イラストレーターの互換ソフトのオススメを無料・有料から2つ紹介!インクスケープ・affinity designer

 

 

イラストレーター(Illustrator)って高機能でお仕事用って感じで価格も高価!

イラストレーター(Illustrator)って直接筆で絵を書くソフトとは違い、なんか素人にはとっつきにくいソフトなんですよね。。

ソレにチョット触るには高価だし、

仕事で使うクリエイターの人たちだったら問題無いんだろうけど、
これから少しベクター:ドロー系のソフトを覚えたいって時に高価なイラストレーター(Illustrator)はお高いんですよね・・・

 

そんな訳で昔から色々探して無料のソフト「Inkscape:インクスケープ」を使ってましたが

やっぱりほんのおさわり程度で脱初心者できない管理人:パピプペです。

 

あくまでお仕事用では無く

趣味の延長でチョット画像系も扱う人用の初心者向けの記事です。

(ガッツリ仕事で使ってる中級者以上の方は読まないでください。m(_ _)m)

 

 

これから紹介する無料のソフトは結構昔からあるソフト!
で最近オススメなのが有料だけどお手頃で有料ソフト

 

「Affinity Designer:アフィニティー デザイナー」を見つけ購入したので

そんなイラストレーターの互換ソフトの2つの

オススメなポイントと無料との違いなんかを紹介したいと思います

(「無料ソフト」に比べ「かゆいところに手が届く」感じでイイんです。)

 

「ベクター・ドロー系のソフト」

 

ざっくり簡単に言うと
「ドロー系のソフト」=「大きく拡大してもにじまない絵の種類」=クッキリした表現が得意

他には

「ピクセル」=絵を表現するのに「小さな点で描いてる=拡大するとにじむ」=中間の表現が得意

 

 

 

 

 

 

Inkscape:インクスケープ(無料)

昔から無料で使えるドローソフトはコレ!って感じで浸透してます。

無料なんでとりあえず使ってみるには最高!

Inkscape:インクスケープ(公式サイト)

分かる方は公式サイトの「ダウンロード」からダウンロードして無料でつかえます

(下記にはもっと簡単なマイクロソフトストアからのインストール方法を紹介)

 

少しクセあるけど、これだけでイラストレーター並みの凄い作品を作る人もいらっしゃるみたい。

ただ仕事で使うには日本の印刷関係がイラストレーター(Illustrator)一択なので、無理でしょう。

ただ作品は色んなファイルの「拡張子(かくちょうし)」に対応してるのでお仕事以外で使うなら結構オススメです。

私も下記のAffinity Designerを購入するまではメインのアプリ(ソフト)でした。

 

 

 

ただ上手く開けないファイルもあるので・・
あくまで無料でドロー系のソフトを使いたいって方はオススメです。

ネットで調べれば結構使い方も分かるので。。

 

 

インストール方法

最近はマイクロソフトの「アプリ」からも簡単にインストールできるので初心者の方は簡単かと!

 

●左隅の「スタート」から「Microsoft Store」

 

●右上の虫めがねの検索欄に「Inkscape」と入力するとOK.

●「インストール」をクリックすればパソコンにインストールできます。

 

 

●Inkscape:インクスケープを見つけられない場合は

左下のスタートの隣の検索で「虫めがねの検索欄に「Inkscape」と入力」

 

 

 

 

Affinity Designer(アフィニティー デザイナー)お手頃価格の有料版

 

 

 

でなんで有料のAffinity Designer(アフィニティー デザイナー)を買ったかと言うと、
最近お気に入りの「デザインカッツ」(英語サイトなら数ドルになることも・・)っていう

安く「フォントや写真などの素材」を売ってるところがアルんですけど、

そこで買った素材をインクスケープで開こうと思っても開けない場合があったので、

思い切って有料版のAffinity Designerを購入した訳です。

 

Affinity Designer

MAC・Windowsdどちらのパソコンでも使えるので

仕事でMac・家でWindowsdって人も違和感なく使える。

Mac・Windowsdの両方で使いたい場合はライセンスは2つ必要みたいですね・・

 

オススメポイント

 

図形が書きやすい

 

 

でも有料版なだけに

図形を書くツール :(台形・四角・丸・ハート・吹き出しetc・・・)」が書きやすいんです。

図形を組み合わせれば素人の私でもなんとなくデザインぽくなるので非常に便利。

 

丸や四角以外な図形が一杯で色んな変形が出来る。。

 

インクスケープやIllustrator(イラストレーター)はもちろんなんでも作れると思うんですけど、

素人の私が手をだそうものなら、

半日がかりかかってしまいそうなほど難解。。

とてもやる気が起きない。。。

(インクスケープならハートを作るにしても大変)

 

でもAffinity Designerならものの数分で作れる図形が一杯です

 

でもそんな苦労が嘘のようにAffinity Designerは図形がカンタンなんです。

そんな訳でAffinity Designerを購入してしまったって感じです。

 

値段

でもう1つのポイントがなんとこの「Affinity Designer」

買い切りでバージョンアップも無料。。。

 

ま、いつまで無料で更新出来るかは不明ですが

Illustrator(イラストレーター)だったら年間数万ですからね・・・

 

Illustrator(イラストレーター)だったら使い続けるなら永遠に課金しなければいけないし、

プロの方でIllustrator(イラストレーター)でご飯を食べてるようだったらイイんですけど、

あくまで、素人のお遊びに数万はデカイです。

そんな高額なドロー系ソフトも「Affinity Designer」だったら6千円の買い切り。。。。

安すぎ・・・(^^)

 

売ってるところは3箇所

個人での使用でセカンドPCまでのインストールはOKだけど同時使用はダメ!

 

定価6000円(年に数回セールをやってる事も・・)

 

ま、多少クセがアルので少しづつ覚えて行くしかアリませんがね。。(^^)

どんどん使っていけるようにブログを書いて「アイキャッチ画像(タイトルの絵)」を書いていこうと誓った。。。うん(^^)

 

 

便利機能

「シンボル」(作った「1部分」を変えると「全部が同期して変わる。」)

作った物を「シンボル」で「作成」→「同期」すれば、
作った「1部分」を変えると「全部が同期して変わる。」

1つだけ「変えたい場合は同期のチェックを外す」と1つだけ「色・大きさ・文字」だけを変える事も出来る

 

 

文字を自在に変換できる「カーブに変換」

◆「文字をノードツールで自在に変換出来る」

文字を作って

選択して レイヤー → 「カーブに変換(Control+return(エンター)」→

選択して 「レイヤー」から「グループ解除」して左のアイコンの「ノードツール」にすると「文字をノードツールで自在に変換出来る」

 

最後に

なかなか覚えるまでは使いづらいですけど、

絵が書けない私:管理人(パピプペ)でも

それなりにカッコいい「ロゴ等」が作れるので、

ぜひ簡単なものでもイイので少しづつマスターしていければいいですね。

 

本当に「絵」を書ける人は羨ましい。。(^^)

 

 

ドロー系が初めてなら

無料のインクスケープを覚えるのもイイんですけど、

有料だけど良心価格な「アフィニティー デザイナー:Affinity Designer」で楽にカッコいい物を作れるのも時間の節約でイイかも。。

 

読者の皆さんは「どっち??」(^^)

 

最後までご覧いただきありがとうございました。