より良い「読み放題」を作って欲しい!

定期購読してる本が

1冊でもある人は

買い!」だと思います。

会員登録ページはコチラ

(ダメな場合は上記の解約からサクっと解約しちゃいましょ。ハイ!)

Amazon Unlimited「980円」から

「定期購読」分の差額で

他の本が読み放題なのは

お得意です

そんな訳で

非常に今の時点では?

「入会」や「他の人に推薦」はしない が、

変わる予感はあります。

なんせ私の大絶賛な「Amazonプライム」は、

どんどん良くなってきてるから!

その意味でも「Kindle Unlimited」も

良くなって欲しいですね?

最後までご覧いただきありがとうございました。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク