affinity designerでテキスト文字を自在に変形させる使い方!「カーブに変換」ipad版にも対応

 

 

affinity designerで文字を自在に変形させたい!

 

ま、私:管理人パピプペは「全然絵心ない」初心者です。

ただ書けるようになりたい!ってのはアルので優秀なソフトに頼ってる訳です。

 

そんな素人の管理人が購入した「Affinity Designer:アフィニティー デザイナー」での機能を紹介します。

(お仕事でバリバリな方は記事を飛ばしてください)

(少しでもカッコいいロゴやバナーが作りたい初心者向けの記事ですm(_ _)m)

 

特徴や感想は下記から

↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

テキスト入力

左の「A」をクリックして

  • 「アーティスティックステキスト」=「1行」
  • 「フレームテキスト」=「フレームで囲った部分に改行アリで書き込む」

 

 

 

 

 

 

文字を自在に変形させたい!「カーブに変換」

◆「文字をノードツールで自在に変換」

文字を作って選択して 

レイヤー 

↓ 

「カーブに変換(Control+return(エンター)」

 

 

 

テキストを選択して

 「レイヤー」から「グループ解除」して

 

 

左のアイコンの「ノードツール」にすると

「文字をノードツールで自在に変換出来る」

 

1文字づつバラバラに選択できるようになり、

また「点」を色々操作することにより

「テキスト文字」を自在に変形させることができる。

 

 

 

 

 

 

 

文字を自在に変形させたい!(図形に沿って文字を・・)

 

図形(丸)線(カーブ)を引いた線に沿って

「文字」を変形させる

 

 

「図形(丸)」を選択したまま「文字(アーティスティックステキスト)」を選び 

図形の線の上にカーソルを持ってくると

「A」から「T~」に変わるところで

文字を入力すると先に沿って文字が入力される

 

 

 

Affinity Designer – Text on a Path: Worked Example from Affinity on Vimeo.

 

ipad版では?

 

ipad版では少し勝手が違います。

 

なんせパソコンの場合に使う「マウス」がipadには無いので少し戸惑いました。(^^)

 

 

1:「ペン」ツールなど(なんでもイイ)で適当に線を引く

2:左上の「移動」ツールにして(枠がでる)

 

3:左下の「A」でテキストを入力する準備

4:カーブの上を指でタップすると▲が!

線の下に「緑の▲」が出たら入力出来ます。

 

 

5:好きな「文字」を入れたらカーブに沿って字が入力されます。

 

6:左上~2番めの「ノード」ツールを選択すると 移動ツールとは違って枠が無くなり、代わりにカーブの途中に「点」が表示されるように

 

 

 

7:「点」を指で移動させたり、

すると「カーブ」を色々変形させることが出来て、

ソレに沿って「文字も変形」する

 

8:あとで色々変形させることが可能。

(ノードツール以外を選択すると文字の下の線は消える

 

 

 

10:あとは「線を入れたり」「図形」「文字」を入れるだけ。

 

 

 

最後に

今回はわすれないように備忘録として書いてますが、少しでもお役に立てれば幸いです。

 

いやーーー一回やっても書いていないとすぐ忘れるもので・・・

 

でもこれらの文字の入力を覚えてるだけで色んなバリエーションが試せてイイですよ。。

 

最後はデザイン力(りょく)なんですけどね・・

 

最後までご覧いただきありがとうございました。